サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

源氏姉妹

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/01/20
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/252p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-398509-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

源氏姉妹

著者 酒井 順子 (著)

馴れ初め、受けた仕打ち、そして閨の技術…。酒井順子のリードで、光源氏とのまぐわいを通じて肉体の〈姉妹〉となった元カノたちが愛欲の日々を赤裸々告白する。源氏物語が心底わかる...

もっと見る

源氏姉妹

1,620(税込)

源氏姉妹

1,296 (税込)

源氏姉妹

ポイント :12pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
5%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!5%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月15日(金)~
2017年9月21日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

馴れ初め、受けた仕打ち、そして閨の技術…。酒井順子のリードで、光源氏とのまぐわいを通じて肉体の〈姉妹〉となった元カノたちが愛欲の日々を赤裸々告白する。源氏物語が心底わかるイタコ随筆。『小説新潮』掲載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

千年経てば、時効ですよね? 光源氏のすべてを知る元カノたちが本音を暴露! セフレ関係をエンジョイした。セックスレスに悶えた。他の女の影に苦しんだ。肉欲を遮断して宗教に逃れた……源氏の君を通じて「姉妹」となった身分も性分も多彩な女たち。その赤裸々な「しちゃった」体験談が光源氏という男の真の姿を浮かび上がらせる。現代人が心底共感できる最強・最エロの「源氏物語」リミックス誕生!【商品解説】

著者紹介

酒井 順子

略歴
〈酒井順子〉1966年東京生まれ。広告会社勤務を経てエッセイ執筆に専念。「負け犬の遠吠え」で講談社エッセイ賞、婦人公論文芸賞を受賞。ほかの著書に「子の無い人生」「地震と独身」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

エロい,エロすぎる

2017/04/30 11:27

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コアラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

エロい,エロすぎる。久々に上質のポルノグラフィを読んだ気がする。なるほど「源氏物語」ってポルノだったのですね。そんなものをケダモノである高校生に教科書で読ませてよいものでしょうか(笑)?(古文の教科書に「源氏物語」が入っているかどうかは調べていません。)昔読んだときは古文の読みにくさで全然見えていなかったものが,酒井順子のぶっ飛んだ超訳で赤裸々に…。おそらく平安時代のお姫様は,こんなふうに読んでいたのでしょうね。あぁ,いやらしい。そりゃヴァージニア・ウルフがのけぞるはずですわ。古代日本語で読むのはつらいので,Arthur Waleyの典雅な翻訳で通読してみよう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

つまらなくはない

2017/05/03 09:32

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:リリト - この投稿者のレビュー一覧を見る

平安時代の読者には「あるある」「わかるわかる」という感じで読まれて人気があったんだろうな、という感じの『源氏物語』、風俗や状況は変わっても、女性の気持ちって現代とそんなに違っていませんよ、と、その登場人物たちを現代に引き寄せて見せてくれた一冊。恋愛ドラマが好きな読者なら、これのおかげで「あるある」「わかるわかる」が味わえるかもしれない。
才女の著者らしい本ですね、とはいえるが、自分はそういう種類の読書はあまり好きではないので、一度読んだら十分という感じしかしませんでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

実録☆源氏と女たち 的な

2017/07/25 14:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しらふ - この投稿者のレビュー一覧を見る

油断して読みにかかったら想像以上にえろいわ下世話だわ声出して笑うわで大変。最後のほうは少し冗長かなと。対談のところは必要なかったように思う。筆者の弘徽殿女御推しで彼女目線のスピンオフとかがあれば楽しめたかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

シスターズってそういう意味!ブラザースも有り。

2017/09/10 17:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヒトコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

古典源氏物語は冒頭だけ読んで長らく本棚に積んだまま。全編の内容は、円地源氏と「あさきゆめみし」で知ったが、光源氏はヒーローではなく狂言回しの様だと思った。特にあさきゆめみしで読んだ六条御息所の無念さと女三宮降下後の紫の上の絶望感には同情を禁じえず、源氏の身勝手さに怒りさえ感じた。その源氏と関わった女性たちを姉妹(シスターズ)と呼んで現代の価値観から語り直したこの作品、とても共感出来たし面白かった。後半の女君たちの座談会もとても楽しめた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/07/11 01:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/30 17:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/16 01:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/12 00:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/06 21:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/10 09:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/02 22:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/25 16:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/16 20:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/05 13:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む