サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. コンピュータ・IT・情報科学
  4. 未来を味方にする技術 これからのビジネスを創るITの基礎の基礎

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

未来を味方にする技術 これからのビジネスを創るITの基礎の基礎
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/01/06
  • 出版社: 技術評論社
  • サイズ:19cm/263p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7741-8647-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
専門書

紙の本

未来を味方にする技術 これからのビジネスを創るITの基礎の基礎

著者 斎藤 昌義 (著)

あたらしい常識を次々と生み出す原動力となるITの基礎を、最新の事例を交え、わかりやすい図表と文章で体系立てて解説。図表をPowerPointデータとしてダウンロードできる...

もっと見る

未来を味方にする技術 これからのビジネスを創るITの基礎の基礎

1,706(税込)

未来を味方にする技術 ~新しいビジネスを創り出すITの基礎の基礎

1,706 (税込)

未来を味方にする技術 ~新しいビジネスを創り出すITの基礎の基礎

ポイント :15pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

あたらしい常識を次々と生み出す原動力となるITの基礎を、最新の事例を交え、わかりやすい図表と文章で体系立てて解説。図表をPowerPointデータとしてダウンロードできるパスワード付き。【「TRC MARC」の商品解説】

数週間かかっていた仕事を、たった1日で終わらせる。「人間にしかできなかったこと」を機械に置き換え、「人間にはできなかったこと」を実現する ――あたらしい常識を次々と生み出す原動力となるITを使いこなすためには、どんなことを押さえればいいのか?

人工知能、IoT、FinTech、シェアリングエコノミ―、bot、農業IT、マーケティングオートメーションといった最新のトレンドから、これからも変わらないITとの付き合い方までを図解とともに解説。

図はPowerPointデータとしてダウンロード、ロイヤリティフリーで利用可能。【本の内容】

著者紹介

斎藤 昌義

略歴
〈斎藤昌義〉ネットコマース株式会社代表取締役。IT関係者による災害ボランティア団体「一般社団法人・情報支援レスキュー隊」代表理事。著書に「システムインテグレーション崩壊」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/02/05 03:20

投稿元:ブクログ

著者がFacebookで装丁のことをあまりに褒めるので、普段はKindle本にするところを、実際の本を購入した。果たして装丁はよかった。表紙の質も、中身も色刷りだし。それでも、やはりkindle本の方がよかったかな。世界のIT化を謳う本なので電子版の方を主で考えてもよかったのではとも思う。検索性が全く違うし、携帯性が全く違う。kindle本ならどこにいても本で書かれたことを探して参照することができる。いっそのこと電子本のみにしてもいいところじゃないのだろうかとも思う。せっかくよい装丁の本にしてもらったのはよいのだけれど。いや形残るものに力を入れるのもよくわかるのだけれども。

内容に関しては、IT業界に携わるものとして、ここに書かれているようなことは、息をするようにしゃべれるようにならないといけないのかもしれない。IoT、VR/AR、AI、シェアリングエコノミー、3Dプリンタ、ドローン、など。

「未来」を味方にする技術、と書かれているが、もはやすでに「現在」に近いのかもしれない。

2017/01/08 17:17

投稿元:ブクログ

「世界はこのように動いている。道具立てはこうなっている。何度か失敗したって良いじゃないか、チャレンジのコストも十分下がっている今がチャンスだ!そしてイノベーションのフレームワークはこのように考えようよ!」との畳み掛けるような展開に、新しい価値を創造して日本の未来を明るくしたい著者の熱い思いに乗せた渾身のノウハウが伝わってくる好著です。
また、「道具としてのIT」、「仕組みとしてのIT」、「思想としてのIT」、そして「商品としてのIT」といつもながらの鋭い切り口でのITの観点にハッとさせられました。

2017/02/27 22:25

投稿元:ブクログ

破壊的イノベーションの時代を生きている私たちにとって、
常にこれらの知識は学び続けなければいけないと感じた。

特に、日本のIT企業の多くで、
このような技術は自分から学んでいかなければ知る機会もないものもある。

この本は、具体的に、今のITイノベーションの例と
それに伴いどのように常識が変わっていくかを学ぶことができる。
基礎の基礎とあるが、これからIT業界で働く人はもちろん、
これから業務の中核を担っていくすべての人がまず、知るための入門書としてよい。
この本で、知る技術以外にも、常にアンテナを持ち、実際に1度使ってみることが大事だと思う。

ITのイノベーションにより製造業の常識は、
「作って売ってしまえば終わり」から
「売ってからも継続的に関係を持ち続ける」へ

UberやAirbnb などのシェアリングエコノミーの出現により、
「自分のものは、自分のために」から
「自分のものは、他人とも分かち合う」へ

3Dプリンターの出現により、
「設備や人に依存したものづくり」から
「どこでも、だれもができるものづくり」へ

AIやビッグデータ、ドローンの活用により
「経験や勘に頼り、人手を駆使する」から
「データを頼りに、プロセスを最適化し、自動で行う」へ

これからの農業は
「経験や勘を頼りに、人間が作業する」から
「データを頼りに、機械の助けを借りて作業する」へ

リモート技術やクラウドの普及で
「どこで、どれだけの時間働くのか」が求められた今までから
「どこにいても、十分な成果があげられる」へ

2017/03/19 08:35

投稿元:ブクログ

IT関連技術の現状と未来の話が大半。最後に「どういうステップで検討すると良いか」という話がある。
内容はあまり技術技術していないので、エンジニアじゃなくても大丈夫だと思います。
逆に、最後の検討の話はかなり普通の話だと思いました。まぁ、普通の話だけどITを入れて考えていきましょう、かな。

コンピュータ・情報科学読みもの ランキング

コンピュータ・情報科学読みもののランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む