サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

東京23区教育格差
  • みんなの評価 5つ星のうち 1.5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/12/13
  • 出版社: マイクロマガジン社
  • サイズ:18cm/271p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-89637-604-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

東京23区教育格差

著者 昼間 たかし (著),鈴木 士郎 (著)

子どもの学力は住むところで決まる。東京23区内における学力の地域差、子どもの教育に必要な「予算」を解明し、地域差を生んだ原因を考察。それらを踏まえ、東京23区各区の成り立...

もっと見る

東京23区教育格差

994(税込)

東京23区教育格差

896(税込)

東京23区教育格差

ポイント :8pt / 紙の本より98おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

子どもの学力は住むところで決まる。東京23区内における学力の地域差、子どもの教育に必要な「予算」を解明し、地域差を生んだ原因を考察。それらを踏まえ、東京23区各区の成り立ちと、現在の教育事情を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価1.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2017/03/18 00:51

投稿元:ブクログ

あまりにキャッチーに捉えすぎ、かつ偏ってんなぁという面はあると思うのですが、ひとつの教育に対して興味を持つツールにはなるのかなと思いました。
拙宅では、世田谷区を愛する妻から「本好きなんでしょ」と渡されたのですが、特に世田谷区に好印象を持った訳でもなく。

この本は「東京23区の中から、教育に対してお得な区はどこか」を区別に洗い出そうとしたものだと思うのですが、とりあえず区別の評価は伝聞調での「○○中は良い、悪い」が並び、世田谷区の記載の半分は関東連合的な記載で埋められ(生徒の半分がそうなら構わないのですが)、江東区の学級崩壊ぶりがあげつらわれ、とセンセーショナルでキャッチーなところをつまみ食いした感がすごい。
とは言え、こういうネットの記事的なものを面白おかしく見ているうちに自分の考えが纏まってくることもあるので否定はできないのですが、本を買って読むほどじゃないのかもしれないですね。

なお、この本は「日本の良い大学」に子どもを入れる前提で話が進んでいるので、「うちの子はムン大に入れる」と言っているうちのような家には合わないかも。
…今調べたらムンバイ大学、結構入るの難しいみたいですね。

教育政策・歴史・事情 ランキング

教育政策・歴史・事情のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む