サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

アウトレットポイント5倍キャンペーン ~8/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

火花(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 203件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/02/10
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/180p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-790782-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

火花 (文春文庫)

著者 又吉直樹 (著)

【芥川賞(153(2015上半期))】【新風賞(第50回)】奇想の天才である一方で人間味溢れる神谷、彼を師と慕う後輩徳永。芸人の2人が運命のように出会い…。笑いとは何か、...

もっと見る

火花 (文春文庫)

626(税込)

火花

500 (税込)

火花

ポイント :4pt / 紙の本より126おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.1MB 無制限
Android EPUB 6.1MB 無制限
Win EPUB 6.1MB 無制限
Mac EPUB 6.1MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア
文庫 全品
ポイント2倍キャンペーン
こちらは「本の通販ストア 文庫 全品ポイント2倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年8月1日(水)~2018年8月31日(金)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【芥川賞(153(2015上半期))】【新風賞(第50回)】奇想の天才である一方で人間味溢れる神谷、彼を師と慕う後輩徳永。芸人の2人が運命のように出会い…。笑いとは何か、人間が生きるとは何なのかを描ききる。芥川賞受賞記念エッセイ「芥川龍之介への手紙」も収録。〔2015年刊に「芥川龍之介への手紙」を収録〕【「TRC MARC」の商品解説】

第153回芥川賞を受賞し、2015年の話題をさらった「火花」が文庫化。受賞記念エッセイ「芥川龍之介への手紙」を併録。【本の内容】

収録作品一覧

火花 5−171
芥川龍之介への手紙 172−180

掲載中の特集

小説 映画化をテーマに10作品以上をラインナップしています。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー203件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

遅ればせながら・・・

2017/12/13 18:01

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いーぐるぴーぐる - この投稿者のレビュー一覧を見る

話題作を読みました。率直に言って、とにかく面白かったです。描写の緻密さもさることながら、ストーリーそのものが飽きさせないので、ぐんぐん読み進めることが出来ました・・・と言うより、自然にページを繰ってました。著名人の著作・・・と言うより、本当に有能な方の手による読み応えのある一冊でした。 この作者の次回作も読んでみたいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

言葉使いがうまい、引き込まれる

2017/05/06 23:57

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:心穏やかに生きたい - この投稿者のレビュー一覧を見る

賛否両論ある中、読み進めていくと文章表現がうまい。
言葉に深みと広がりが生まれ、
読み手の世界観がこんなに広がるのかと、また読み返したくなる1冊でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

おもしろい

2017/03/25 21:24

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:リンダ - この投稿者のレビュー一覧を見る

まだ読んでいる途中なのですが、又吉さんの独特な表現の仕方などがとても良いと思いました。皆さんも読んでみてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人生は美しくて生臭い

2017/03/20 13:51

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふぇりさ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「諦めなければ夢は叶う」「自分らしさを貫くことが大事」世間に認知されファンが多数いる芸能人であれば、そんな直球メッセージを込めた小説を書いたほうがイメージ戦略的には良いのかもしれない。ましてやお笑いという、観衆をハッピーにさせる仕事であればなおさら。
この「火花」はそういったメッセージ性の強い作品ではない。何かを諦めるのは怖いことであり、それでも諦めるという選択肢をとることがあり、諦めずに自分というものを貫くことがただひたすらに美しいものではない。そこに描かれているのはメッセージではなく人間だ。そして、おそらくは長年の苦労を経てようやく栄光をつかんだであろう、これだけのブレイク芸人でありながら、作者の目線は決して傲慢になることなく、自分の立ち位置をあくまでただのひとりの人間としていることがわかる。

物語は淡々と流れていくが、徳永のくすぶる気持ちが手に取るようにわかり、私とは縁のないキラキラした世界の、想像以上にドロッとした側面を見せつけられたような気がする。どこに生きていても、何をしていても、人間は人間でしかない。
作者がお笑い芸人だからその世界のことしか書けないという見方もあるのかもしれないが、たとえ同じ世界に生きていても、ここまで人間をよく観察し、自分をよく内省する人間がどれだけいるだろうか。個人的には徳永が神谷を、ある出来事について”模倣だ”と糾弾する場面が一番身につまされた。徳永の嫉妬と神谷の無邪気さと、神谷自身が気が付いていない焦りの影が現れているように感じる。

全編を通して作者の内省力の高さ、人間(もしかしたら彼の仲間たち)に対するあたたかいまなざしを感じる良作。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読んでみたら、良かった。意外でした。

2017/07/09 01:31

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:てつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

劇場とセットで読みました。申し訳ないが、又吉先生のことバカにしてました。面白かった。内容もぐっとくる。しかし、お笑いの世界も大変ですね。先輩、おっぱい大きくするって反則ですよ。綾部が、NYからおっぱい大きくして帰ってきたら、傑作になる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

