サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

文庫解説ワンダーランド(岩波新書 新赤版)
文庫解説ワンダーランド(岩波新書 新赤版) 文庫解説ワンダーランド(岩波新書 新赤版)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 29件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/01/20
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波新書 新赤版
  • サイズ:18cm/244p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-431641-1
新書

紙の本

文庫解説ワンダーランド (岩波新書 新赤版)

著者 斎藤 美奈子 (著)

夏目漱石、川端康成、太宰治、松本清張、赤川次郎、渡辺淳一…。文庫本の巻末の「解説」は、読者を興奮と混乱と発見にいざなうワンダーランドだった! 痛快極まりない、抱腹絶倒の「...

もっと見る

文庫解説ワンダーランド (岩波新書 新赤版)

907(税込)

文庫解説ワンダーランド

907 (税込)

文庫解説ワンダーランド

ポイント :8pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS XMDF 1.0MB 無制限
Android XMDF 1.0MB 無制限
Win XMDF 1.0MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

夏目漱石、川端康成、太宰治、松本清張、赤川次郎、渡辺淳一…。文庫本の巻末の「解説」は、読者を興奮と混乱と発見にいざなうワンダーランドだった! 痛快極まりない、抱腹絶倒の「解説」批評。『図書』連載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

『坊っちゃん』『なんクリ』『永遠の0』。快刀乱麻の「解説の解説」が、幾多の文庫に新たな命を吹き込む!【本の内容】

著者紹介

斎藤 美奈子

略歴
〈斎藤美奈子〉1956年新潟県生まれ。児童書などの編集者を経て、文芸評論家。「文章読本さん江」で小林秀雄賞を受賞。ほかの著書に「名作うしろ読みプレミアム」「ニッポン沈没」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

丸善ジュンク堂書店のPR誌「書標」2017年2月号より

書標(ほんのしるべ)さん

文庫を買うとき、解説がついているかどうかを気にするということはあるだろうか。聞いたことのない著者だけどどんな人? 新刊の翻訳ミステリーみたいだけど本国ではいつ発行されたもの? 感想文を書かないといけないから何か参考になる情報は? など、解説を読むシチュエーションはいろいろあるだろう。だが絶対必要でもないのが解説である。その「おまけ」について掘り下げてくれるのが、自称「解説の女王」斎藤美奈子さん。
「文庫解説は本を読む人が日常的に目にするもっともカジュアルな批評文」であり、「そのわりにはちゃんと光が当たっていないのはもったいない」という観点から、近代文学から現代文学、外国文学やミステリーまで、鋭いツッコミを入れてくれる。こんな解説の読み方があったんだ! まさにワンダーランドに連れて行ってくれる本である。

みんなのレビュー29件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (13件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

斜め読みのブックガイド

2017/03/18 08:41

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

文庫本には「解説」がついているとずっと思ってきた。
 ところが、最近では「解説」のない文庫本も出回っている。文庫本に栞のひもがつかなくなったように。
 やはり、それはかなり損をした気分である。
 今はどうか知らないが、太宰の昔の文庫本には奥野健男の良質な太宰小論が「解説」としてついていたりして、それは読みごたえがあったものだ。
 それでも今は文春文庫の東海林さだおさんの「丸かじり」シリーズの文庫本「解説」が楽しみで読み続けている。(この新書にこの「解説」が解説されていないのが残念)

 そんな文庫本「解説」を解説したのがこの本である。
 書いたのは辛口批評の元祖ともいえる、斎藤美奈子さん。
 「もう一度いうけど、ふざけてる?」なんて、斎藤さん節が炸裂している。
 この作品は元々岩波書店のリトルマガジン「図書」に連載されていたもので、岩波文化とまでいわれた社風に、よくぞここまで書いたものだと感心するのは昭和の人間ばかりかもしれない。
 今の時代これぐらい書かないと。

 それではこの新書でどんな作品、文庫本がやり玉にあがってるかというと、夏目漱石太宰治川端康成なんかは定番中の定番。
サガンとかチャンドラーとか外国文学の「解説」を集めた「異文化よ、こんにちは」は読みごたえ十分。
 村上龍や渡辺淳一の「解説」まであるのは、りっぱというか、このワンダーランドの広がりを痛感する。(だったら、東海林さんも書いて欲しかった)

 この新書、よくよく読めば、斜め読みのブックガイドでもある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

解説も立派な読物

2018/05/31 02:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヒトコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

文庫本はあとがきやら解説があるのでお得感がある。
私もそれを結構楽しみにしていてたが、
本編ではなくそれらだけに注目して批評するという視点が面白く、しかも痛烈。
著名な作家たちの解説も結構トンチンカンだったりするのだ。
文庫解説を読むのが今まで以上に楽しみになった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

相変わらずパワフル

2017/05/31 00:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Chocolat - この投稿者のレビュー一覧を見る

彼女の読書に対する、粘着質とも言えそうな情熱に触れると、自分も元気になれる気がする
作品に対して、バッサバッサと切り捨てるいつもの語り口も面白いけれど、今回は、ちょっと昔の作品も含め、文庫本の解説を解体するという切り口で、あの人がこんなところに書いていたのか!などという驚きや、様々な面白解説が紹介され、クスクス笑い、時々爆笑で堪能
今までも解説は読んでいたけれど、これからは、もっと粘着視点で楽しみたい

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/10/18 23:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/27 12:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/02 17:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/08 20:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/13 06:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/29 08:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/12 12:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/10 16:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/19 22:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/08 16:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/24 17:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/03 23:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。