サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ロシア革命 破局の8か月(岩波新書 新赤版)
ロシア革命 破局の8か月(岩波新書 新赤版) ロシア革命 破局の8か月(岩波新書 新赤版)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/01/20
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波新書 新赤版
  • サイズ:18cm/232,4p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-431637-4
  • 国内送料無料
新書

紙の本

ロシア革命 破局の8か月 (岩波新書 新赤版)

著者 池田 嘉郎 (著)

ロシア革命から100年。これまで革命の障害のように見なされてきた立憲主義者・自由主義者らの奮闘に光をあて、新たな社会を模索した人びとが当時に賭けていた思いや挫折を臨場感あ...

もっと見る

ロシア革命 破局の8か月 (岩波新書 新赤版)

907(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ロシア革命から100年。これまで革命の障害のように見なされてきた立憲主義者・自由主義者らの奮闘に光をあて、新たな社会を模索した人びとが当時に賭けていた思いや挫折を臨場感ある筆致で描き出す。【「TRC MARC」の商品解説】

革命から一〇〇年。立憲主義・自由主義者らの奮闘と挫折を臨場感ある筆致で描き出し、革命の今日的意味を考える。【本の内容】

著者紹介

池田 嘉郎

略歴
〈池田嘉郎〉1971年秋田県生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程取得。同大学大学院人文社会系研究科准教授。専門は近現代ロシア史。著書に「革命ロシアの共和国とネイション」がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

臨時政府の「革命」

2017/01/30 20:47

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オタク。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

今年はロシア革命(及び「10月のクーデター」)から100周年なので、似たような本が何冊も出ると思うが、この本の主人公は主にカデットをはじめとする臨時政府を率いた人々である。ツァーリの退位とミハイル・アレクサンドロヴィチ大公の即位の辞退からボリシェヴィキと左派エスエルによる「十月革命」への道は、ちょうどトロツキーの「ロシア革命史」で書かれた時期に当たる。良くも悪しくもロシア帝国を束ねていたツァーリの退位がロシアという国家を崩壊させるきっかけとなったが、臨時政府を率いた人々は、そこまで考えられなかっただろう。リューリク朝の滅亡からミハイル・ロマノフの即位に至るスムータが、まさしく重なる。そのスムータへの道を淡々と書いている。
 ツァーリと帝政の評判がよくなかったから亡命を受け入れる国々がなかったにしても、ケレンスキーが「ロシア革命のマラーにならない」と分かっていた事がボリシェヴィキには分からなかった。ボリシェヴィキが国家をドイツ軍に売ってまでして権力を掌握しようとした集団なのに、エスエルやメンシェヴィキをはじめとする社会主義者達は「革命の同志」だと錯覚していた。この本の言い方を借りれば善意で、有り体に言えばボリシェヴィキの本質を見抜けなかった革命家達の無能ぶりが出ている。ソルジェニーツィンが「収容所群島」で批判しているように経済事情が良くない時代のソ連の監獄に投獄されていた革命家達が自分達の特権を守る為に「闘争」をしていたのが、彼ら彼女らの実態と言えるだろう。ただ、これはヒトラーの政権掌握にも言える事だが、ボリシェヴィキの独善性と暴力支配を知った後世の立場から当時の人々を論じるのは危険だと思う。「人民大衆」はボリシェヴィキの恐怖政治より臨時政府の復活(または帝政復古)の方が結果的には良かったのに、まだ見ぬ「一党独裁」と「収容所群島」より存在していた権力の復活を恐れていた。
 二月革命からボリシェヴィキの勝利に至る時代は「諸民族の牢獄」と言われていたロシア帝国から諸民族が独立を目指した時代とも言えるが、この本の舞台がペトログラードで新書版では収まりきれないので、取り上げられているのはヨーロッパに限定されている。
 カデットから社会主義者へと権力が移行する臨時政府ではボリシェヴィキの独裁を防ぐには軍人達による独裁しか方法がなかったと思うが、国内戦での過程を見ていると無理だったのは分かる。軍人達もムスタファ・ケマルのような「ガリポリの英雄」という名声とカリスマ性を持った人がいなかったし、スペイン戦争でのフランコ将軍のような反共の一点しかなかった国民戦線を無理矢理自己を中心とした発想もなかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

無能な味方

2017/02/28 10:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コーク - この投稿者のレビュー一覧を見る

打倒されてしまった臨時政府の側にスポットを当てた本書であるが、その後半部はドラマのようなスリリングな展開であった。
殊に一人の善意を持った人物が繰り広げる「狂言」によって臨時政府の実力者が分裂し結果として臨時政府を崩壊に導いた事例は、無能な味方の恐ろしさを端的に表している。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ロシア革命100年

2017/01/30 17:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ニッキー - この投稿者のレビュー一覧を見る

ロシア革命から今年で100年になります。それもあって本書が世に出たのでしょう。考えて見れば、何巻もある世界の歴史の1冊としてロシア革命は出てきますが、新書や文庫の単体でロシア革命についての本は、少ないです。本書は、ロシア革命の経過が生き生きと描かれています。お勧めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/05/22 06:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/28 17:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/12 11:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/06 18:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/05 20:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/26 14:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/09 15:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/18 16:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/30 00:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む