サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

よるのばけもの

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 76件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/12/09
  • 出版社: 双葉社
  • サイズ:20cm/245p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-575-24007-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

よるのばけもの

著者 住野よる (著)

夜になると、僕は化け物になる。ある日、化け物になった僕は、忘れ物をとりに夜の学校へと忍びこんだ。誰もいない、と思っていた夜の教室。だけどそこには、なぜかクラスメイトの矢野...

もっと見る

よるのばけもの

1,512(税込)

よるのばけもの

1,512 (税込)

よるのばけもの

ポイント :14pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

夜になると、僕は化け物になる。ある日、化け物になった僕は、忘れ物をとりに夜の学校へと忍びこんだ。誰もいない、と思っていた夜の教室。だけどそこには、なぜかクラスメイトの矢野さつきがいて−。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー76件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

とてもいい本

2017/01/08 04:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:イーデスハンソン - この投稿者のレビュー一覧を見る

以前から読みたいと思っていましたが、実際に読んでみるととてもよい本でした。具体によいところを書くとストーリーが分かってしまうので書きませんが、住野さんのシリーズの中でも傑作だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

よるのばけもの

2017/02/27 21:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アッキー - この投稿者のレビュー一覧を見る

読みやすく、主人公と周囲の人間関係がリアルに描かれていました。学生時代ならではの人間関係、主人公の秘密など読んでいて共感できることが多かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

感動

2017/01/31 11:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MR北海道 - この投稿者のレビュー一覧を見る

よく、いじめに関する物語はたくさんあるが、この描きからは本当にすごいと思った。
本来、人間の感情変化はこのくらいの時間で動くと思う。

読み切って、なるほどと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

明けない朝もある

2017/01/17 06:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GORI - この投稿者のレビュー一覧を見る

いじめの話なんて読みたくないと思いながら読む。
読みづらい書き方が余計に読むのを面倒にする。
夜のばけものの存在自体にも、なんだかラノベを感じさせられる。

読み初めの印象はこんな感じで始まったが、住野よるのこれまでの作品の中で一番心に届いた読後感。
誰もが仲間はずれになりたくない。
そんな恐怖におびえながら毎日を過ごすなんて辛いよね。
けっして自分は虐めている側なんだと思いたくないから、自分は違うんだと目をそらす。
そんな自分に気づいていながら気づいていない理由を探す自分。
いつの間にかそれは「よるのおばけ」の姿になっているんだよ。
無視される恐怖。
その恐ろしさに、ただただ震えている矢野がいるんだよ。
矢野を見てよ!
矢野は虐められそうになる人を助けているんだよ。
もっと私を見てよ!
そんな叫びが届いた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

悩める少年少女たち

2017/01/27 20:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「どれが本当の自分なのか?」と悩む年頃の少年少女たちの姿が生き生きと描かれてるように思えました。
大人になる手前、子供を少し抜け出たくらいの中学生たち。でも、やっぱり子供で世界も狭い。
「君の膵臓・・・」ほどダイレクトに感動はしないし、よく分からない事もあったけど、
ン十年前のこの頃の自分が考えてたり感じたりしてた事を思い出して、ちょっと恥ずかしかった(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/01/30 01:57

投稿元:ブクログ

半日で一気読みしてしまいました。
以前「君の膵臓を食べたい」でとても泣かされた作家であったので
とても期待して読みました。

最初の化物に変身する描写があまり頭に入ってこなくて
世界観なんかも曖昧なまま矢野さつきに出会って少し置いていかれるのですが
細か過ぎるほどの教室内の空気の説明で自分がそのクラスの一員になったかのような
そんな錯覚をさせられました。

勝手に恋愛モノかなぁと予想していたのですが
どちらかというと「桐島部活やめるってよ」のような
学園ヒエラルキーモノでしたね。

主人公の矛盾する気持ちや葛藤する様子なんかは
非常に緻密に描かれていて青春な感じですね。
最後に一歩踏み出す主人公になぜだか涙が出ます。
その後が描かれなくて非常に気になるのですがそれで良いです。

2017/03/24 14:08

投稿元:ブクログ

中学校内でのいじめをテーマにしたファンタジー。
「僕は夜、ばけものになる」
ばけものになるのは比喩かと思っていたけど、本当にばけものになる話だったとは…。

クラスでいじめに遭っている女子生徒・矢野さん。
昼間はいじめに我関せず、夜はなぜかバケモノの姿になる主人公・あっち―。
宿題を忘れて夜にバケモノの姿で取りにいくと矢野さんとばったり遭遇。
その日から、夜の1時間を矢野さんと学校で過ごすことに…。

はっきり言ってくどかった。
全く面白くないわけじゃないけど、腑に落ちない点がいくつもある。
読者に投げっぱなしで説明不足、なのに主人公の心理描写がいちいちくどい。
目の前でいじめられてるクラスメイトがいるのに無視しちゃいかん。っていうメッセージ性が強すぎるのかな。
誰だっていじめられたくないから、ずれないようにうまく立ち回るのは防衛本能だしねぇ。
最後のあっちーの行動によって、笠井がどう動くか気になる。
あっちーを助ける?見捨てる?それとも違う誰かを標的に仕立て上げる?

