サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 徳川がつくった先進国日本

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

徳川がつくった先進国日本(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/01/06
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/156p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-790776-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

徳川がつくった先進国日本 (文春文庫)

著者 磯田道史 (著)

戦国の風潮から脱し、人命を尊重する国家へと転換していった江戸時代の為政者たち。「徳川の平和」がもたらした遺産を、露寇事件、浅間山噴火・天明の飢饉など、4つの歴史的事件から...

もっと見る

徳川がつくった先進国日本 (文春文庫)

562(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

戦国の風潮から脱し、人命を尊重する国家へと転換していった江戸時代の為政者たち。「徳川の平和」がもたらした遺産を、露寇事件、浅間山噴火・天明の飢饉など、4つの歴史的事件から時代をさかのぼって解説する。〔「NHKさかのぼり日本史 6 “天下泰平”の礎」(NHK出版 2012年刊)の改題〕【「TRC MARC」の商品解説】

NHK教育テレビで平成23年10月に、4回にわたって放送された番組「さかのぼり日本史」をもとに作った単行本「NHKさかのぼり日本史 ⑥ 江戸 ”天下泰平”の礎」の文庫化です。落とした財布が世界で一番もどってくる日本。自動販売機が盗まれない日本。テラシーが高い日本人――これは明らかに「徳川の平和」のなかでできあがったものだと磯田さんは断言しています。
では、なぜこの国の素地は江戸時代に出来上がったのか。4つのターニングポイントを挙げ読み解いていきます。
ひとつは、1637年の島原の乱。島原の乱によって武力で抑えるだけが政治ではない、「愛民思想」が芽生え、武家政治を大転換しました。
ふたつめは、1707年の宝永地震。新田開発のために環境破壊が進み、結局は自然からしっぺ返しを受けることを学びました。その教訓から、豊かな成熟した農村社会へと転換していきました。
3つめは、1783年の天明の飢饉。天候不順が続き、各地で凶作が続くと、商業に興味が向き、農村を捨てて都市へ流れ込む人口が急増。その結果、農村は後荒廃し深刻な事態を招きました。そこで人民を救うという思想に基づいた行政が生まれていきました。
4つめは、1806年~1807年、11代将軍家斉の時代に起こった露寇事件。ロシア軍艦が突如、樺太南部の松前藩の施設を襲撃、ことごとく焼き払いました。翌年4月にもロシア軍艦二隻が択捉島に出現し、幕府の警備施設を襲撃しました。二度にわたるロシアの襲撃事件は、幕府に大きな衝撃を与え、結果的に開国か鎖国下の議論を活発化させ、国防体制を強化させていきました。この事件をきっかけに「民の生命と財産を維持する」という価値観と「民を守る」という政治意識がつくりあげられていた確立されました。
こうやって日本は、徳川の幕藩体制によって先進国化していったのです。新しい視点で江戸時代をながめることのできる内容です。【商品解説】

この国の素地はなぜ江戸時代に出来上がったのか? 島原の乱、宝永地震、天明の大飢饉、露寇事件の4つの歴史的事件から読み解く。【本の内容】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

百年の計を忘する勿れ

2017/01/20 21:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

現代日本人の原点を江戸時代とする論拠として、4つのターニングポイント(露寇事件、天明の大飢饉、宝永の地震・津波、島原の乱)を挙げて説明。併せて「徳川の平和」がいかに創り上げられたか分かる内容に仕上がっています。
 学校の教科書では、幕藩体制が徐々に形作られ、成熟し、やがて制度疲労を起こし、崩壊するという流れで画一的に記述されています。しかし、本書を読めば、戦乱や天災等の国家的な危機を乗り越える中で、「命を大切にする」という価値観が醸成され奇跡的な「徳川の平和」が訪れたことが分かります。
 中高生にも必読の書です。磯田氏の著作に外れなしと再認識した本でした。
 ところで、徳川綱吉こそが江戸に平和をもたらした将軍だったとのこと。つまり「生類憐れみ令」により、命を尊重するという価値観が社会に根付き、「殺す支配」から「行かす支配」への転換となり、「徳川の平和」が完成したとのことです。「綱吉は犬公方のバカ将軍」という単純な評価による学校の授業も見直す必要がありそうです(既に見直されているのでしょうか?)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

斬新な視点からの江戸時代通史

2017/01/14 22:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:K2 - この投稿者のレビュー一覧を見る

いま乗りに乗っている気鋭の歴史学者による通史である。4つのターニングポイントを指摘し、時間を遡りながら江戸時代の特質を解説する。NHK番組を書籍化したシリーズの一冊が文庫化されたもの。平易な文章なので、一気に読めた。論旨も明快。特に印象深かったのは、松平定信の評価だ。時代遅れの反動的政治家と認識していたのだが、民への視線を持った為政者であったことに驚いた。武断から仁政への転換として島原の乱を重視する点は、少し説明不足の感がした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/03/19 08:54

