サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. お金の流れで探る現代権力史 「世界の今」が驚くほどよくわかる

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

お金の流れで探る現代権力史 「世界の今」が驚くほどよくわかる
お金の流れで探る現代権力史 「世界の今」が驚くほどよくわかる お金の流れで探る現代権力史 「世界の今」が驚くほどよくわかる
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/12/09
  • 出版社: KADOKAWA
  • サイズ:19cm/271p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-601762-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

お金の流れで探る現代権力史 「世界の今」が驚くほどよくわかる

著者 大村大次郎 (著)

あらゆる重要事件は損得勘定で動いていた! アラブを再興させたオイル・マネー、実は経済問題だった東西冷戦の結末…。世界の「お金の流れ」を軸に近現代における主だった歴史的な出...

もっと見る

お金の流れで探る現代権力史 「世界の今」が驚くほどよくわかる

1,512(税込)

お金の流れで探る現代権力史 「世界の今」が驚くほどよくわかる

1,512 (税込)

お金の流れで探る現代権力史 「世界の今」が驚くほどよくわかる

ポイント :14pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

あらゆる重要事件は損得勘定で動いていた! アラブを再興させたオイル・マネー、実は経済問題だった東西冷戦の結末…。世界の「お金の流れ」を軸に近現代における主だった歴史的な出来事を概観する。【「TRC MARC」の商品解説】

力はお金で「買える」らしい――戦争、資源闘争、内戦、国際機関、外交協定。あらゆることの背景には必ず「お金」がある。世界の今をわかりやすく、深く知るために、元国税調査官が近現代にガサ入れ!【商品解説】

目次

  • 第1章 イギリスは、世界の覇権を「お金で買った」
  • 第2章 アメリカの「金」と「ドル」に世界が屈服!
  • 第3章 もう一つの“資源大国”としてのソビエト連邦
  • 第4章 アラブを再興させた“オイル・マネー”の威力
  • 第5章 敗戦国ドイツ「奇跡の復興」と「苦悩」
  • 第6章 アメリカを脅かす日本、経済力の源泉は?
  • 第7章 石油利権闘争――アラブ社会の反乱
  • 第8章 “第3の経済勢力”中国の目覚め
  • 第9章 実は「経済問題」だった東西冷戦の結末
  • 第10章 「アメリカ復権」と「日本凋落」の密接な関係

著者紹介

大村大次郎

略歴
〈大村大次郎〉元国税調査官。国税局に10年間、主に法人税担当調査官として勤務。退職後、ビジネス関連を中心としたフリーライターとなる。著書に「お金の流れで読む日本の歴史」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/04/22 08:26

投稿元:ブクログ

この本の著者は元国税調査官の大村氏で、今までは金持ちの人たちの資産形成方法等を解説する本を私は読んできました。お金持ちの思考方法は、私のような一般人とは違うのだなと感じています。その彼による、現代世界史の解説版です。

今まで多くの本において現代史を読んできましたが、それと比較して特徴的なのは、出来事を「お金の流れ」の観点から解説してあることです。

お陰様で、なぜ二回の世界の世界大戦が起きたのか、それまで争っていた、ドイツとフランスが仲直りをして、EUの基礎をつくれたのか、覇権を失ったイギリスは、どういう方向に向かったのか。今、問題になっている、タックス・ヘイブンを作ったのは大英帝国であり、それが現在も力を握っていること、国際金融は、ニューヨークではなく、まだロンドンに握られていることも初めて知りました。目から鱗が落ちまくった、記念すべき本でした!

以下は気になったポイントです。

外国経済・世界経済 ランキング

外国経済・世界経済のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む