サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 「日米合同委員会」の研究 謎の権力構造の正体に迫る

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「日米合同委員会」の研究 謎の権力構造の正体に迫る
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:高校生 一般
  • 発売日:2016/12/22
  • 出版社: 創元社
  • サイズ:19cm/332p
  • 利用対象:高校生 一般
  • ISBN:978-4-422-30055-9
  • 国内送料無料

紙の本

「日米合同委員会」の研究 謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書)

著者 吉田敏浩 (著)

なぜ、憲法さえも超える力をもっているのか? 「密約」はいかにしてつくられるのか? 日本のエリート官僚と在日米軍の高級軍人からなる組織「日米合同委員会」。その驚くべき実態を...

もっと見る

「日米合同委員会」の研究 謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書)

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

なぜ、憲法さえも超える力をもっているのか? 「密約」はいかにしてつくられるのか? 日本のエリート官僚と在日米軍の高級軍人からなる組織「日米合同委員会」。その驚くべき実態を明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

日本の超エリート官僚と在日米軍の軍人たちが毎月2度行う秘密の会議「日米合同委員会」。そこで合意された取り決めは日本の法律・憲法よりも、強い効力をもっている。しかし、軍事、外交、司法のさまざまな側面で、日本の主権を侵害し続けるその協議の内容は厚い秘密のベールに包まれ、ほとんど公表されることがない。米外交官から見ても「きわめて異常」と評されるその驚くべき実態に、第一人者の大宅賞作家、吉田敏浩がせまる!【商品解説】

目次

  • PART1 日米合同委員会とは何か
  • PART2 なぜ日本の空は、米軍に支配されているのか
  • PART3 日本占領はどのようにして継続したのか――「占領管理法体系」から「安保法体系」へ
  • PART4 最高裁にもあった裏マニュアル
  • PART5 密室の協議はこうしておこなわれる――富士演習場をめぐる密約

著者紹介

吉田敏浩

略歴
〈吉田敏浩〉1957年大分県臼杵市生まれ。明治大学文学部卒。ジャーナリスト。「森の回廊」で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。著書に「北ビルマ、いのちの根をたずねて」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

タブー?解禁?違うなきっと

2017/03/18 01:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:altnk - この投稿者のレビュー一覧を見る

日米地位協定や日米合同委員会を暴露する本という事だがこのシリーズに目を通した感想は「ブラフじゃなかろうか」だった。だいたい真にタブーであれば出版できない。日米関係は維持したまま反米感情を煽って憲法改正を実現する深遠な謀略に思える。支配層にとってそれほど日本国憲法は邪魔なのだ。我々日本人は反米、反戦、反原発、護憲で纏まれば敵は内側以外にいない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/02/23 11:03

投稿元:ブクログ

寸毫再発見双書のシリーズ最新刊、
日米地位協定、に続く日米合同委員会、とは何か?
なぜ日本の空は、今でも米軍に支配されているのか?横田空域、岩国空域、目に見えない空の壁、米軍の航空管制と日米合同委員会の合意
占領の延長線上の米軍による航空管制、
アメリカによる日本占領管理は終わったと言えるのか、

日本の外交 ランキング

日本の外交のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む