サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン ~5/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

歴史の工房 英国で学んだこと
  • みんなの評価 5つ星のうち 5
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/12/23
  • 出版社: みすず書房
  • サイズ:20cm/281p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-622-07985-9
  • 国内送料無料

紙の本

歴史の工房 英国で学んだこと

著者 草光 俊雄 (著)

「明け方のホルン」で文名を馳せたイギリス社会経済史・文化史家、草光俊雄の文集。人文主義者ピーター・バークから御木本隆三まで、歴史と人間に向かう闊達な精神の軌跡を一冊にまと...

もっと見る

歴史の工房 英国で学んだこと

4,860(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「明け方のホルン」で文名を馳せたイギリス社会経済史・文化史家、草光俊雄の文集。人文主義者ピーター・バークから御木本隆三まで、歴史と人間に向かう闊達な精神の軌跡を一冊にまとめる。【「TRC MARC」の商品解説】

本書は、『明け方のホルン 西部戦線と英国詩人』で文名を馳せたイギリス社会経済史・文化史家にして英国王立歴史学会フェローの、待望のエッセイ選である。
「英国へ留学してからも、わたしが親近感を持てる歴史家はみな左翼といわれる人たちだった。本書でもその人となりを語った恩師のラファエル・サミュエルはいってみれば英国の左翼をそのまま体現しているような人物だった。またわたしの博士論文の主査であり、彼の主催するセミナーに熱心に出席し大きな影響を受けたエリック・ホブズボウムもイギリス左翼の代表的な歴史家であった。」
その親方サミュエルを偲ぶ「歴史工房での徒弟時代」、最初に研究員となった「ニーダム研究所」の回想、トレヴェリアン再評価をめぐる「歴史は文学か科学か」、長年の交友から論じられる「人文主義者ピーター・バーク」など歴史学の骨法を語る第I部。「商業、宗教、帝国と中世主義」の見取り図のもと、ラスキン、モリス、ワイルドとアーツ・アンド・クラフツを論じ、柳宗悦、御木本隆三の足跡をたどる第II部。リベラル・イングランド、ブルームズベリ・グループを語り、近年のテーマである「植物学の帝国」を収める第III部。
多岐にわたる主題を貫くのは、著者がイギリスで身につけた生活の思想であり、鷗外の史伝にも似た風通しの良さに他ならない。【商品解説】

著者はイギリスで、知識だけでなく、学問の骨法や社交の流儀を身につけ、そのままニーダム研究所に職を得たのち帰国した。キース・トマス、ピーター・バークらとの交友にもとづく歴史論、モリスらの中世クラフツマンシップ復興と柳宗悦や御木本隆三の生涯など、多岐にわたる主題を貫くのは、歴史と人間への飽くなき探究心である。『明け方のホルン』を書いた文人学者による待望のエッセー集。【本の内容】

目次

  • 序文
  • I
  • 歴史は文学か科学か――G. M. トレヴェリアン再評価
  • 人文主義者ピーター・バーク
  • 鷗外の史伝と社会史
  • 歴史工房での徒弟時代――親方ラファエル・サミュエル
  • ジョゼフ・ニーダムとの出会い
  • II
  • 商業、宗教、帝国と中世主義

著者紹介

草光 俊雄

略歴
〈草光俊雄〉1946年生まれ。英国シェフィールド大学大学院社会経済史学博士課程修了。放送大学教授、東京大学名誉教授。英国王立歴史学会フェロー。著書に「明け方のホルン」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

歴史学 ランキング

歴史学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む