サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

[CPあり]2017冬 メディア化キャンペーン(~1/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 黒書院の六兵衛 上

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

黒書院の六兵衛 上(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/01/06
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/324p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-790766-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

黒書院の六兵衛 上 (文春文庫)新刊

著者 浅田次郎 (著)

不戦開城決した江戸城に、てこでも動かぬ旗本がひとり。旧幕臣の正体があきらかになるにつれ、城中の誰もが遠ざけ、おそれ、追い出せない…。幕末の武士の屈託まで描き出す、時代ミス...

もっと見る

黒書院の六兵衛 上 (文春文庫)

734(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント!

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月13日(金)~2017年1月19日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

不戦開城決した江戸城に、てこでも動かぬ旗本がひとり。旧幕臣の正体があきらかになるにつれ、城中の誰もが遠ざけ、おそれ、追い出せない…。幕末の武士の屈託まで描き出す、時代ミステリー。【「TRC MARC」の商品解説】

江戸城明渡しの日が近づく中、
てこでも動かぬ旗本がひとり━━。

新政府への引き渡しが迫る中、いてはならぬ旧幕臣に右往左往する城中。
ましてや、西郷隆盛は、その旗本を腕ずく力ずくで引きずり出してはならぬという。
外は上野の彰義隊と官軍、欧米列強の軍勢が睨み合い、一触即発の危機。悶着など起こそうものなら、江戸は戦になる。この謎の旗本、いったい何者なのか―。

周囲の困惑をよそに居座りを続ける六兵衛。城中の誰もが遠ざけ、おそれ、追い出せない。
そんな最中、あれ? 六兵衛の姿が見えぬ!?
勝海舟、西郷隆盛をはじめ、大物たちも顔をだす、奇想天外な面白さ。
……現代のサラリーマンに通じる組織人の悲喜こもごもを、ユーモラスに描いた傑作。

解説・青山文平【商品解説】

江戸城明渡しが迫る中、てこでも動かぬ謎の旗本に、城中は右往左往。変わらぬ組織人の悲喜こもごもを描いた奇想天外の感動作。【本の内容】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

大切なもの

2017/01/15 14:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あいん - この投稿者のレビュー一覧を見る

幕末の江戸城無血開城は、動乱の中の1シーンとして知識としては知ってはいても、その機微については、特に何も考えたことはありませんでした。まるで現代の住宅引渡しのように、形式的な手続きだけで引渡されたように勘違いしていました。浅薄です。
六兵衛という登場人物を通じて、武士(=人)の「矜持」を考えさせられました。「壬生義士伝」と併せて読めば、幕末動乱期の「動」と「静」を感じられる良書だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/01/17 10:10

投稿元:ブクログ

浅田氏の真骨頂(だと思っている)幕末モノ。

また、主人公の立ち位置が、身分上は官軍の立場ながら心情的には疑問を持つ江戸っ子、というとても絶妙なトコロ。

この時代を舞台にした作品、とくに滅び行く江戸の世の人々の矜持なんかを描かせたら、浅田氏の右に出るヒトはいないんじゃないかと思います。まだ半分しか読んでないけど。

関係者へのインタビュー形式の文章、浅田氏の得意のやーつですね。

2017/01/06 14:57

投稿元:ブクログ

【江戸城に居座り続ける謎の武士の正体は?】江戸城明渡しが迫る中、てこでも動かぬ謎の旗本に、城中は右往左往。今も変わらぬ組織人の悲喜こもごもを描いた奇想天外の感動作。

2017/01/16 09:07

投稿元:ブクログ

どこからこんな奇想が生まれてくるんでしょう?
江戸無血開城のさなか、御書院番という大旗本株を金で買った六兵衛が、天皇を迎える準備が進む当時の江戸城でもっとも権威ある西の丸御殿でただひたすら無言で居座り続けた物語。
六兵衛の正体もその想いも最後まで明かされません。
壬生義士伝を思い起こさせる六兵衛をめぐる人々への問聞きの会話体は浅田さんの真骨頂ですが、当時の世相は描くものの六兵衛の前身を暴くことなく。
上下二巻。下巻の評価は下がっているようです。。
何時か明かされると思った六兵衛の正体がついに明かされなかったことの失望感があるようですが、私はまあこれも良しかなと思います。
むしろ、ただひたすら無言で居座り続ける六兵衛の威風がどんどん高まっていくのに対し、彼の始末に困る名人元勲たち、西郷、大村、木戸といった面々が妙に小物に見えて行くのが可笑しくて、よくまあこんなストーリーを思い付くなあと感心しながら読んでいました。