サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

横浜駅SF(カドカワBOOKS)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/12/24
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: カドカワBOOKS
  • サイズ:19cm/282p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-072157-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

横浜駅SF (カドカワBOOKS)

著者 柞刈湯葉 (著),田中達之 (イラスト)

【カクヨムWeb小説コンテストSF部門大賞(第1回)】日本は自己増殖する〈横浜駅〉に支配されていた。脳に埋め込んだSuikaで管理されるエキナカ社会。その外で暮らすヒロト...

もっと見る

横浜駅SF (カドカワBOOKS)

1,296(税込)

横浜駅SF【電子特典付き】

1,296(税込)

横浜駅SF【電子特典付き】

ポイント :12pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【カクヨムWeb小説コンテストSF部門大賞(第1回)】日本は自己増殖する〈横浜駅〉に支配されていた。脳に埋め込んだSuikaで管理されるエキナカ社会。その外で暮らすヒロトは、エキナカを追放されたある男から人類の未来を担う使命を課せられ…。『カクヨム』掲載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

日本は自己増殖する<横浜駅>に支配されていた。脳に埋め込んだSuikaで管理されるエキナカ社会。その外で廃棄物を頼りに暮らすヒロトは、エキナカを追放されたある男から人類の未来を担う“使命”を課され……【商品解説】

著者紹介

柞刈湯葉

略歴
〈柞刈湯葉〉福島県生まれ。生物学研究者。「横浜駅SF」で第1回カクヨムWeb小説コンテストSF部門大賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

面白い!

2017/01/04 17:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カリム - この投稿者のレビュー一覧を見る

よく利用する身近な駅が舞台となっていたので、思わず購入。
駅が増殖するという奇妙な世界と、Suica、自動改札など駅にちなだものを使った設定も秀逸で、横浜駅SFの世界に引き込まれて一気に読んでしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

書店員ビブリオ銀メダル

2017/01/30 19:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

金曜日の書店員ビブリオバトルでうちわを上げた作品なのでさっそく買って読んでみたが、期待通り楽しめた。横浜駅LOVE、鉄道オタク、現代の諸問題の一部に興味のある者等、全員集合で楽しめる。次はアニメで。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/01/12 22:39

投稿元:ブクログ

生物学者の方が書いたとだけあって、SFの要素が全開の、横浜を中心としたディストピアを描いている。ただ、見方を変えればある人にとってはユートピアなのかもしれない。つまりは世界はいくらでもひっくり返れるということ。

2017/01/02 22:02

投稿元:ブクログ

言ってしまえば壮大な出オチなんですけど、ちゃんとSFとして成り立っているところはすごい。人が文明を失い、どこか終末感さえ漂わせているのに、舞台はあくまでもエキナカ。このギャップがなんともいい。
あと、舞台はあくまでも「横浜駅」ですが、横浜駅っぽい感じはあまりしない。さらに言えば、作中に横浜は登場しないよね。

2017/03/03 00:51

投稿元:ブクログ

Twitterでツイートを見たことがあって興味をもった。横浜駅に覆われた日本列島という世界観は、無二のものである。しかし、それゆえに、文字という媒体ではどうしても説明過剰になりがちである。この作品は、漫画やアニメなどの方が相性は良いと感じた。伏線の回収にこだわらないのは、外伝があるからだろうか。無秩序に伸び続ける横浜駅のように、小説の構造も無秩序に手を広げ、解決にたどり着かずに結末を迎えているようだ。

2017/03/29 19:59

投稿元:ブクログ

面白かった。横浜駅が本州全体に増殖し、本州全てがエキナカ。至るところに人型の自動改札がありSuica内臓の人間だけがエキナカで生活できる世界。北海道と九州は増殖を防ぐべく、工作員を送ったり武器を作ったり。なぜ横浜駅かはあとがきでわかる。今なら渋谷かな。

