サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

クラウドガール
クラウドガール クラウドガール

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/01/06
  • 出版社: 朝日新聞出版
  • サイズ:20cm/206p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-02-251444-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

クラウドガール

著者 金原ひとみ (著)

刹那にリアルを感じる美しい妹・杏と、規律正しく行動する聡明な姉の理有。二人が共有する、家族をめぐる秘密とは。スピード感と才気あふれる筆致がもたらす衝撃のラスト。『朝日新聞...

もっと見る

クラウドガール

1,512(税込)

クラウドガール

1,188 (税込)

クラウドガール

ポイント :11pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

刹那にリアルを感じる美しい妹・杏と、規律正しく行動する聡明な姉の理有。二人が共有する、家族をめぐる秘密とは。スピード感と才気あふれる筆致がもたらす衝撃のラスト。『朝日新聞』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

【文学/日本文学小説】姉妹にしか分かりえない、濃密な共感と狂おしいほどの反感。刹那にリアルを感じる美しい妹・杏と、規律正しく行動する聡明な姉の理有。二人が「共有」する家族をめぐる「秘密」とは? スピード感と才気あふれる筆致がもたらす衝撃のラスト! 初の新聞連載。【商品解説】

姉妹にしか分かりえない、濃密な共感と狂おしいほどの反感--。

刹那にリアルを感じる美しい妹・杏と、規律正しく行動する聡明で堅実な姉の理有。

二人が「共有」する家族をめぐる「秘密」とは?

スピード感と才気あふれる筆致がもたらす衝撃のラスト!

芥川賞受賞作『蛇にピアス』から14年。

初の新聞連載小説にして、デビュー作以来の高揚感をもって書かれた、新たな代表作。【本の内容】

著者紹介

金原ひとみ

略歴
〈金原ひとみ〉1983年生まれ。作家。「蛇にピアス」で芥川賞、「TRIP TRAP」で織田作之助賞、「マザーズ」でドゥマゴ文学賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価3.5

評価内訳

電子書籍

姉目線、妹目線。

2017/04/23 20:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

妹の乱闘シーンから始まります。浮気性の彼氏を街中で殴打。そして補導。子気味イイ。
女性たちは実に力強い。小説家だった母、留学から帰国した姉、彼氏を殴り倒す妹。
反対に男性陣はなんだか頼りない。姉の彼氏はかつては引籠り、妹の彼氏は浮気性、未成年に手を出す美容師。
依存していた姉妹が心の底では反発していたり、受け止め方が違ってたり、不思議な展開で一気に読めます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

母の死と残された姉妹

2017/04/23 20:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

規則正しく真面目な姉、奔放な妹。見た目も性格も対照的な姉妹が「母の死」を巡り共感しあい、反発しあいます。
母親の死の受け取り方が違っててミステリー要素もあり。
正しいと思ってた事が揺らぐような展開が面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/03/27 16:31

投稿元:ブクログ

+++
刹那にリアルを感じる美しい妹・杏と、規律正しく行動する聡明な姉の理有。二人が「共有」する家族をめぐる「秘密」とは?姉妹にしか分かりえない濃密な共感と狂おしいほどの反感。スピード感と才気あふれる筆致がもたらす衝撃のラスト!
+++

母と娘、父と娘、姉と妹。家族でありながら、ひと塊としての家族とは言えない家庭で育った姉妹の、複雑な親とのそして姉妹間の関係が描かれている。あるひとつの事象に関して、全員が同じように受け止め感じているわけではないことは当たり前のことでありながら、年齢や感受性、互いの関係によってこれほどまでに大きく違うことがあるのかと驚かされる。それほどまでになにもかもが違っている姉妹でありながら、共依存とも言える離れがたい関係でもあり、それが歪な印象を抱かせる。他者との関係の前に、誰かを通してでないと判断できない自己との向き合い方の稚拙さも印象的である。ともかく、しあわせになるのがとても難しそうな姉妹で、やり切れなくなる。一度からっぽになってみればいいのに、と思わず言いたくなる一冊でもある。

