サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

2017年:上半期ランキング(~7/17)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 地方自治と図書館 「知の地域づくり」を地域再生の切り札に

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

地方自治と図書館 「知の地域づくり」を地域再生の切り札に
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/01/06
  • 出版社: 勁草書房
  • サイズ:20cm/252,6p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-326-05017-8
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

地方自治と図書館 「知の地域づくり」を地域再生の切り札に

著者 片山善博 (著),糸賀雅児 (著)

民主主義社会における図書館のミッションとは? 市民の自立支援に向けて図書館や司書が果たすべき役割と可能性について、地方自治の泰斗と、図書館政策論の第一人者が、地方自治、地...

もっと見る

地方自治と図書館 「知の地域づくり」を地域再生の切り札に

2,484(税込)

ポイント :23pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

民主主義社会における図書館のミッションとは? 市民の自立支援に向けて図書館や司書が果たすべき役割と可能性について、地方自治の泰斗と、図書館政策論の第一人者が、地方自治、地域づくりの観点から縦横に論じ合う。【「TRC MARC」の商品解説】

地方自治において図書館は重要な拠点となりうる。地方自治体の運営を改善することにより、いかに図書館行政を変革できるのか。以前、鳥取県知事、総務大臣として積極的な図書館政策を進めた片山と、図書館政策論を専門とし、全国各地の図書館の実際を知る糸賀による、「地方自治論」と「図書館論」の画期的なコラボレーション!【商品解説】

地域の情報拠点・住民の自立支援の拠点として図書館が見直されている。地方自治、地域づくりの観点から公共図書館の課題を検討する。【本の内容】

目次

  • まえがき[片山善博]
  • 第Ⅰ部 図書館は民主主義の砦
  • 第一章 知的立国の基盤としての図書館[片山善博]
  •  1 知的立国とは
  •  2 知的立国を支える国民、それを育てる図書館
  •  3 図書館によるビジネス支援
  •  4 図書館による支援対象の拡大
  •  5 図書館と民主主義

著者紹介

片山善博

略歴
〈片山善博〉1951年生まれ。慶應義塾大学法学部教授。総務大臣等を歴任。
〈糸賀雅児〉1954年生まれ。慶應義塾大学文学部教授。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/03/12 21:33

投稿元:ブクログ

図書館の運営(特に公共図書館。終章の対談では学校図書館についても触れられているが、あまり分量は多くない)などに関して、地方自治の観点から見た一冊。特に著者が総務省・鳥取県で施策に取り組んできたこともあり、非常に説得力がある。
図書館という観点からはあまり語られることが少ない印象がある交付税・交付金について、第II部第五章で触れられている。

2017/01/18 00:31

投稿元:ブクログ

鳥取県知事だった片山先生と慶應義塾大学の糸賀先生共著の図書。
客観的で権力への知的対抗軸としての機能を備えているとする図書館の重要性について書かれている。特にこの機能は地方自治体が政策を決めていくうえで重要とされる。また図書館のミッションとして重要なものに「自立支援」があげられており、国民・住民が自立するための「知的インフラ」として機能すべきとある。
図書館員としては地方自治の仕組みや地方の課題に積極的に関心を持ち、情報を収集、提供していくことが重要と理解した。
また「市民の図書館」と今の図書館の状況や認定司書制度についても触れられている。
第14回図書館総合展のパネル討論や片山先生と糸賀先生の対談もあり。

日本の地方自治・行政 ランキング

日本の地方自治・行政のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む