サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0120-26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

結物語(講談社BOX)
結物語(講談社BOX) 結物語(講談社BOX)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/01/12
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社BOX
  • サイズ:19cm/215p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-283900-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

結物語 (講談社BOX <物語>シリーズ)新刊

著者 西尾維新 (著),VOFAN (著)

怪異譚となる前の“風説”を取り締まる直江津署風説課で働きはじめた警察官・阿良々木暦。町を離れた、ひたぎと翼。23歳になった3人が選ぶ道と、暦が最後に伝える想いとは…。完結...

もっと見る

結物語 (講談社BOX <物語>シリーズ)

1,296(税込)

ポイント :12pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

結物語

1,296(税込)

結物語

ポイント :12pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「結物語」が含まれるセット商品

<物語>シリーズ (講談社BOX) 22巻セット(講談社BOX)

<物語>シリーズ (講談社BOX) 22巻セット

商品説明

怪異譚となる前の“風説”を取り締まる直江津署風説課で働きはじめた警察官・阿良々木暦。町を離れた、ひたぎと翼。23歳になった3人が選ぶ道と、暦が最後に伝える想いとは…。完結物語シリーズ、オフシーズンの最終作。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

西尾維新

略歴
〈西尾維新〉1981年生まれ。「クビキリサイクル」でメフィスト賞を受賞。ほかの著書に「撫物語」「掟上今日子の旅行記」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

完結編、そして物語は続く

2017/01/23 13:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:RASCAL - この投稿者のレビュー一覧を見る

オフシーズン完結編は、暦くんとそのハーレムの女性の5年後、それぞれが自分の道(それもかなりスーパーな)を行っていて、安易につるんでいないところが良い。みんな暦くんから巣立っていった。でも、やはり最後はそこに収まるわけか。羽川翼ファンの自分としては、少し残念。やれやれ、やっとこれで終わりかと思ったら、今度はモンスター・シーズンだと!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/01/16 05:38

投稿元:ブクログ

現代の怪異を描き、『終物語』にて完結した〈物語〉シリーズのその後を描く〈物語〉シリーズ・オフシーズンの第4弾にして完結編。
オフシーズンの既刊には登場していなかった主人公・阿良々木暦(あららぎこよみ)のその後が描かれる。時系列的には一気に5年後に飛び、暦は警察官になり、配属された「直江津署・風説課」にて新たな怪異に遭遇する。第一話「ぜんかマーメイド」、第二話「のぞみゴーレム」、第三話「みとめウルフ」、第四話「つづらヒューマン」の全四話構成になっており、いずれも新キャラクターが登場する。

2017/01/13 01:17

投稿元:ブクログ

堂々のオフシーズン完結。5年の月日が流れて、変わったところも変わらないところもどちらも十二分に楽しめました。最後はシリーズファンにはたまらない展開。

2017/01/15 17:42

投稿元:ブクログ

あららぎくんが就職してるのも驚きだったけど、新キャラも続々で驚きだった!
マジかよ!維新さん!

やっぱり翼ちゃんはあららぎくんと付き合うべきだったよ
あららぎくんはあぁ言ってるけど、会いにきたのは本物の翼ちゃんだよ
翼ちゃんがあららぎくんに助けを求めてきたに決まってるじゃない!
あの鈍感めっ!
翼ちゃんはまた一人になっちゃったじゃん
あららぎくん以外を求めてないじゃない
ひたぎちゃんと一緒に翼ちゃんのところに行けばいいのに

ひたぎちゃんとも何度か別れてるし
ひたぎちゃんと最終的には別れちゃえばいいのになぁ
そんで翼ちゃんと付き合って別れるの
あららぎくんは一人ぼっちになって他のヒロインは暖かい家庭をそれぞれ持ってるってラストがいいのにな
あららぎくんには忍ちゃんがいるしさ

維新さんはどこまで描くんだろう?
もう終わりでいいのにな
新しい趣味は見つからないのかな

2017/01/18 00:12

投稿元:ブクログ

シリーズ最新作。
いつものノリだと思って新刊を買ったら、予想外にストレートなラブストーリーで驚いた。それでいてしっかり『西尾維新』。
偶々、文教堂書店で買ってクリアファイルのオマケを貰ったが、特定の店舗だけの話なのか、文教堂書店であれば貰えるのか……。

2017/01/23 22:47

投稿元:ブクログ

23歳。23歳かあ……。やけにノスタルジーな阿良々木君としては、高校生は遠い過去で大人になってしまったなってとこなんだろうけど、23歳なんてまだまだ若者じゃないですか?むしろ子どもを終わった気でいるひねた高校生よりは、大人の始まりのこの頃の方が、若々しいっていうか初々しいっていうか。うん。何が言いたいかって…なんか寂しいんだよ!阿良々木君が落ち着いちゃうとさあ!阿良々木君のくせに!
果たして次からはモンスターシーズンで全開で行ってくれるそうですので、期待したい。
今巻のベスト癒しは老倉さんだったし、ベスト萌えはガハラさんだった。八九寺は待望していたけど多分まだ準備が…八九寺テンションにまではなっていなかったのであろう。温度差がえらいことになりそうだし、うん。そして…羽川さんは……おめでとう、と言わざるを得ないのだけど、……ううっしかし寂しさで心が凍えそう!傷映画を観た直後なだけに…!いやむしろさすがにあれを突きつけられて著者的にも羽川さんに申し訳なくなったのかもしれんけども!いやそんなことないか…西尾維新だしな。

2017/01/17 20:12

投稿元:ブクログ

怪異譚となる前の“風説”を取り締まる直江津署風説課で働きはじめた警察官・阿良々木暦。町を離れた、ひたぎと翼。二十三歳になった三人が選ぶ道と、暦が最後に伝える想いとは…?知れば知るほど、知らないことが増えていく―これぞ現代の怪異!

2017/01/15 01:06

投稿元:ブクログ

「ぜんかマーメイド」
川で溺れた子供達が見たものは。
今回新たに登場した先輩だが、彼女はどの様な経緯で人魚の肉を手に入れたのだろう。
そう簡単に手に入るものでないだろうし…。
それにしても、阿良々木くんと火憐ちゃんが両親と同じ警察官になるとは予想外だった。

「のぞみゴーレム」
下校時に制服を切りつけた犯人は。
いくら身体全てが土で出来たゴーレムといえど、あの捜査方法には驚かされた。
もしバラバラになった場合、元々彼女を形成していた土と別のもを使用しても元に戻るのだろうか。

「みとめウルフ」
自分に関する全ての情報を抹消する為に帰国した彼女。
世界各地を回っていた羽川さんに何があったのだろう。
誰も知らない彼女の旅を一度見てみたいと思うが、一冊の本に収まる内容なのだろうか…。
それにしても、人狼の特徴を隠すことなくそれを生かした職を選び活躍する彼女はすごいな。
普通、人とは違う部分は出来る限り隠し生きたいと考えるだろうに。

「つづらヒューマン」
三度目の破局と四度目の絶交取り消しを。
風説課に怪異と全く関わりの無い人間が居る事に驚いたが、彼女の様な人間と知ると納得出来た。
無知ほど怖いものは無いというが、怪異に関してはそれぐらいが丁度いいのかもしれないな。