2017/01/06 20:45

投稿元:ブクログ

(連載終了時の感想)
 朝日新聞朝刊で連載中の『クラウドガール』が12月30日で完結しました。
 二人の若い女性の姉妹が交互に語り手となる記述法。
 同じ日常を別々の語り手が語るという面白い趣向。
 母親の死の真相はどうだったかというミステリー的な要素もあり、面白かった。
     
 著者の金原さんは二人の娘とフランス在住ということです。
「クラウドガール」の主人公姉妹の母親は作家で、父親はフランス在住?ということで、著者の家族関係も設定に生かされているようです。
 主人公の姉妹は、姉は優等生タイプで妹は奔放な性生活を送るヤンキー風。
 その妹の交際相手は、浮気性の軽い男。
 まあ妹チームは私とは相容れないコンビです。
 しかし浮気性ということは、人当たりも良く誰とも仲良くなれるということ。
 姉が付き合い始めた真面目な青年とも気軽に会話して仲良くなれるという特長を持っています。
 そうなんですよねえ。真面目だけが取り得の石部金吉の私には絶対にできない芸当。
 糞真面目な私とこの浮気性の二人と比べれば、人当たりがいいのは断然浮気性の二人です。
 人間と付き合うには真面目だけでは駄目で、ある種の浮気性だとか軽さだとかも必要なのだと悔しく思いながら読みました。
    
 作者の金原ひとみさんは、数年前に舌にピアスをして蛇のような舌になったとかいう小説で芥川賞を取って話題になりました。
 金原さんは私には想像もつかない世界を知っているんでしょうね。
 いい小説を描くには、色々な世界を知っていないといけないということです。
 私のように真面目な世界に閉じ篭っていては小説が描けない、とまた自己嫌悪。
   
 ついでに、金原ひとみさんと芥川賞を同時受賞した綿矢りささんも同時期に朝日新聞夕刊で連載が始まり、終わるという面白い試み。
 わたせせいぞうの挿絵のイメージがほとんどですが、綿矢りさ「私をくいとめて」も、二組のカップルが描かれました。
 こちらの主人公カップルは平凡ですが、幸せそう。
 やはり日常生活は平凡で幸せなのが一番ですね。
   http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20170105/p1

2017/03/21 17:10

投稿元:ブクログ

悲しい死に方をした母親を姉妹がどうとらえたのか。母親の死を境に姉妹の仲に亀裂が・・・。真逆の性格の姉妹がこの先、どういうふうに仲を修復していくのか。お互いを思いやる気持ちはあっても、その方向性の違いですれ違ってしまう。その歯がゆいさがなんともいえない内容でした。

2017/05/13 21:46

投稿元:ブクログ

綿矢りさと芥川賞ダブル受賞をしてから13年っていうことに同世代のわたしは驚いてしまった。そっか、あれから13年か。。
綿矢さんの私をくいとめてより、わたしはこっちのが好きでした。むしろホラーとまで思ってしまった。
以下ネタバレあります。

家族というものに焦点をあてているのだが、こんなもんな気がする。ホラーだと思ったのは理有がパパとスカイプしているというのが幻想だったということ。そこから一気に見方が変わってしまった。歪みすぎている。自分の頭の中に蓄積している記憶を、理想という夢を、そして現実を、ごっちゃ混ぜにし新たな事実を作り上げていること。誰しもがそうだと思う。嘘を言い続けているとそれはやがて本当にあったことだと錯覚を起こす。その錯覚はやがて錯覚でなくなる、ような気がする。
あの時ママは自殺した。ママの自殺を見殺しにした。ママは心筋梗塞ということになった。ママのことを自殺ではと世間は噂した。だけど本当にママは心筋梗塞で亡くなった。現実は???

