サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. 赤松小三郎ともう一つの明治維新 テロに葬られた立憲主義の夢

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

赤松小三郎ともう一つの明治維新 テロに葬られた立憲主義の夢
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/12/17
  • 出版社: 作品社
  • サイズ:20cm/211p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86182-604-7
  • 国内送料無料

紙の本

赤松小三郎ともう一つの明治維新 テロに葬られた立憲主義の夢

著者 関 良基 (著)

維新直前に暗殺された、大政奉還の隠れた立役者・赤松小三郎。その生涯を紹介し、彼の唱えた議会政治が現在の日本国憲法の理念と較べて何ら遜色のない内容であり、社会的支持も得てい...

もっと見る

赤松小三郎ともう一つの明治維新 テロに葬られた立憲主義の夢

1,944(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

維新直前に暗殺された、大政奉還の隠れた立役者・赤松小三郎。その生涯を紹介し、彼の唱えた議会政治が現在の日本国憲法の理念と較べて何ら遜色のない内容であり、社会的支持も得ていた事実を明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

関 良基

略歴
〈関良基〉1969年信州上田生まれ。京都大学大学院農学研究科博士課程修了。博士(農学)。拓殖大学准教授。著書に「自由貿易神話解体新書」「社会的共通資本としての水」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

明治建国神話、明治維新の「近代化神話としての現代性」を浮き彫りにする赤松小三郎の復権。

2016/12/31 23:54

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:猿面次郎冠者 - この投稿者のレビュー一覧を見る

長州及び薩摩の武力倒幕過激派武士の刀によるテロリズムから英国製の銃砲による内戦によって長薩専制権力を実現することになった、政治理念抜きの覇権クーデターが明治維新であること、これは原田伊織氏のよく知られた一連の著作をはじめとする「司馬史観」批判によって定着したかに思えます。
 原田氏等はテロリズムを先行させた武力クーデターという「闇の暴露」というフォーマットで一貫しているわけですが、本書はまったく異なるアプローチによって歴史の迫真性と本来の生命力を提起するものとなっています。

 闇の解明という点については本書の目はさらに深く広く、内戦による武器市場の創出という思惑を含む「自由市場化」を目論むイギリスの存在が明治維新の決定的なトリガーになっていることを、西郷隆盛の公議政体論から武力倒幕論への転向に注目して明らかにし、すべてをあくまで国内問題として見る「国史」史観の制約を軽々と乗り越えています。

 じつは驚くべきことに、当時において公議政体論すなわち近代民主主義政治機構への平和的な移行論がじつは主流であったと思われるとのことです。
 しかし、もっとも先進的な公議政体論の提唱者であり、薩摩藩内において島津久光や薩摩藩家老小松帯刀までを含んで大きな思想的影響力を持っていた赤松小三郎を、西郷の手のものである人斬り半次郎(のちの陸軍少将桐野利秋)の刀によるテロで葬ることを契機にして、強引な方向転換がおこなわれたわけです。本書はこの事情を明確に追跡しています。

 またあわせて、明治維新クーデターと一体となって設立された東京招魂社、すなわち靖国神社が、幕末長州ルーツの異形の新興宗教に起源を持ち、それが国家神道と化してゆくことが明治建国神話の成立そのものであることが印象深く述べられています。

 本書は、人びとに光を届けようとした赤松小三郎を強引に歴史から抹殺することによって明治建国神話が近代化神話として成り立ったことを明らかにし、これによって闇の暴露ではなく光の発見としての明治維新論となっています。

 思いますに、独裁的非民主的政権を打倒するという民主革命の「カラー」をまとった現代の政変クーデター及び内戦と明治維新は皮肉にも酷似しています。この近代的民主化という「錦の御旗」の虚妄性を、赤松小三郎の真に先進的な民主主義政体論(憲法構想)の復活が白日のもとにあきらかにすることを本書は立証しています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/02/13 00:24

投稿元:ブクログ

プロローグ文末に添えられた不穏な一文――
「言うまでもないことであるが、実証的な史実を除く、日本政治のあり方についての本書の内容は、あくまでも私個人の見解であり、研究会を代表するものではないことを申し添えておく」
――著者の覚悟であり、至極妥当な警告文でもあったと思う。

決して品の良い本ではなかった。人にたとえるならば、正しく某米国新大統領こそドンピシャといえる。
大いに“炎上”すべきである。
そのただ中、又その先に見るものこそが本書の真価であろうし、赤松の「夢」への道筋ではないか。

副題にあるように、本筋はわが国の憲法制定をめぐる出来事を軸として展開され、現状においてなお「スルー」され続ける赤松案の位置づけを探る。
巻末付録として時系列に収録された4本の憲法草案(赤松「口上書」・薩土盟約「約定書」・龍馬「八策」・「五箇条の御誓文」)を順に追って概観される変遷が興味深い。

主題の人物は信州上田の人であり、著者もまた上田の人であるらしく、上田から目線の“維新”物語でもある。

尚、本レビューを書いているのも上田の人であることから、評価に当たっては若干どころでないバイアスがかかっているかもしれない。

日本 ランキング

日本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む