サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

いのちの車窓から
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 22件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/03/30
  • 出版社: KADOKAWA
  • サイズ:19cm/197p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-069066-7
  • 国内送料無料

紙の本

いのちの車窓から新刊

著者 星野源 (著)

ドラマ「逃げ恥」「真田丸」、ヒット曲「恋」に「紅白」出演と、怒濤の日々を送るなかで紡いできた風景、心の機微−。星野源の魅力、そのすべてがわかる、誠意あふれるエッセイ集。『...

もっと見る

いのちの車窓から

1,296(税込)

ポイント :12pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ドラマ「逃げ恥」「真田丸」、ヒット曲「恋」に「紅白」出演と、怒濤の日々を送るなかで紡いできた風景、心の機微−。星野源の魅力、そのすべてがわかる、誠意あふれるエッセイ集。『ダ・ヴィンチ』連載に書き下ろしを追加。【「TRC MARC」の商品解説】

星野源、エッセイ最新刊!

星野源が、雑誌『ダ・ヴィンチ』で2014年12月号より連載をスタートした、エッセイ「いのちの車窓から」に、書き下ろしを加えて単行本化。
ドラマ「逃げ恥」、「真田丸」、大ヒット曲「恋」に2度目の「紅白」出演と、怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに。
星野源の面白さと、哲学と、精確さのすべてを注ぎ込んだ、誠意あふれるエッセイ集。

「人生は旅だというが、確かにそんな気もする。自分の体を機関車に喩えるなら、この車窓は存外面白い。」(本書「いのちの車窓から」より引用)

なお、装丁を吉田ユニ、カバー・挿絵イラストを『キルラキル』のキャラクターデザインもつとめた、すしおが手がけている。【商品解説】

今、大注目を集める星野源のエッセイ最新刊! 怒涛の2年間がここに。

星野源が、雑誌『ダ・ヴィンチ』で2014年12月号より連載をスタートした、エッセイ「いのちの車窓から」に<書き下ろし>を加えて単行本化! 
ドラマ「逃げ恥」、「真田丸」、大ヒット曲「恋」に2度目の「紅白」出演と、今、大注目を集める星野源。怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに!

タイトルの『いのちの車窓から』とは、普段かけている度の強い眼鏡のレンズ越しに、周囲を見ている自分を、なんとなく「窓の内側」にいると感じていることをきっかけに、表現したもの(表題作「いのちの車窓から」に内容収録)。
本書では、その「窓」から星野が見てきた、<自分の外側>にあるものの面白さを丁寧に描写し、また<自分の内側>に発生したことを、本音と哲学で綴っている。

こっそり別人としてツイッターをやっていた秘話。集団ではいつも一人でいた自分が、「自分が人見知りである」と自ら言うことをやめた、そのきっかけ。星野源の日常の「一日」を淡々と描いた記録。ある人の言葉に想いを馳せ、山手通りを泣きながら歩いた、その日のこと。そして、大ヒットシングル「SUN」「恋」に込めた想いや製作過程、念願だった、「紅白」出場。
「恋ダンス」でも話題となったドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』撮影現場で得た、<気づき>の数々……など、約2年間にわたり、星野源が綴ったエピソードが満載。
また、これまでの著作を経て文筆家としての才を発揮し、表現したのは、彼の「窓」から覗いた周囲の力強くも優しい、素敵な人々の姿。

現実は一つだけれど、「窓」からどのように世界を見るかによって変わるであろう「生きる楽しさ」。そして「自分自身」を、「人を好き」でいられることの幸せ。
星野源の紡ぐ言葉の数々は、胸の奥に、すっと、温かく染み込んでいく……。
星野源の面白さと、哲学と、精確さのすべてを注ぎ込んだ珠玉のエッセイ集!

「人生は旅だというが、確かにそんな気もする。自分の体を機関車に喩えるなら、この車窓は存外面白い。」(本書「いのちの車窓から」より引用)

2017年、新たな書き下ろしエッセイも収録。
なお、挿絵を『キルラキル』のキャラクターデザインもつとめた、すしおが手がけている。【本の内容】

著者紹介

星野源

略歴
〈星野源〉1981年埼玉県生まれ。音楽家・俳優・文筆家。著書に「蘇える変態」「働く男」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー22件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (12件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

源さんのリアルさを感じます

2017/04/09 11:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わいおー - この投稿者のレビュー一覧を見る