芥川賞

2017/03/24 11:06

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:端ノ上ぬりこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

芥川賞作品を今まできちっと読んだことが無いような気がする。ここ最近は無い。文庫で出版されたので読んだ。話題性だけではなく、芥川賞なんだ、と納得しました。又吉さんすごいですね。純文学ブラボーって感じ。(軽すぎ!失礼)話の中心が徳永と神谷の二人。お笑いの世界もさることながら、夢を追いかけ、自分がどこに向かい何を求めどうしたいのか・・・、若者の純粋さやら影やらあきらめやら、「純」という言葉が底に流れている作品だと思った。多くの文学作品を消化している人なのだろうと、感じました。又吉さん素晴らしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

表現は難しいのですが、

2018/05/01 01:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:k - この投稿者のレビュー一覧を見る

文学的な表現は、やはり読み慣れずむずかしい部分もありましたが、それでも自然と脳内に広がる背景。わからなくても、感じることのできる表現の素晴らしさに感嘆しました。映画をみているような感覚で読み進める事ができました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

花火

2017/02/18 19:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

久しぶり純文学。又吉先生の豊富かつ卓越した語彙力と表現力には驚きました。
 内容は、青春時代の様々な葛藤について、漫才を通して描いています。才能とは、大人になるとは、純粋とは、夢を諦めるとは、夢を諦めないとは、生きるとは、友情とは、そして道を極めることの難しさと滑稽さ、出会いと別れ等を描き切っています。あまり夢なんて考えたことのない自分の青春時代は、徳永や神谷のように人生に向かい合っていただろうか。何となく毎日を過ごしていたような気がします。そんなことも思いながら一気に読み終わりました。序盤は純文学特有の退屈さがありましたが、又吉氏の確かな才能を感じることが出来る本でした。
 そして、クライマックスのスパークスの漫談には、不覚にも涙してしまいました。ところで、滑稽なラストエピソードは笑っても良いところでしょうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

漫才を生業とすること

2017/02/18 15:44

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たにみず - この投稿者のレビュー一覧を見る

又吉さんの漫才に対する考えや意図がみえ、
「人を笑わせる職業って、そういうことか」と言われてみればわかることが多々ありました。
又吉さん自身の人間としての面白さが見えて良かったですが、
その表現方法が漫才の方が良いのか小説の方が良いのかは
これからの作品に期待しています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

直木賞受賞で

2017/08/09 00:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:TAKA - この投稿者のレビュー一覧を見る

期待ほど面白くなかった

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

純文学です

2017/05/31 21:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:melon - この投稿者のレビュー一覧を見る

最後の漫才のところは感動をおぼえました。
ただ全体的に純文学的であり、続きがどうなるのかというわくわく感はありません。最後の漫才を除いてそれほど印象に残るエピソードもあまりないんですよね。
もっともそれほど分量が多くないので、すぐ読めると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

意外だった

2017/05/20 15:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

又吉直樹の作品を読むのは初めてだったが、予想していた内容と異なっており驚きが多かった。主人公がお笑い芸人ということで、作家本人と重ねて書かれていたのかと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

又吉の花火

2017/05/19 11:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:高山 - この投稿者のレビュー一覧を見る

お笑いの又吉が芥川賞を受賞した花火が文庫本で登場した。今やテレビに引っ張りだこで合い方はニューヨークへ逃避した。売れない芸人を描いた自叙伝的な本であるが次にどのような作品を書くか期待される。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

哲学的なお笑いの世界

2017/03/13 10:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:touch - この投稿者のレビュー一覧を見る

待望の文庫化。
お笑いに対する向き合い方が、どこか哲学的でもあり、極めて平凡な一般人である私には理解できない部分も多々あったが、主人公の揺れ動く心情は、とても情感にあふれていて、面白く読み進めることができた。
なるほど、この文体は文学的であり、直木賞ではなく、芥川賞だと納得した。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

正直期待外れでした。

2017/07/17 15:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドブネズミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

内容自体は、売れない芸人とその先輩との日々を綴っているのですが、
主人公のベースは又吉で先輩はたぶん千鳥の大悟がベースなんじゃないかな。
(勝手な想像ですが・・・)
その二人の飲み屋などでのやり取りも正直つまらないし、
物語にあまり広がりがなく、すごい寒いオチで終わってしまった。
正直、吉本の芸人が小説を書いたというだけで芥川賞が
とれたのかなって感じですね。
吉本の力はすごいっす。
文章は独特の表現等は有るものの話がつまらないというか、
広がりを全然見せないので全体的にガッカリな仕上がりとなっております。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する