これも前作同様、読むタイミングを間違えたかしら。
中高校生向き?
人気作家だし評価高いので読んでみたけど、住野よるさん苦手かもしれない。
デビュー作の「君の膵臓を食べたい」を読み終えてから今後も読むか考えよう。

2017/03/13 23:19

投稿元:ブクログ

夜になるとばけものになってしまう男の子のお話。夜の自分と昼の自分、夜に出会う女の子と昼に出会う女の子のことが描かれている。ありふれたいじめの話のように思うが、誰かが罰されるわけでもなく、何かが解決されるわけでもない。なので、男の子の自己確立の話が主題のように思う。ここまで自分を内省できるのはすごい。
2017/3/13

2017/01/23 23:34

投稿元:ブクログ

中学校のクラス内で悪目立ちしないこと、空気を読んで迎合していること、周囲とずれないことを自分に求め努力している主人公、そしてクラスの雰囲気に何とも陰湿な気持ち悪さを感じる。と同時にそうしたダークさ、弱さのかけらを自分の中にも見つけ少し自己嫌悪を感じる。
夜に化け物に変身することやラストの主人公の気づきは自分らしさ・自我の認識なのだと思うが、あえて狡さの範囲にあり、現実的だけれど吹っ切れ感のないエンディングを味わった。
17-14

2017/04/11 15:25

投稿元:ブクログ

思いっきり簡単に言うと「いじめの話」
玉ねぎの皮を剥いて剥いて剥くとやはり「いじめの話」
テーマだけ見ればYAなんだけど、こーれーはー結構難易度高かろう。
「君の膵臓」と同様に、君の気持の裏を読んでいる僕の気持の裏を読んでいる君の気持の裏を読む…と、延々に続くセンシティヴな物語だから。
でもその傷つきやすさと優しさと冷静さと諦念が非常にリアル。これが今のスクールカーストの中で生きるこどもたちの現実なんだろうな。多分。
でもバブル世代はイライラします。

2017/04/12 21:44

投稿元:ブクログ

スッキリと終わってほしかったので、この終わり方は少し残念でした。現実ではスッキリと終わるいじめなんてない。それをわかっているから、せめてフィクションの中では…と期待してしまったのかもしれません。

2017/02/17 19:37

投稿元:ブクログ

年齢は関係ない。
臭いものには蓋をするし、自分が一等可愛いのだ。
いたたまれない気持ちになるのは、そういう場面に目を瞑ってきたからだ。

2017/02/03 07:51

投稿元:ブクログ

は?
最後のページで思わず声に出してしまったじゃないか。

売れるものと良作は違う説を体現してる。
絵本みたいに対象年齢書いておいてくれ。
中高生が読むお話ですねこれは。

2017/03/07 17:34

投稿元:ブクログ

クラスの中のいじめを傍観していることへの罪悪感,生きにくさが「よるのばけもの」という形で現れる.どちらの自分が本当の自分かという矢野さんの直球の問いに揺れる想い.なんて生きにくい学校生活なんだろう.保健室の先生の「生きのびて!」という声が切実だった.

2017/01/03 17:40

投稿元:ブクログ

夜になると、ぼくは化け物になる。
寝ていても座っていても立っていても、それは深夜に突然やってくる。
ある日、化け物になった僕は、忘れ物を取りに夜の学校に忍び込む。
誰も居ないと思っていた教室に、なぜかクラスメイトの矢野さつきが居て――。

「君の膵臓が食べたい」「また、同じ夢を見ていた」の二つを先に読んでいて、今作も楽しみにしていたのですが、何とも評価しずらい作品だなぁと思いました。
面白くないわけじゃないけれど、結局何も解決してない、答えがでない終わり方だったので、読後感は「この先がどうなったが知りたいんだよ!」のひと言に尽きます。

この物語の主人公の僕としては、ちゃんと自分の納得のいく答えは出せたと思うのですが、最後がアレだったのできっとあの後主人公も…と思うと、やるせない。
正しいことをしたのは確かだけど、辛い。
そして正しいことが許されないこの状況が、辛い。
自分を守るためにはそれが当たり前になってるなんて。一人じゃなくて、みんながそう。

ある意味ではものすごく考えさせられる作品。
緑川さんのことも、笠井くんのことも、矢野さんが実は一番分かっているのかもしれなくて、それをちょろっと教えてもらっただけなので、「その全部が知りたいんだよ!」と、答えがはっきり分からないと嫌な人は思ってしまうかもしれません。
ミステリーで言うと、犯人を匂わせたまま、事件を解決せずに終わっちゃった感じ。
でも著者のことだから、しっかり伏線は貼ってあるのかもしれないですが。もう一度じっくり読んだら、もっと色んなことが分かるのかな、とも思う。

ファンタジー ランキング

ファンタジーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む