あの時聞いたあの歌の、背景を教えてくれた後に、もう一度聞いて、歌の世界を噛み締めるように味わえた。その歌ができた時の、源さんの息づかいが伝わってくる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/04/02 15:15

投稿元:ブクログ

彼の生活をとりまく人や景色が色鮮やかに文章から浮かび上がる。とても読みやすい文章で軽快に進んでいった。何度も死を意識した人は命を大切に生きているし、前向きに生きている。そして、やりたいことを、やれることを、やれるだけやられている。
私の知らなかったいろんななれ初めや彼の生活が垣間見れて、親近感を持てた。

2017/04/03 19:36

投稿元:ブクログ

カバーの下にニセアキラ笑

自然体な、気持ちのよいエッセイ。
読んだあとちょっとだけ世界が明るくクリアになるような、心地よい風のような清々しい読了感でした。
恋の歌詞のくだりや大泉洋についての章なんかが好き。
こういうフィルターを通して世界を見ているからこその作品、人柄なのだなぁと思った。

普通の人さ加減がいいなぁ。こんなに売れても。
本書の中で新垣結衣に向けて書いた「あなたは本当に素敵な、普通の女の子である」という言葉を、男女を変えてそのまま彼自身に贈りたい。

2017/04/20 07:50

投稿元:ブクログ

20170420 素直な文章なので読んでいて気持ちが良い。薬のような一冊。元気になって又読み直したい。

2017/04/08 21:35

投稿元:ブクログ

特にファンと言う訳でもないけど、2016年大活躍だった星野源さんのエッセイが気になって購入。我が家でも柴犬を飼っているせいか「柴犬」お気に入りです。

2017/04/09 13:44

投稿元:ブクログ

『蘇る変態』しか読んでいないけれど、だいぶ「書く」事に意識が向くようになったエッセイだなと思った。
先書は自意識から言葉を派生させているような感触があって文章としてはちょっと癖があるなと思った。内容は別として。
でも、アーティストだからそれで良し、としていたけれど、本書では自意識を「書く」ことに向けた様子。
なんか、違う方向から好きだなやっぱりこの人、と思うのと同時に多才すぎて末恐ろしい子!という気持ちも沸いている。読書の楽しみ方に気付いた一文があって、ちょっと嬉しかった。
寺坂さんのところと柴犬、大泉洋はすぐ再読。泣いて笑った。
タイトルの「車窓」の外から星野源の生活を見守るスタンスで読めるこの連載エッセイ、次巻も楽しみ。

2017/04/08 22:37

投稿元:ブクログ

びっくりした、こんなに面白いと思わなかった。半分ほどは既に「ダ・ヴィンチ」の連載で読んでいるというのに、購入して即一気読み。まとめて読むと、連載で読んだときとはまた別の感慨深さ。
源ちゃんの優しさが波のようにひたひたと寄せてくる。クスッと笑ったり、うるっとしたり…静かな文章から垣間見える彼の温かい人柄に心掴まれっぱなしだ。やっぱり源ちゃんの文章、好きだわ~!音楽も芝居も勿論大好きだけど、源ちゃん沼にハマることになったきっかけは、エッセイだったな。文章もまた、唯一無二の表現力だと今回改めて思った。リリカルだけど、時にはユーモラスなオチもあって、風景や季節の描写が心地よく、お付き合いのある人気芸能人達とのエピソードも印象的で、何度も読み返したくなる不思議な魅力。物事の見方にしても、そんな視点があったとは!と、新たに気付かされることが本当にたくさんあった。
この一年で大ブレイクし、正直言えばちょっと寂しいときもあったけれど…本書を読んで、多くの人が彼に魅了されるのもごもっとも、という気がした。ラジオを聴いてても思うけど、こんなに売れっ子になっても、決して遠い存在にはならない。彼を好きでよかったなぁと思う。カバーを外したら、ファンにはおなじみのあのキャラが…という遊び心もまた嬉しいのだ。すしおさんのイラストもかわいらしくて好きです。表紙のポーズは、「1」だよね。早くも次が楽しみになってしまうよ。
ファンの欲目ではない、名エッセイ!是非ともこの本きっかけに、源ちゃんにハマって欲しい。

2017/04/02 15:44

投稿元:ブクログ

ハマ オカモトさんとのパンの話。久々に本読んで声出して笑いました。
源ちゃんの言葉には嘘がなくて飾りがなくて、だからぎゅっーと心を鷲掴みにされます。惹き付けられます。今までの本の選び方とは違う目線で本を読むようになった気がする。