投稿元:ブクログ

現在の私達は江戸幕府を倒した明治政府の流れの体制下にあるとは思いますが、最近では江戸時代の良い面を紹介する本もあるように思います。少なくとも私の眼には留まるようになりました、その一つが磯田氏によって書かれたこの本になります。

この本は、NHK教育テレビにて4回シリーズで放送された内容のものとのことですが、そのシリーズを見逃した私にとっては有難いものです。江戸時代において当初は軍事政権に近いような形から、自然災害(地震、飢饉)やそれによる人口低迷=経済低迷により、政府の方針がどのように変わってきたのか、それが現代の私たちの考え方、日本の特徴(落とした財布が戻ってくる、自動販売機が盗まれない)に繋がっているのかが解説されています。

江戸時代は身分制度もあり現代人から見ると窮屈な時代のようにばかり思っていましたが、そうでもなさそうですね。また、この本で5代将軍の発令した悪法として有名な「生類憐みの令」について、その狙いが解説されていたのは良かったです。あれで世の中の意識が良いほうに変わったようですね。

以下は気になったポイントです。

・1804年にレザノフ(ロシア)に手渡した「教諭書」の内容は、我が国は中国・朝鮮・琉球・オランダと往来しているが、その他の国とは通信・通商しないのが国是である、というものであった(p24)

・当時のロシア(エカチェリーナ2世)は、軍隊ではなく商人の活動が領土を広げていった、戦争ではなく商業活動が国を大きくしていた。アリューシャン列島でとれる、乾魚・塩魚・鯨油・獣油を打って、日本から織物・米麦・銅鉄器を仕入れて商業をしようとした(p25)

・1806年(文化3年)レザノフの指令を受けたロシア軍艦ユノナ号が樺太南部の施設を襲撃した、これは露寇と言われている、ロシアは襲撃の首謀者を独断行動としてサハリンで投獄している(p30、39)

・ロシアとの対峙という前提があったので、日本の近代化、ペリーによる開国がある(p43)

・都市への人口集中により、米以外の商品の生産・流通・消費が増えたため、コメの経済活動における比重が小さくなった(p50)

・吉宗の政策は、1)新田開発、2)年貢方法の変更による増徴、検見法(毎年の収穫高から年貢量を決定)から定免法(年貢額を一定期間固定)へ変更(p52)

・田沼意次は、家重の小姓(旗本600石)から、老中へと昇進して、5万7000石の大名へと異例の出世をした(p54)

・幕府公認の株仲間となることで、特定商品の仕入れ・販売の独占権を保障するかわりに、冥加金を上納させた(p55)

・現代と異なり、税をとる代わりに対価として行政サービスを施すという考えを幕府は持っていなかった、年貢とは「地代」であり、家賃のようなもの(p58)

・浅間山の大噴火(1783天明3)は、天候不順による凶作が頻発し、関東では6月になっても冬物を着て過ごすほど寒かった、江戸の三大飢饉(享保・天明・天保)の中で天明飢饉が一番ひどい(p60、65)

・天明の飢饉により、幕府は、民に対して何の手当ても施さないと、飢饉ー一揆ー打ちこわしという連鎖が止められず、社会が安定しないことを悟った(p70)

・江戸時代後半では、行政を現場で支えていたのは、代官と村の庄屋の努力であった。郡奉行や代官には武士から、学問のあるそれなりの人物をつけることになっており、能力の高いエリートが多かった(p77)

・宝永4年(1707)の地震・津波は、東日本大震災までは日本史上最大級のものであった(p84、94,97)

・農書の普及とともに農村に浸透していったのが、読み書き能力で、人々は寺子屋に通った、そして科学的な農法・農具改良・二毛作を行って自分の取り分を増やそうとした、これは宝永以後にみられる(p106、108)

・徳川が滅びたのは、西洋から新兵器が入ってきて、石高=軍勢数=戦力、でなくなったから。譜代大名には、たいした石高を与えず、権力と戦力の分離をはかった(p118)

・島原の乱は、女子供さえ含む地域住民の大半が参加した一揆であり、百姓一揆とは明らかに異なる、一揆勢はすべて討ち取られたが、幕府側の痛手も大きかった、討伐軍の1割程度、全武士数が150万人であったが、その1%が死傷した(p130、135)

・生類憐みの令の具体的な条文は、「犬ばかりに限らず、惣て生類人びと慈悲の心を本といたし、憐み候儀肝要事」(p148)

・江戸時代になると、人が殺されれば捜査が始まるようになった、これが中世との違いである。(p146)

