サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【修正依頼】7/1 【店舗】honto会員400万人突破記念!全額ポイントバックキャンペーン(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. みんなの少年探偵団

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

みんなの少年探偵団(ポプラ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/12/02
  • 出版社: ポプラ社
  • レーベル: ポプラ文庫
  • サイズ:16cm/227p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-591-15272-0
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

みんなの少年探偵団 (ポプラ文庫)

著者 万城目 学 (著),湊 かなえ (著),小路 幸也 (著),向井 湘吾 (著),藤谷 治 (著)

子ども時代に、怪人二十面相と少年探偵団の息詰まる対決に心躍らせた過去をもつ豪華作家陣が集結! 万城目学、湊かなえ、小路幸也、向井湘吾、藤谷治の5人による、懐かしくて新しい...

もっと見る

みんなの少年探偵団 (ポプラ文庫)

670(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

子ども時代に、怪人二十面相と少年探偵団の息詰まる対決に心躍らせた過去をもつ豪華作家陣が集結! 万城目学、湊かなえ、小路幸也、向井湘吾、藤谷治の5人による、懐かしくて新しい、オマージュ・アンソロジー。【「TRC MARC」の商品解説】

万城目学、小路幸也、向井湘吾、藤谷治。5人の人気作家が、巨匠・江戸川乱歩に挑む!傑作ぞろいのオマージュ・アンソロジー!【本の内容】

万城目学、小路幸也、向井湘吾、藤谷治。5人の人気作家が、巨匠・江戸川乱歩に挑む!傑作ぞろいのオマージュ・アンソロジー!【本の内容】

収録作品一覧

永遠 万城目学 著 5−63
少女探偵団 湊かなえ 著 65−108
東京の探偵たち 小路幸也 著 109−148

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

小林くんはスーパー少年

2017/02/02 21:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

怪人二十面相シリーズの内容はすっかり忘れましたが、独特の世界観は覚えています。
 本書は、「少年探偵団」をテーマにした5人の作家による連作にもかかわらず、独特の世界観は損なわれず、違和感なく読むことができました。謎解きがあるわけではないのですが、趣向を凝らした展開に引き込まれました。
 中でも、万城目氏の作品(明智小五郎と怪人二十面相の誕生譚)と湊氏(あるお婆さんの回想)の作品は秀逸です。両作品は甲乙つけ難いのですが、湊氏の作品は女の子(お婆さんの孫)の成長物語にも仕上がっていて、個人的には一番良かったです。
 ところで、明智小五郎は別格として、小林少年も凄いことを再認識しました。トラックの運転や拳銃の操作等もできるスーパー少年です。戦後間もない何でもありの世界だったからこその人物設定です。そういえば、私の父は少年の頃、米軍の靴磨きやレストランでのバイト等をしていたと、生前、話していましたから、大人顔負けの少年の活躍も違和感がないわけです。
 ところで、私は、ラジオで聞いた「怪人二十面相」が忘れられません。毎日夜に放送されていて、弟と一緒にワクワクしながら聞いたものです。今は、子供の頃以来のシリーズ再読を考えています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

昔風です

2017/01/18 09:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nyagonyago - この投稿者のレビュー一覧を見る

当時の小説の書きぶりはこんな風だったんだろうなと何か懐かしい感じがして楽しく読めました。各作家が作風を当時のものにうまく合わせて雰囲気が良く出ておりGOODでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/06/15 10:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/08 23:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/25 21:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/16 15:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る