2017/04/05 23:11

投稿元:ブクログ

音楽は以前から好き。
平匡さん好き。
文章は初めて読んだ。。。いいね。
祝 伊丹十三賞受賞!
「未来をよろしく」

2017/04/17 16:21

投稿元:ブクログ

伊丹十三賞を受賞、ドラマ「逃げ恥」の平匡さん役の星野源さんのエッセイ。「ダヴィンチ」連載から読んでいますが、あらためて書籍化というので。再読の形にはなります。
なんともいえないほっこり感。星野源さんの言葉の中にズンときたり、キュンときたり、笑いたくなったりetc。
あちこちにある景色の中に、人間の楽しさ、魅力を垣間みれる。そこから「もう少し頑張れそう」「いいことありそう」なんて思えてくる。そこが星野源さん魅力のひとつ。
いくら売れていっても、目線が上じゃないところ。そんな星野源さんがとても身近に感じられる、楽しめるエッセイです。

2017/04/10 00:25

投稿元:ブクログ

今まで細野晴臣さんとの対談本以外は読んできた。過去最高に良かった。少しうまく締めようというエゴも見えつつだったけど、全体的にとても自然体だった。作詞のエピソードや話題だったドラマのことなど、いろんなことを知ることもできた。

2017/04/15 21:39

投稿元:ブクログ

 自分が今作りたい音楽に必要なこと、それはなるべくステイすることだ。楽曲の構成を大幅に変化させたり、分かりやすく盛り上がってはいけない。変化の少ないビートの繰り返しの中で、複数のレイヤーとしてメロディやコード進行が重なってゆき、聴く人の内面から盛り上がっていくように作りたい。それが、自分の多くのソウルミュージックに感じるステイするという感覚だった。(p.60)

 傘をさして近所のカフェに出かける。小雨は普通の雨に進化していた。ノートPCで先日受けた雑誌取材のインタビュー原稿の校正、今度出る拙著の文庫の校正をしながらジンジャーポークという名の生姜焼き定食を掻き込む。コーヒーを2杯飲む。排便をもよおし、会計を済ませ、店を出るついでにトイレを借りた。(p.67)

 活字だけの世界にもかかわらず、驚くほどリアリティのある人間味を感じたり、紙の中で世界中を旅し、知らない場所に行ったような感覚に陥り、様々な人の心の中に入ったような気持ちになれる楽しさを知った。想像力のモーターがフル稼働する楽しさ、読書の快感を味わえるようになった。
 そして自分でも文筆家としてエッセイを書くこと、目で見た景色と、心の中の景色を描写することが、一種のヒーリングのようになっている。私は何を見たのか。どんな風景を見て心が動いたのか。その心の動き方はどんな様子だったのか。そこから何を考えたのか。
 どんなにたわいないことでも、それをうまく文章にできた時、心の中が綺麗に整頓されたように、掃除したての湯船に入り、綺麗に体を洗ったようにすっきりとした気持ちになった。(p.75)

 集団でわざわざ一人になる必要はなくなった。そもそもどんな人間も一人であり、だからこそ人は手を取り、コミュニケーションを交わすのだ。(p.100)

 いつだって、世界を彩るのは、個人の趣味と、好きという気持ちだ。(p.154)

 仕事があるということ、忙しいということは、とても幸福なことだ。同時にリスクはいろいろと生まれるのでしっかりと対策を講じ、心を無くさず楽しく普通に生きられるように工夫をしたほうがよい。
 その中でも大事にしたいのは、季節を感じるということである。
 忙しさと季節の関係は太陽と月のようなもので、多忙であればあるほど、季節は見えなくなり、逆に暇であればあるほど季節を感じてウンザリもする。(p.169)

 妙にいい匂いがする。
 誰かが昼飯を作っている。
 昔から、このどこからともなく香るご飯の匂いが大好きなのだけど、一度もなんの料理を作っているのか特定できたことがなく、しかもそれを確かめる方法もないのでいつも歯がゆく思う。
 ジャケットを小脇に抱え、シャツ姿で左手にカバンを持ち、右手の携帯電話で仕事の話をしているサラリーマン。小さい団地内の公園で、一人手作りであろう弁当を広げ、黙々と食べている女性。原付バイクに乗って通り過ぎる若者。時折すれ違う人には生活があって、そして紛れもなくこの場所には、日本の季節があった。(p.171)