杏と理有、違うようで似ていて、読み手がオロオロするくらい不安定。そのギリギリさが、すごく、すごく好きだった。

2017/01/22 10:47

投稿元:ブクログ

全く性格の異なる姉妹のお話。姉妹でも物事の捉え方や価値観が違う。共有する場合もあれば反発する場合もある。血の繋がりも大切だけど価値観が合う事は人間関係において一番重要だと改めて思う。濃密な一冊だった。

2017/03/19 18:19

投稿元:ブクログ

何が本当で、何が違うのか
よく分からない。
それが今の若い人達の姿なのか。
それとも自分が単純過ぎるだけで、世の中の大部分の人がそうなのか。

それもよく分からない。

2017/02/16 19:41

投稿元:ブクログ

久しぶりに金原小説を読んだ。
今まではなかなか同調できなかったこの世界に今回はすんなりと入り込んで読んだ、読んだ、けど、やっぱり金原小説だねぇ、と。
「オンナ」という生き物に対する嫌悪というか忌避というか、そういうのが底辺にあって。そういう部分をどうだどうだと見せつけられるので結構つらい。
だれもかれもが普通という枠組みからずれている。狂気の一歩手前はもしかすると生きやすい場所なのか。

2017/02/18 14:18

投稿元:ブクログ

????

 ごめんなさい。テーマと意味がわかりません。一時間ほどでさくっと読めちゃうけど、オチが理解できない。

2017/03/28 23:53

投稿元:ブクログ

 妹・杏の「私」、そして姉・理有の「私」。
 刹那にリアルを感じる美しい妹・杏と、規律正しく行動する聡明で堅実な姉の理有。
 その二人の「私」が交互に語るかたちで構成されている作品。

 その姉妹は「頑ななまでに一人で在り続け、ある一線を誰にも超えさせず、ただ小説とのみ溶け合っていた」母に育てられる(というよりは、共に生活する)なかで成長してきた。
 そんな理有は自らを振り返って語る。
「そんな母の一番近くにいながら、私は生まれてこのかた、ずっと虚しかった。そして気づくと私も母と同じように、誰とも溶け合えない人間になっていた」と。

 あからさまではないネグレクトを受けて育った姉妹の濃密な共感と狂おしいほどの反感が連綿と綴られてゆく。
 作品のクライマックスで語られるところの、出来事は一つでも真実は無数にあること、情報の取捨選択と解釈の在りようは、なんだか付け焼刃的に感じた。

2017/02/25 16:41

投稿元:ブクログ

‪母親や互いに対して複雑な感情を抱える姉妹の話…のはずなんだけど何かがおかしい。特に共通の知人の広岡が2人の視点を通すと印象がまるで異なるのである。不穏な空気を感じつつ読み進めるとクライマックスでヒューマンドラマから情報化社会を描く現代的な内容に変貌。「どの情報を採用するかという選択」か…‬

2017/02/11 15:50

投稿元:ブクログ

「だからクラウドなん?」と、いまいちスッキリしないが、なんとなく意味を見つける。
「〇〇ガール」とすると流行るし「クラウド」も流行ってるしで、何匹目のドジョウなのやら?
まぁ、中身は面白かったし良かったけど。

2017/04/30 11:00

投稿元:ブクログ

自分の信じたいことを信じる、生きたいように生きる......その代償として、私たちは分かり合えない。
憎悪や嫉妬や、醜い感情は現実の至るところに渦巻いているのに、どこにも絶対的な間違いも悪もなくて、誰が罰せられるいわれもない。
勧善懲悪のアニメが「意味わかんない」という杏の心理こそ、現代のリアルなのかも。

2017/01/30 00:33

投稿元:ブクログ

自殺した母が小説家という設定もあってか、金原ひとみという作者の作家性というか価値観というか精神性が姉と妹として分裂し、そして反応し合ってるかの様な印象で、それが思いの外作品として巧く整っている。