サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

またたび
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/12/12
  • 出版社: 宝島社
  • サイズ:19×19cm/190p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8002-5815-1
  • 国内送料無料
写真集

紙の本

またたび

著者 菊池亜希子 (著)

秋田から千葉、岐阜、高知、沖縄、ハワイ島、フィンランド、ベトナムまで。女優・モデルの菊池亜希子の旅を写真とエッセイで綴る。コラムも掲載。『リンネル』連載を単行本化。【「T...

もっと見る

またたび

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

秋田から千葉、岐阜、高知、沖縄、ハワイ島、フィンランド、ベトナムまで。女優・モデルの菊池亜希子の旅を写真とエッセイで綴る。コラムも掲載。『リンネル』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

ファッション誌「リンネル」の大人気連載「またたび」が単行本化!! モデル・女優の菊池亜希子さんの旅を写真とエッセイで綴る旅本。沖縄・岐阜・四国・千葉・秋田・鳥取・松本・金沢・京都・新潟・フィンランド・ハワイ、書籍特別編のベトナムの旅も収録。ふらっと思うままにあなたも旅に出たくなる一冊です。【本の内容】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

みずみずしい

2017/02/10 09:20

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:睡蓮 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この方の紡ぐことばは、とてもみずみずしくて、ステキです。
ことばの選び方が素晴らしいし、視点がよいです。
表現も秀逸です。
旅には興味のないわたしも、ちょっと出かけてみようかな、なんて気になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/01/09 18:52

投稿元:ブクログ

ーーー旅の醍醐味は、心細さを感じることーーー

『リンネル』に連載された旅エッセイ。
田尾沙織さんの写真が主に使用されており、相性バッチリ。
コーディネートも色味も全部かわいくって余すところなく愉しめる。

父方の祖父が寅さんのような旅好き放浪好きなひとだったエピソード、ご両親の甘酸っぱい待ち合わせ場所・金沢の香林坊のこと、三色スミレ風呂はなかったけれど急遽体調を考慮して伊豆大島から熱海の大野屋へ行くことになったおもひでぽろぽろ旅…

スペースサジタリウス(アニメ)までの放課後の一人遊び、
京都の台湾茶専門店の二階でゴロゴロしたり、
菊池亜希子はその土地土地で
ーーー収まるべきところに収まるようにできているーーー

写真に映る彼女は地元のおばちゃんたちと仲良く会話したり手を繋いだりしている。
それは国をまたいでも同じで、その距離感は万人に真似できるものじゃない。
彼女の纏う空気が常に色鉛筆のような淡い優しいものだから、その中にもたまに漆黒であったりネイビーであったり強い芯となる色も似合ったりなんかして
彼女の魅力そのままの旅の行程が本書には散らばっている。

眠たくなるほど心地よかったり
読み終わりたくない、ずっと旅をしていたい気持ちになったり
ちらっと覗いては開いたページをそのままフンフンと読み込んでしまうような一冊でした。

国内紀行・旅行記 ランキング

国内紀行・旅行記のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む