 幸福でありながらもハングリーな表現ができる人が本物だと思うようになり、自分の心に偽りなく好き嫌いを���じられるようになり、嫌いなものの話はなるべく心の中だけに留め、極力口にしないようになり、誰かに馬鹿にされたら、「そうですか」と笑いながら、心の中でただ普通に木津つくようになった。(中略)自分はひとりではない。しかしずっとひとりだ。いつの間にかひとりであるということが大前提となっていて、特に意識もしなくなった。
 すると、誰かが手を差し伸べてくれた時、優しくしてくれた時、助言をくれた時、そばにいてくれた時、ひとりではないと思えた時の記憶だけが増えていくようになった。人生のひとりではない瞬間を中心にクローズアップできるようになった。
 いのちの車窓は、様々な方向にある。現実は一つだけれど、どの窓から世界を見るのかで命の行き先は変わっていくだろう。(pp.190-191)

2017/04/16 02:13

投稿元:ブクログ

本を発行される度に印象が変わって面白くと感じます。エッセイを描かれるその日のテンションが文字に出てるのでしょうか。ご本人を好きになって日が浅いので、たくさんの星野源という人物の中身を見せてもらえた気がして新鮮です。
大泉さんの話になると大泉さんの声が脳内再生されるし、羊さんとのやりとりほっこりするし脳内で声が聞こえてくる。文字の再現能力が高いのかな。楽しそうな様子に癒され、誰しも孤独を抱えているのだとハッとさせてくる。
気持ちの置き場所を素直に押し付けすることもなく隠さず、源さんのように語れるひとになりたい

2017/04/02 20:28

投稿元:ブクログ

あとがきのあと「いのちの車窓から」 星野源氏 心のままに思い伝えたい
2017/4/1付日本経済新聞 朝刊
 「この本を書く中で自分の文体をつかめたと思います。起承転結にこだわらず、目で見た景色と、心の中の景色をありのまま表現すれば読み手に伝わるんだなって」。無意識に自己顕示欲がにじんだこれまでの著書とは違う手応えがあるという。日々の出来事や、その中で浮かんだ思いを自然体でつづったエッセー集だ。
 転機は2013年夏。くも膜下出血で開頭手術をした。「頭部のコックピットにもう一人自分がいて、自分を操ったり」している感覚が強まったと本書に記している。いつも眼鏡越しに、勝手に動く自分を眺めているよう。療養生活の間、そんな自分と向き合うことで、逆に周りを見渡せるようにもなったという。術後の14年後半から17年はじめの雑誌連載に書き下ろしを加えて本書をまとめた。
 原稿はノートパソコンで書いている。場所は自宅や飲食店、移動中の車中などさまざま。あらかじめテーマは決めない。「パソコン画面を開いて、自分の頭の操縦席から見えた景色を思い出しながら、あてどもなく書き進めていく」という。
 たとえばホテルのバーで作詞をしていたときのこと。漂ってきたたばこの煙とともに、幼い頃、寝たふりをして両親の会話を聞いた記憶がよみがえる。寂しくなると寝返りを打ったり、わざと寝言を言ったり。でも、最後には本当に寝てしまう。本書の印象的な場面の一つだ。
 「好きなものは好きだと伝えたい」と話す通り、「好き」の2文字があふれる本でもある。バイクと車を熱愛するタクシー運転手や、紅白歌合戦に出場した歌手の前口上を全て覚えている構成作家、そして柴犬……。出演したドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の撮影現場のエピソードも豊富だ。
 歌や演技など多彩に活躍するが「自分の思いをそのまま言葉にできる文筆活動は今後も続けたい」と話す。課題はしゃべり。「簡潔に自由に、相手に伝わる言葉で心のままに話せるようになりたいですね」(KADOKAWA・1200円)

(ほしの・げん)1981年埼玉県生まれ。音楽家、俳優、文筆家。アルバムに「YELLOW DANCER」、シングルに「恋」、著書に『そして生活はつづく』など。

2017/04/04 01:29

投稿元:ブクログ

「より良い方向を見よう、なんて説教くさい言葉だけれど、それをやり続けるのは難しい。前向きに生きることは、本当に難しい。」
(本文p.191より)

私も頑張って前を向いて生きていきたいなぁ…
自分のことばっかり考えているんじゃなく、まわりの人たちを想って、素直に言葉で褒めることができる人って本当に本当に凄いと思います。

音楽が好きで、人が好きで、文章からも十分に伝わる源くんの温かい人柄がますます大好きになりました!

日本のエッセイ ランキング

日本のエッセイのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む