サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0720)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 炎路を行く者 守り人作品集

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

炎路を行く者 守り人作品集(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 57件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/12/24
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/313p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-130284-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

炎路を行く者 守り人作品集 (新潮文庫 「守り人」シリーズ)

著者 上橋菜穂子 (著)

ヒュウゴはなぜ家族を殺した国の王子に仕えることになったのか。バルサは養父ジグロとの放浪の旅の中で、どうやって成長していったのか。「守り人」シリーズの番外編にあたる「炎路の...

もっと見る

炎路を行く者 守り人作品集 (新潮文庫 「守り人」シリーズ)

594(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ヒュウゴはなぜ家族を殺した国の王子に仕えることになったのか。バルサは養父ジグロとの放浪の旅の中で、どうやって成長していったのか。「守り人」シリーズの番外編にあたる「炎路の旅人」「十五の我には」の2編を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

『蒼路の旅人』、『天と地の守り人』で暗躍したタルシュ帝国の密偵ヒュウゴ。彼は何故、祖国を滅ぼし家族を奪った王子に仕えることになったのか。謎多きヒュウゴの少年時代を描いた「炎路の旅人」。そして、女用心棒バルサが養父ジグロと過酷な旅を続けながら成長していく少女時代を描いた「十五の我には」。──やがて、チャグム皇子と出会う二人の十代の物語2編を収録した、シリーズ最新刊。【商品解説】

収録作品一覧

炎路の旅人 9−242
十五の我には 243−300

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー57件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

被征服者の思い

2017/02/09 18:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねむこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

何故かチャグムに、損得抜きの肩入れをしていたように思えた登場人物の背景が書かれており、すとん、と納得がいく思いがしました。また、バルサの成長をたどることができる貴重な作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

それぞれの回顧録

2017/01/17 15:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハシ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヒュウゴとバルサ。ともにまだまだ未熟な少年時代の物語。本編を読み終えてからこの話を読むと、また本編を読み返したくなります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これぞ!

2017/01/15 17:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:想井兼人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

守り人シリーズの主人公はバルサだけど、そのほかにも魅力あふれるとキャラクターが多く登場する。
 本書の大半の物語の主人公役のヒューゴもその1人。
 本書は、故国を征服した帝国に、ヒューゴが身を投じた背景事情がきちんんと描かれている。切ない背景事情は、ヒューゴの決意の強さの証明である。
 守り人シリーズは、7まだまだ終わらないな。
 ジゴロやタンダなど、まだまだ描くべき人物はたくさんいるのだから。
 これぞ上橋作品の強みだ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あとがき

2017/01/08 11:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひややっこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヒュウゴの物語もバルサの若いころのエピソードもジンと胸を打ちます。そしてあとがき、上橋さんの家庭の事情などが淡々と書かれており、その大変さにふーっと思いが募りました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

番宣

2017/01/29 01:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:papakuro - この投稿者のレビュー一覧を見る

守人シリーズのドラマ放映に合わせて発売された,半分は番宣?
サブキャラの生い立ちを描いたサイドストーリーがメイン。
帯に「読むとヒュウゴが好きになる」と有るけれど,別に好きにはなれなかった。
全体に殺伐とした内容。ヒロインがテレパシーを使ったり,ナユグが見えたりする以外はファンタジー色はない。
しかし作者はどうやって殺し合い殴り合いのシーンを書くんでしょう。何か武道の心得でもあるのでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/06/04 16:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/05 12:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/29 18:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/25 22:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/03 22:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/14 21:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/23 23:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/06 01:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/10 16:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/18 20:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る