サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

2017年:上半期ランキング(~7/17)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. 現役東大生が1日を50円で売ってみたら

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

現役東大生が1日を50円で売ってみたら
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/02/02
  • 出版社: KADOKAWA
  • サイズ:19cm/189p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-601827-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

現役東大生が1日を50円で売ってみたら

著者 高野 りょーすけ (著)

【カクヨムエッセイ・実話・実用作品コンテスト】東大生の1日を50円で売ってみたら、予想だにしない出会いがあった! 留年をきっかけに始まった、著者と「よのなか」との交流記。...

もっと見る

現役東大生が1日を50円で売ってみたら

1,296(税込)

現役東大生が1日を50円で売ってみたら

1,296 (税込)

現役東大生が1日を50円で売ってみたら

ポイント :12pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【カクヨムエッセイ・実話・実用作品コンテスト】東大生の1日を50円で売ってみたら、予想だにしない出会いがあった! 留年をきっかけに始まった、著者と「よのなか」との交流記。小説投稿サイト『カクヨム』掲載を大幅に修正・改題し、エピソードを追加して書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

東大では学べない「人生の学び」があった。

小説投稿サイト・カクヨム「エッセイ・実話・実用コンテスト」受賞作品、大幅加筆&書き下ろしで書籍化!
現役東大生の高野りょーすけが、自分の1日を50円で販売。
様々な出会いの果てに、りょーすけが見たものとは……

<目次>
第1話  発達障害の子と、数学
第2話  ポーカー世界王者と、勝負
第3話  ニューハーフと、デート
第4話  夜の社会と、キャバクラ
第5話  自殺未遂、長野
第6話  マルチな、母
第7話  密着、地方議員
第8話  ホームレスの、小谷さん
第9話  便器の授業
第10話 JKビジネスの、少女
第11話 やれたかも委員会、御徒町
第12話 14歳、中2
第13話 「東大生に、50円の価値はない」【商品解説】

著者紹介

高野 りょーすけ

略歴
〈高野りょーすけ〉1995年茨城県生まれ。東京大学理科Ⅱ類に現役合格するが、自主留年。「東大生の1日を50円で買ってくれませんか」企画をはじめる。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価2.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2017/06/11 02:03

投稿元:ブクログ

タイトルの通り東大に籍を置く青年が50円で一日を買ってもらって、買ってくれた人たちとのできごとを書いたエッセイ。

最初の、数学的な才能に恵まれた発達障害の子の話をその母親である、なないおさんのブログで読んでいて、そこから本書の出版を知った。
なんか思ってたのと違う。
自分で活動を立ち上げちゃう系の賢くてやる気に満ちた若者の活動記録だと勝手に思ってた。
実はそうじゃなくて、受験勉強が得意という以外に特徴がない(と自分を評価している)迷える若者の自分探し日記だった。

真面目なんだろうと思う。悪い人じゃない。普通の人。
自分を普通だと信じて疑わず読者も自分と同じくらい普通だと思い込んでいて、普通をふりかざしてもいいと思っているくらい(というよりそのことに気づかないくらい)「普通」の人なんだと思う。
自分を「普通」の立場においたまま相手を眺めているから、どこまでも傍観者で他人事で表面的で薄っぺらい。
だから面白い人とあって面白い会話をしても、あったことをそのまんま書いているだけで結局なにも見えていない。

それでいて自意識は過剰な思春期と青年期のあわいをただよっている。
おずおずと笑われにいくような自虐ジョークが痛々しくて笑えない。

知らないジャンルの人に対する姿勢はナチュラルに失礼。
表面だけをみてわかったと言っちゃえる性根は、一日体験をしただけで○○がよくわかったと感想文を書いてしまう小学生のよう。
セクシャルマイノリティのリップサービスを真に受けてネタにする図々しさや、やれたかも委員会のネタはふつうにきもちわるかった。

わるい人ではないんだろうけど、あまりにも子供っぽい。

2017/03/03 19:23

投稿元:ブクログ

ほんのほんの一つまみの東大生しか存じ上げないが、りょーすけさんとホリエモンは、両極端なような紙一重なような気がする。

ノンフィクション・ルポルタージュ ランキング

ノンフィクション・ルポルタージュのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む