サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ブスの本懐
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/11/16
  • 出版社: 太田出版
  • サイズ:19cm/255p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7783-1547-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

ブスの本懐

著者 カレー沢薫 (著)

遊びでブスをやっている女はいない。100%真面目にブスなのだ−。“ブスに厳しいブス”のカレー沢薫がすべての迷える女性に捧げる、逆さに歩んだ「美女への道」。『cakes』連...

もっと見る

ブスの本懐

1,080(税込)

ブスの本懐

1,080 (税込)

ブスの本懐

ポイント :10pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

遊びでブスをやっている女はいない。100%真面目にブスなのだ−。“ブスに厳しいブス”のカレー沢薫がすべての迷える女性に捧げる、逆さに歩んだ「美女への道」。『cakes』連載等を加筆・修正し、書き下ろしを加える。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

カレー沢薫

略歴
〈カレー沢薫〉1982年生まれ。OL兼漫画家・コラムニスト。「クレムリン」で漫画家デビュー。他の著書に「負ける技術」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー19件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

これはひどい

2017/03/20 10:50

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yu - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書を初めて見たとき、至る所にブスと書かれていて、なんて酷い本なんだろうと思ってしまった。ページをめくっても一言目から飛び出す「ブス」の文字。今まで生きてきてこんなにもブスの文字を見たのは、後にも先にも本書だけだろう。しかし、慣れとは怖いもので、本書を読み終えるころにはブスの文字を見てもなんとも思わず、むしろ「ブス」という言葉の背景が真っ白となってしまい、「ブスとはなんだろう?」という作者の意図した思惑にまんまとハマってしまった。なんとも恐ろしい一冊である。
中身に関してはあまり書くことがない。なにせ読んでいるときは作者の容赦のないブス表現に抱腹絶倒の嵐であったが、いざ本を閉じてしまうとさっきまで読んでいたはずの内容が、スーっとどこかへ飛んで行ってしまうのである。内容を記憶できない本と書くと何だか神秘的に聞こえるが、辿り着いた先に待っているのがブスなのだからきっと誰も報われない。むしろ秘密を守る門番と間違えられそうな勢いである。
何だかブスブスと書き過ぎたような気もするが、かくいう私もブサイクであるため大目に見ていただきたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

何か見えたがそれは幻想

2017/04/22 13:16

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:猫目太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「ブス」に関する高尚な考察を多方面から、読者(多分ブス)をタコ殴りする。だが、不思議な事に、嫌な気分にならない。酷い事を真正面から言われているが、文章が面白いので気がつかない。あとがきに、「ブス」という言葉をタイピングするたび徳がガンガンに下がる」という一文を読んで「あれ私、酷い事言われてた」と気がつく。「えらい良い事が書かれているが、読後何も残らない」で有名なカレー沢先生。流石です。「ブス」という呪文は、ここぞという時に使いたい最終兵器であり、アホな小学生男子の如く連呼してはいけないと肝に銘じたい。読後、何かしら運命が開けたように感じたが、それは幻想であり、やっぱり何も残りませんでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

思った以上に面白かった

2017/10/10 20:00

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まりも - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分もブスで言われれば痛い言葉だが、なぜだか嫌な感じはしない。というか何回も吹き出しそうになった。外で読む際注意!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

何も残らない

2017/04/13 15:39

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しらふ - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の意図通り読んだ後に何も残りません。何か気に入らない相手に心の中でその救いようのない二文字ワードで毒づきたくなるときは多々あります。でもそれを使うと徳が下がるのだそうです(あとがきより)著者はこの本に書くことで私たちの身代わりと成ってくれたのだと思うようにします。一部アニメ?かよくわかりませんが、よくわからないたとえも出てきますが、そんな小さなことはどうでもいいのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

みんな違ってみんなブス

2017/02/22 20:37

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:pope - この投稿者のレビュー一覧を見る

とにかくこれでもかっていうくらいブス連発。本書の中でブスという単語が何回使われていたのか誰か数えてほしい。
この人マンガは面白いけど文章にすると半減。ナンシー関のフォロワーの一人って感じ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/02/02 21:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/30 14:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/19 23:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/02 17:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/22 20:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/20 00:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/23 12:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/31 12:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/30 12:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/02 21:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る