サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア OP 5%OFFクーポン ~2/29

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 自然科学・環境の通販
  4. 地球科学・気象の通販
  5. 扶桑社の通販
  6. 洞窟ばか すきあらば、前人未踏の洞窟探検の通販

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/01/11
  • 出版社: 扶桑社
  • サイズ:19cm/239p 図版16p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-594-07625-2

紙の本

洞窟ばか すきあらば、前人未踏の洞窟探検

著者 吉田 勝次 (著)

ときに10日間以上洞窟に入りっぱなしのことも。何度死にかけても、暗闇の先にある誰も見たことのない世界がどうしても見てみたい! 洞窟探検家が自身の半生を振り返りながら、洞窟...

もっと見る

洞窟ばか すきあらば、前人未踏の洞窟探検

税込 1,540 14pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ときに10日間以上洞窟に入りっぱなしのことも。何度死にかけても、暗闇の先にある誰も見たことのない世界がどうしても見てみたい! 洞窟探検家が自身の半生を振り返りながら、洞窟愛を綴る。【「TRC MARC」の商品解説】

暗闇の先に広がる誰も見たことのない世界が、どうしても見てみたい!

「なぜ洞窟か?」と聞かれれば、「そこに未知の世界があるから」。
17㎝の隙間があれば身体を押し込み、泥にまみれ、ロープに吊り下がり、落石で肩を砕かれたこともある。そこに現れるのは、荘厳な鍾乳石のホールであり、何十メートルもそびえ立つ氷の柱であり、水の張った美しい棚田のプールであり……。地下には想像を絶する素晴らしい世界が広がっている。
しかしそれ以上に吉田を駆り立てるのは「未踏」だ。人類で初めて自分が足を踏み入れる空間。その興奮が吉田を洞窟のとりこにした。

ロープ1本で400メートルの縦穴(東京タワーがすっぽり入る)を下りる恐怖や
最長では11日に及ぶという洞窟内での過ごし方(排泄物は持ち帰る!)、
ベトナムで見つけた火山洞窟があとから大発見だと判明したりなど、
洞窟探検譚はもちろん、洞窟内で遺体を発見した仰天エピソードから、真剣に取り組む洞窟ガイド育成まで、「洞窟のおかげで人生が豊かになった」という洞窟愛がこれでもかと詰まった1冊。

破天荒な行動と憎めない人柄、何よりも、洞窟にかける情熱とときめきに、こちらまで胸が熱くなる。人なつっこくて怖がりで、ロマンチストで、たまにアホ。
読んだら元気が出ることは間違いない。
【商品解説】

著者紹介

吉田 勝次

略歴
〈吉田勝次〉1966年大阪府生まれ。洞窟探検家。(有)勝建代表取締役、(社)日本ケイビング連盟会長。洞窟をガイドする事業「地球探検社」、洞窟探検チーム「JET」等主宰。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

丸善ジュンク堂書店のPR誌「書標」2017年2月号より

書標(ほんのしるべ)さん

趣味は、と問われて「自転車です」とか「登山です」と答える人は周りにいると思う。最近なら「ボルダリングです」なんて人もいるかもしれない。でも「洞窟探検です」という回答を聞く機会はたぶんない。「未踏洞窟を探して海外遠征もしてます」なんて、まずありえない。
本書は喧嘩でも登山でも昇華しえなかったエネルギーを持て余した著者が洞窟に出会い、どのような活動をしつつ今に至るかを綴った半生記である。一般に洞窟といえば秋芳洞や富士五湖が浮かぶだろう。だが著者が求めているのは洞窟観光ではない。誰も入ったことのない洞窟を探し、潜り、その深奥に到達したいという「探検」なのである。東京タワーより深い穴にロープ一本で降りたこともあるし、狭い隙間で動けなくなって死の恐怖に怯えたこともあるという。冷静に考えたら「そんなのやめときなよ」と思う。でも、一尺の幅もない隙間に潜り、抜けた先に体育館より大きなホールがあったら感動するだろう。ライトの照り返しで白く輝く鍾乳石があったら、きっと生涯忘れないだろう。少し羨ましく思う。
本書の冒頭にはカラー写真が多数掲載されている。どれも「見てみたい」と思う素晴らしい景色だ。あと5メートル先にこの景色があるかもしれないと思ったら「そりゃやめられないよね」と思う。そこには功名心も新種の生物を探そうという下心もない。ただただ「未知の場所を探検してみたい」という一念のみで20年以上洞窟探検をしているのだから清々しいまでに「ばか」である。

みんなのレビュー16件

みんなの評価4.0

評価内訳

電子書籍

わくわく出来て一気に読めた

2019/10/27 04:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:朝4時 - この投稿者のレビュー一覧を見る

パワフルな本だった。ガキ大将気質の著者がぐいぐいとした前のめりの語り口調で洞窟探検を語っており、勢いよく楽しく一気に読むことができた。きっと、彼の洞窟人生やその他、本業の仕事にしてもこの溢れるような力強さや楽しげな雰囲気に人が集まり、協力して形作られたのではないかと、感じた。

また、好きな事をやるには独学や一人での下調べなど、他人に頼らずに行動する事も大切だと思った。

一人でやる事と皆なに協力を求める事のバランスがとても良いと思った。

洞窟における怖さやワクワク感も沢山書いてあり、冒頭の写真も綺麗だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。