サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

天使の恥部(白水Uブックス)
天使の恥部(白水Uブックス) 天使の恥部(白水Uブックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/01/20
  • 出版社: 白水社
  • レーベル: 白水Uブックス
  • サイズ:18cm/360p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-560-72131-5
  • 国内送料無料
新書

紙の本

天使の恥部 (白水Uブックス 海外小説永遠の本棚)

著者 マヌエル・プイグ (著),安藤哲行 (訳)

大戦間のウィーンで、地軸変動後の未来世界で、女たちを待つ残酷な運命とは。過去・現在・未来で繰り返される女たちの運命の物語を、メロドラマやスパイ小説、SFなど、さまざまなス...

もっと見る

天使の恥部 (白水Uブックス 海外小説永遠の本棚)

2,052(税込)

ポイント :19pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

大戦間のウィーンで、地軸変動後の未来世界で、女たちを待つ残酷な運命とは。過去・現在・未来で繰り返される女たちの運命の物語を、メロドラマやスパイ小説、SFなど、さまざまなスタイルを駆使して描く。〔国書刊行会 1989年刊の改訳〕【「TRC MARC」の商品解説】

過去・現在・未来、繰り返す哀しい愛の物語
 ウィーン近郊の楽園のような島に軍需産業王の夫によって閉じ込められた世界一の美女。映画スターの彼女には出生にまつわる秘密があった。死者との契約により、30歳になった時から他人の思考が読めるようになるというのだ……。地軸変動により気候が激変、多くの土地が水没した未来の地球。性的治療部で働く女性W218はある日理想の男と出会う。隣国からやってきたその男と、彼女は夢のような一夜を過ごすが、男にはある目的があった……。1975年のメキシコシティ、病院のベッドでアナは語る。アルゼンチンでの過去の生活、政治について、男性至上主義(マチスモ)について、愛について……。過去・現在・未来で繰り返される、女たちの哀しい愛と数奇な運命の物語を、メロドラマやスパイ小説、SFなど、さまざまなスタイルと声を駆使して描き、新境地を切り開いたプイグの傑作。改訳決定版。【商品解説】

ウィーン近郊の楽園の島で、極変動後の未来都市で、メキシコ市の病院で、時を超えて繰り返される夢みる女たちの哀しい愛と運命の物語。【本の内容】

著者紹介

マヌエル・プイグ

略歴
〈マヌエル・プイグ〉1932〜90年。アルゼンチン生まれ。著書に「蜘蛛女のキス」「このページを読む者に永遠の呪いあれ」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/01/21 16:42

投稿元:ブクログ

『蜘蛛女のキス』で有名なプイグの長編。
幻想というか、SFとしても読めるのが特徴。登場人物が延々と語り続けるという意味では『らしさ』は薄めだが、映画的な構成や手法は如何にもプイグらしい。
巻末の解説によると、本書のヒロインには珍しくモデルとなる女優がいるらしい。カバーにも写真が載っているが、如何にも銀幕の大スターといった色っぽい美女だった

ノベルス ランキング

ノベルスのランキングをご紹介します一覧を見る