サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】<丸善丸の内本店+ジュンク堂池袋本店>×hontoブックツリー 大切な人に贈るこどもの本(~1/10)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

能の本
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/11/26
  • 出版社: 西日本出版社
  • サイズ:19cm/318p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-908443-10-7
  • 国内送料無料

紙の本

能の本

著者 村上 ナッツ (文),つだ ゆみ (マンガ),辰巳 満次郎 (監修)

「高砂」「隅田川」「葵上」「道成寺」など珠玉の能のものがたりを20曲取り上げ、短編小説風の文章と、演目の世界観が一目でわかるマンガで紹介。声に出して読みたい「そそる台詞」...

もっと見る

能の本

1,620(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「高砂」「隅田川」「葵上」「道成寺」など珠玉の能のものがたりを20曲取り上げ、短編小説風の文章と、演目の世界観が一目でわかるマンガで紹介。声に出して読みたい「そそる台詞」や、監修者による見どころなども掲載する。【「TRC MARC」の商品解説】

代表的な能の物語をじっくり、1曲20ページほどかけて書き起こしました。あらすじでなく、物語を書いているので、短編小説を読んでいるような感覚で理解できます。各曲の導入は1ページの短編マンガでまず視覚的に流れを紹介するので、とっつきやすく世界観も想像もしやすくなっています。監修にシテ方宝生流能楽師の辰巳満次郎さんが入り、演者視点でのおもしろいポイントや通になれる能楽エッセイも掲載。これを読んで能を観に行けば、より一層楽しめます。【商品解説】

能の物語をじっくり 一曲20ページほどもかけて 書き起こしました。

大阪の能楽堂で演じられた能の前座として、上方落語の桂吉坊さんが、これから演じられる能の話を端正な現代語で語りました。
そうすると、あら不思議、それまで頭に入ってこなかっ た能楽師の言葉が、日本語として理解できるようになったのです。
その時の台本を作ったのが劇作家村上ナッツ。
本書ではまず二〇曲掲載いたしますが、続々刊行していく予定です。

<曲ごとの構成>
○ そそるセリフ それぞれの曲の名セリフを掲載、声に出して読んでください。
○ 漫画 この曲の見どころをマンガで紹介。
○ 本文 短編小説のように能を味わうことができます、もちろん読んでから観ると、場面場面のシーンがリアルにわかります。
○ 満次郎の眼 能楽師から見た、この曲の見どころ、演者の気持ち、演じどころを解説します。
○ 他にも、読めば通になれる能楽エッセイを掲載。【本の内容】

目次

  • ・はじめに(村上ナッツ)
  • ・能楽堂へようこそ
  • ・曲目の分類
  • ・本書の見かた
  • ●能の入り口源泉20曲
  • ・高砂
  • ・敦盛
  • ・井筒
  • ・隅田川
  • ・黒塚(安達原)

著者紹介

村上 ナッツ

略歴
〈村上ナッツ〉愛媛県出身。早稲田大学第一文学部演劇科卒。シェイクスピアシアター出身。まんが原作・劇作家。「わかる古事記」で太安万侶賞を受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/02/07 10:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る