2017年3月19日作成

2017/01/18 08:27

投稿元:ブクログ

徳川の平和「パクス・トクガワ」と呼ばれる260年の平和な時代が何故創られたのかというテーマで、過去4回のシリーズとしてNHK教育TVで放映されたものの文庫化。

当初、軍事政権として発足した徳川幕府は、領民から年貢という「地代」を一方的に取るという考え方で、現代のような行政サービスと引き換えの「税」ではなかった。
このような、考え方に変化を起こした「島原の乱」「天明の大飢饉と浅間山の大噴火」「宝永地震」「ペリー来航の60年も前のロシアが襲撃した露寇事件」で具体的に説明を試みている。
そして江戸幕府はこれらの災害・危機を乗り越えるために知恵を絞り、軍事政権から脱皮していく。

以下、「島原の乱」と「天明の大飢饉」を簡略に説明していきます。

「島原の乱1637年」
家康から三代将軍家光に至る半世紀の間に、全国で130以上の大名が改易されている。また一揆をおこした村は皆殺しにあうなど、徳川による統治はようするに「暴力支配」だった。
こうした幕府のありかたに軌道修正を余儀なくする「島原の乱」が起きる。
一揆勢は23千人(37千人とも?)は女子供に至るまで全員殺戮された。一方鎮圧軍の死者も8千人(12千人とも?)の被害が出ている。この数は全国の武士の1%にも当たる驚くべき数字だ。

この反乱での死者の問題よりもっと大きな問題となったのが、乱のその後であった。これだけの数の領民が一度に亡くなったので、人口が激減して農村は荒廃の一途を辿る。これは幕府にとって大きな教訓となった。つまり領民を殺し過ぎると年貢を納める農民がいなくなり、武士が食えなくなるという、実にシンプルな事実である。
この地方では、移民政策や年貢の減免する措置が取られ、この地方を再興するために、幕府や支配層である武士は、多大な代償を支払わなければならなかった。
幕府でも、徳川綱吉は「武家諸法度」の第一条を従来「文武弓馬の道・・・」とあったのが、「文武忠孝を励し、礼儀を正すべき事」と改めている。
さらに「生類憐みの令」・・・これは非常に誤解されて悪法と言われているが・・・内容には「老人を姥捨て山に捨ててはいけない」「病人や行き倒れの治療を放棄してはいけない」等、社会的弱者を救済する内容になっている。
徳川綱吉の政策は「殺す支配」から「生かす支配」への転換点となった。

「天明の大飢饉1783~1784年」
徳川吉宗は、享保の改革で、幕府財政の引き締めを行い、米の増産のために、新田開発に注力し、また田沼意次は、幕府財政面の米に依存しすぎる経済体制には限界があると悟り、商品経済重視に転じたが、基本的な思想は、共に「財政あって福祉なし」という民に対して何も施さない政治には変化はなく、飢饉~一揆~打ちこわしという連鎖は止められず、浅間山の大噴火や、天明の大飢饉による江戸での打ちこわし事件を契機に、田沼は失脚することになる。
天明の飢饉による死者は全国で百万人に上るとの推計がなされている。
田沼意次の後を引き継いだ松平定信は、まず飢饉対策に取り組み、都市・農村を問わず、凶作や災害に備えての米や金銭を蓄えるという備荒貯蓄政策を推進する。各藩でも幕府に連動して、飢饉への備えとして村々に「備荒倉」を設置したり、赤子養育育英金を支給したり、妊婦を手厚く保護するような政策が取られ始める。
不完全とはいえ、それまでの「軍事政権」から、福祉行政の機能を持った「民生重視の政府」へとシフトしていく。

僅か150ページの薄い文庫本であるが、徳川軍事政権が、武力だけで260年もの平和な時代が続いたのではないと言う事がよく分かります。

そうした結果、江戸文化が発達し現代に繋がり、その恩恵を受けている我々は、この国に生れた僥倖を喜ぶべきだろう。

2017/03/05 17:32

投稿元:ブクログ

歴史を学ぶことは、現代を学ぶことでもあるなと再認識した。私たちが過去から学ぶべきことはまだまだある。特に、この閉塞感に満ちた平成においては。磯田先生はいつもそのことを、分かりやすく楽しく教えてくれる。

2016/12/27 18:10

投稿元:ブクログ

【新しい視点で江戸時代を分析する!】この国の素地はなぜ江戸時代に出来上がったのか? 島原の乱、宝永地震、天明の大飢饉、露寇事件の4つの歴史的事件から読み解く。

2017/01/23 08:27

投稿元:ブクログ

時代を遡っていく書き方に引き込まれた。
とても解りやすく違和感なく自然にページが進んだ。
字の大きさもあるかな?