サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

2020年年間ランキング  ~3/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 172件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2016/12/01
  • 出版社: 実業之日本社
  • レーベル: 実業之日本社文庫
  • サイズ:16cm/452p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-408-55318-4
文庫

紙の本

総理の夫 (実業之日本社文庫)

著者 原田 マハ (著)

日本初の女性総理・相馬凛子が誕生し、鳥類研究家の夫・日和は妻を支えようと決意する。だが国民目線の政策には、政財界のおじさん連中からやっかみの嵐。果たして凛子の理想は実現す...

もっと見る

総理の夫 (実業之日本社文庫)

税込 703 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本初の女性総理・相馬凛子が誕生し、鳥類研究家の夫・日和は妻を支えようと決意する。だが国民目線の政策には、政財界のおじさん連中からやっかみの嵐。果たして凛子の理想は実現するのか。【「TRC MARC」の商品解説】

20XX年、日本初の女性総理大臣となった相馬凛子。妻の奮闘を鳥類研究家の夫・日和の視点で綴る政界エンタメ&夫婦愛の物語。【本の内容】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー172件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

爽快な読後

2017/01/15 22:28

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ムジクムジカミュージック - この投稿者のレビュー一覧を見る

この軟弱な夫にして、この凛々しい妻
この対比になにしてくれてるんだ!と頭を抱えたこともありますが、いやいや常に妻の味方であるというその一つで、いやその一つがすべてなのだと、強さなのだと思った。
そして、走りすぎて回りが見えなくなっていた妻も、いざという時を逃さないあたり、
夫が自分の味方だと信じられるその強さが本物なのだと思った。
素晴らしく気持ちのいい話だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

こんな総理がいたら素敵

2020/02/29 15:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mi - この投稿者のレビュー一覧を見る

総理の凛子さんが素敵すぎる。どんな人でも味方につけてしまう凛子さんの魅力には本当にうっとりする。
題名でもある総理の夫の日和くんもただの一般人から総理の夫になり、総理を陰ながら支える愛らしい人で、様々な場面で涙腺崩壊していたが、同じタイミングで私も涙腺崩壊してしまった。
読み終わったあとは気分爽快すっきり。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

原田マハ氏による一風変わった小説です!

2018/12/21 09:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、絵画などをモチーフにして傑作を世に送り出されている原田マハ氏による作品ですが、今回は今までとは一味も二味も違った内容となっています。それも妻が総理大臣になった夫、ファースト・ジェントルマンを描いた作品だからです。鳥の観察が好きな研究者であり、ちょっと風変わりな夫が、突然ファースト・ジェントルマンになって繰り広げられる日常の変化、周囲の変化を見事に描き出した傑作です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

素敵な夫婦!

2017/10/20 21:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:L - この投稿者のレビュー一覧を見る

小難しく感じさせないストーリー展開がよかった。彼らは素敵な夫婦だと思ったし、相馬凛子のような人にリーダーシップをとってもらいたいと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

女性総理最高

2017/05/26 09:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トモヤン - この投稿者のレビュー一覧を見る

こんな議員が本当に居てくれたら日本ももっといい国になるだろうと思う。
爽快感があり、日記調で読みやすい小説です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

凛子最高!

2017/02/25 18:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:てつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本初の女性総理大臣。ただ、それは作略により就任した。ここまではキムタクのドラマと同じ流れ。本作は社会問題になっている子育てと女性の仕事に斬り込んでいる。やる気のある人の活用は男女関係なく、しっかりと国も企業も取り組むべきだ。サービス残業も合わせ、日本は考え直さないといけない。政治家、役人、民間社長は今、立ち上がれ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

総理の夫

2020/10/07 21:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヨシナリ - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本初の女性総理はどういう人になるんだろうか、ファーストジェントルマンはどういう人が向いているんだろうか、と思いをはせながら楽しく読ませていただきました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

知らない日常を垣間見る楽しみ

2017/05/26 12:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:pengzi - この投稿者のレビュー一覧を見る

総理大臣という限られた人しか体験できない生活を垣間見る楽しさで読み進めることができます。マハさんの文体や生活の中の着眼点が私は気に入ってます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

いまいち

2017/02/02 09:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

うーん。『本日はお日柄もよく』と同じにほい。勢いあってまっすぐで正義感たっぷり。きれいすぎて馴染めない。理想は立派だし、ほんとこんなにもマニフェストを全うしようとする総理が現れたらすごいだろうなあ。変わるかもしれないなあと思うけれど。小説はファンタジーで、ここではないどこかのお話の方が心底のめりこめる。こういう現実と非現実があいまって、逃げられないお話はちょっと面白くないのかも。伝説のスピーチライター久遠久美がちょこっと出てくるんだけど、これって『本日は〜』の人かな。巻末の安倍昭江さんの解説は面白かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最高の解説者

2017/03/06 17:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

さほど遠くない将来。日本で初の女性総理が誕生。当然、夫はファースト・ジェントルマンと呼ばれる立場だが、この夫は公人か私人かなどと言った論議が出てきて笑える。何しろ、森友のニュースで揺れる最中に読んだものだから。おまけに、安倍昭恵氏が、内閣総理大臣夫人の肩書で解説を認めているのだ。ギャグ以上、最高の解説。小説はエンタメというよりラノベの感じで、評価するほどではない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ありそうで無かった。

2019/02/05 23:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はるりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

女性初の総理という題材は、ありそうで無かった。
主人公は、格好良い女性で、総理になるのも納得。
ただ、秘書の女性が、不倫の末に身篭もるんですが、主人公は、彼女が、産みたいから辞めると言ったにも関わらず、引き留めています。
むしろ、貴方のような女性の意見が必要だと。
感じ方は、人それぞれだと思いますが、私は、相手の奥さんへの配慮が全然無いと思います。
もし、マスコミによってバレたら、傷つくのは、何も知らない奥さんです。
そして、生まれてきた子供も、白い目で見られるでしょう。
作者の近くに、そのようなシングルマザーがいて、応援したかったのでしょうか?書くなら、相手は売り出し中の俳優だったとか、他にもかきようがあったはずです。
でも、あえて不倫。
政治家とか、先生って呼ばれる職業の人が不倫を認めるのは、どうなんだろう?
作家は、特別かもしれないけど、不倫を肯定している作家は好きじゃないので、残念。
原田マハは、好きだったのに。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/06/04 07:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/28 13:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/18 00:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/09 10:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。