サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

とめられなかった戦争(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/02/10
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/181p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-790800-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

とめられなかった戦争 (文春文庫)

著者 加藤陽子 (著)

なぜ戦争の拡大をとめられなかったのか、なぜ敗戦の1年前に戦争をやめることができなかったのか。満州事変、日中戦争、日米開戦、サイパン陥落から歴史をさかのぼり、戦争へと突き進...

もっと見る

とめられなかった戦争 (文春文庫)

594(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

なぜ戦争の拡大をとめられなかったのか、なぜ敗戦の1年前に戦争をやめることができなかったのか。満州事変、日中戦争、日米開戦、サイパン陥落から歴史をさかのぼり、戦争へと突き進んだ激動の昭和を土地と史料から考察する。〔「NHKさかのぼり日本史 2」(NHK出版 2011年刊)の改題〕【「TRC MARC」の商品解説】

NHK教育テレビ「さかのぼり日本史」で放送された内容をもとに作った単行本「NHKさかのぼり日本史②昭和 とめられなかった戦争」の文庫化です。
「それまで侵略はなかった」と主張し続けてきた安倍首相に真っ向から対抗し、歴史家としての気概を見せた加藤陽子東京大学大学院教授。いまいちばん旬な歴史学者の加藤教授が、語り下ろし形式で、日本の近現代史をわかりやすく解説した本です。
本書は、「なぜ戦争の拡大をとめることができなかったのか」「なぜ一年早く戦争をやめることができなかったのか」がテーマ。繰り返されてきたこの問いを、人々の思いが今なお染みついた土地と史料から考え、日本の近現代史をわかりやすく解説していく歴史ガイド。

第1章 敗戦への道――1944年(昭和19年)
第2章 日米開戦 決断と記憶――1941年(昭和16年)
第3章 日中戦争 長期化の誤算――1937年(昭和12年)
第4章 満州事変 暴走の原点――1933年(昭和8年)【商品解説】

なぜ戦争の拡大をとめることができなかったのか、なぜ1年早く戦争をやめることができなかったのか。繰り返された問いを解説する。【本の内容】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

戦争のトラウマ」にとらわれずに歴史を見ることの必要性

2018/05/20 23:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たあまる - この投稿者のレビュー一覧を見る

歴史書ですが、教育テレビの番組に添って書かれており、文庫本で薄くて字も大きくて、読みやすい本です。
なぜあんな戦争をしてしまったのか、がやさしく書かれています。
近代史を、「あえて現在の自分とは遠い時代のような関係として見る感性」が必須の知性であるという最後の一文には、最初、戸惑いました。
戦争や平和を「自分ごと」としてとらえることが大事だと思っていたからです。
しかし、「戦争のトラウマ」にとらわれずに歴史を見ることの必要性、と考えたら腑に落ちました。
その解釈は同時期に読み終えた別の本から得た発想です。
同時並行で何冊かの本を読んでいると、こういうシンクロは時々起きることです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

時間軸をさかのぼっていく記述が斬新

2017/04/19 14:13

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴんさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

1944年「敗戦への道」にはじまり、1941年「日米開戦 決断と記憶」、1937年「日中戦争 長期化の誤算」、1933年「満州事変 暴走の原点」という風に、読み進めるとともに時間がさかのぼっていく。「なぜ?」という問いを突き詰めていく記述方式が、こういう形をとらせることになったのだろう。もともとがNHKのテレビ番組なので、読みやすく進められる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/12/18 12:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/29 06:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/13 10:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/12 18:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/02 21:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/09 09:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/09 15:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/03 17:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/06 13:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る