2017/01/04 17:42

投稿元:ブクログ

「横浜駅は永遠に完成しない日本のサグラダ・ファミリアだ」

横浜駅SFという名の通り,かなりちゃんとSFしてた。


生物学研究者によるディストピア小説。

2017/02/05 08:00

投稿元:ブクログ

日本のサクラダファミリアこと横浜駅。なぜ改装工事が行われているのか、誰も完成系を知らないまま工事は続けられている。現在横浜でジワジワとそして確実に人間の所有する面積を蝕み続ける我らが横浜駅を描いたそう遠くない未来を予見した一冊。
僕らは今だってベイプを吸いながらエナジードリンクを飲み横浜駅の自動改札をアップルウォッチでくぐり抜ける。そんな未来でディストピアSFな現代に生きているじゃないか。
*本の内容からだいぶ逸脱しましたが本書とユナイテッドステイツオブジャパンはSF好き日本人としてはマストな小説なので読むべき。

2017/02/27 21:10

投稿元:ブクログ

‪確かに横浜駅=ずっと工事中というイメージはあるwでもそれをこんな風に料理するとは!荒唐無稽には違いないんだけど、多数の劇中用語で構築された世界観にどんどん引き込まれる。何となく『進撃の巨人』と重ねたり。欲を言えば「なぜこの世界の謎を解くのが彼なのか?」に対する答えも欲しかった。‬

2017/03/27 15:38

投稿元:ブクログ

よくある世紀末?SFではあるのだけれど、自分自身が毎日毎日使っている駅が舞台だというだけで、ちょっとだけ違う視点で読めたような。ただ、せっかくなので、横浜駅知ってる人ならではのあるある話などがあればもっと楽しめたかな。

2017/03/01 23:51

投稿元:ブクログ

回収されない疑問点があったけど、続刊出るんですね、良かった。確かに『アド・バード』の雰囲気ありました。何も知らなかったヒロトに全部の重荷を背負わせちゃって、大丈夫ですか? と思ったりもしたけど、続刊楽しみにしてます!

2017/01/12 20:22

投稿元:ブクログ

 ゆばさんの冗句小説ということで買いました。
 私は関東に行ったことがない田舎者ですが、地図を見ながら楽しめました。

・特設サイト
<http://yokohamaekisf.kadokawa.co.jp/>

2017/03/17 12:56

投稿元:ブクログ

数百年後(1千年位?)の未来、自ら拡張機能を有した横浜駅は本州の殆どを覆いつくし四国も侵略し、更に北海道・九州への進出を目指していた。JR北海道とJR九州はそれぞれ独自に対横浜駅戦を展開している。
宇宙開発や人口衛星、リニアなどの技術は高度文明時代のものとして既にほぼ消失。遺構となり一般には忘れ去られている。
日本人は横浜駅が自動生産する食料・生活物資に依存するエキナカの人、横浜駅から廃棄される物に殆ど依存しているsuica認証を体内に保持していない駅外の人。そして組織的な状態を保ち、横浜駅進行を食い止めている北海道・九州の人。それと横浜駅の侵攻を防げず、無政府状態となった四国の人に分けられている。
そんな中、横浜駅による日本完全支配を阻止しようとする人達の活動を描いたSFである。
開設以来現在に至るまで、延々と改良工事をやり続けている横浜駅が、このように進化(構造遺伝界や脅威の自動改札やその進化の過程で名残として残された赤外線カメラ・・・)する設定も、未来に引き継がれた名称や技術などは、読んでいて楽しい。かつて無い世界観が表現されており、実に面白かった。
実は横浜駅は腐海で、何かを浄化しているのかと勝手に想像していましたが…

2017/01/05 16:58

投稿元:ブクログ

面白かったけど、ハマっ子心をくすぐる横浜駅固有の事情なり、横浜周辺に詳しいからこそ楽しめる何か、みたいなものは特になかった。駅が自律的に修復拡大していく、という設定や世界観は好き。

KADOKAWA ランキング

KADOKAWAのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む