サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【修正依頼】7/1 【店舗】honto会員400万人突破記念!全額ポイントバックキャンペーン(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 最後の晩ごはん 7 黒猫と揚げたてドーナツ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

最後の晩ごはん 7 黒猫と揚げたてドーナツ(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/12/22
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/217p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-104895-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

最後の晩ごはん 7 黒猫と揚げたてドーナツ (角川文庫)

著者 椹野道流 (著)

社員旅行で京都へ行くことになった「ばんめし屋」の3人。初めての社員旅行に浮かれる海里だが、再会した後輩・李英のバイト先で、厄介事にまきこまれ…。おまけレシピストーリー「ロ...

もっと見る

最後の晩ごはん 7 黒猫と揚げたてドーナツ (角川文庫)

562(税込)

最後の晩ごはん 黒猫と揚げたてドーナツ

562 (税込)

最後の晩ごはん 黒猫と揚げたてドーナツ

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

社員旅行で京都へ行くことになった「ばんめし屋」の3人。初めての社員旅行に浮かれる海里だが、再会した後輩・李英のバイト先で、厄介事にまきこまれ…。おまけレシピストーリー「ロイド、ひとりでできるかな?」も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

兵庫県芦屋市。夜から朝まで営業中の定食屋「ばんめし屋」は、
元俳優の海里と店長の夏神、英国紳士(本体は眼鏡)のロイドで元気に営業中。
急に「京都に行きたい」と言い出したロイドに、夏神は三人での京都旅行を提案する。
京都では、海里の俳優時代の後輩・李英(りえい)も合流。
彼は社会勉強のため、便利屋でバイト中らしい。
後日、海里は李英に頼まれ、事故死した青年の遺品整理を手伝うことになり……。

じんわり泣けるお料理青春小説第7弾!
いつものレシピに加え、ロイド目線のショートストーリーも収録。お得感満載です!【商品解説】

著者紹介

椹野道流

略歴
作家。監察医。講談社ホワイトハート「人買奇談」にてデビュー。代表作は「鬼籍通覧」シリーズ、「奇談」シリーズ(講談社)、「最後の晩ごはん」(角川書店)など多数。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー19件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

最後の晩ごはん

2017/05/29 13:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アース - この投稿者のレビュー一覧を見る

とうとうここまで読みました。
まだ途中ですが、続きありますよね。
良かった。
どうやら最終回じゃなかったのですね。
タイトルが最後の晩ごはんだからついね。
今回もロイドと海里のコンビは面白いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

大好きな作品

2017/03/08 21:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:不思議ちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

第1作目から、一気に読んだくらいはまっちゃいました!!
登場人物はみんな好きですが、とくに、ロイドが大好きです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

京都行き

2017/01/31 15:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くりんぐりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

気が付けばシリーズももう7弾目
これまで絆を深めてきたキャラクターたちですが、いつか来る(かもしれない)別れに目を向けた一冊です。
相変わらず出てくる料理が美味しそうで、巻末のレシピのコールスローも作ってみました。
読んで面白く、食べて美味しいおとくな一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いつか別れが来るから。。。

2017/01/12 22:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やちゃまる - この投稿者のレビュー一覧を見る

いつか別れが来るから思い出を・・・。
とても寂しい考え方だなって思う反面、自分もいろんな経験をしてきて、
夏神の気持ちも少しは共感できる年代になってしまいました。
それでも“別れ”を前提にして思い出作りってやっぱりちょっと寂しいな。
夏神のそういう気持ちを少しでも癒そうとする海里とロイドが温かい。
そして今回海里が救う魂の話は泣けた。
しかも突然の事故死っていうのがやるせない。
黒猫タクトと出会えて、タクトと一緒に幸せな心で消えていった事で救われた。
今巻もじんわりしつつも温かい気持ちで読み終えられました。
とても良かったです。
ロイドのショートストーリーが楽しかった^^

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

さまよう魂の望むもの

2017/01/15 13:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Yuki - この投稿者のレビュー一覧を見る

命を失ったものは、当然ながら食べることができなくなる。それが自分より先に亡くなった人が作ったものなら尚更だ。
だが、ばんめし屋のマスター夏神の作るものを、霊感のある五十嵐が亡霊に差し出すと、食べることができる。
自分が死んでしまった後、未練のある食べ物があるかもしれないな、と、読んだ後に考えてしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/02/06 11:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/02 07:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/12 14:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/25 15:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/05 22:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/26 11:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/31 22:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/21 04:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/05 01:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/23 06:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る