サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 技術・工学・農学
  4. 「リアル」を摑む! 力を感じ、感触を伝えるハプティクスが人を幸せにする

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「リアル」を摑む! 力を感じ、感触を伝えるハプティクスが人を幸せにする
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/02/20
  • 出版社: 東京電機大学出版局
  • サイズ:19cm/174p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-501-42000-0
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

「リアル」を摑む! 力を感じ、感触を伝えるハプティクスが人を幸せにする

著者 大西 公平 (著)

世界で初めて高精度の力触覚伝送を実現した大西公平教授。その概要と社会に与える巨大なインパクトについて語る。著者がこれまでに受けたインタビューや一般講演における質疑応答など...

もっと見る

「リアル」を摑む! 力を感じ、感触を伝えるハプティクスが人を幸せにする

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

世界で初めて高精度の力触覚伝送を実現した大西公平教授。その概要と社会に与える巨大なインパクトについて語る。著者がこれまでに受けたインタビューや一般講演における質疑応答などをまとめて書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

本書は、世界で初めて「鮮明な力触覚の伝送技術」の開発に成功した慶應義塾大学の大西公平教授が、その理論的背景とあらゆる分野に拡がる応用について、インタビューの形式を採りながら、平易に解説したものである。究極の多目的機械である人間の行為を代行するには、力を感じ感触を伝え、環境に順応する能力が必須であり、それが介護や福祉など広範囲に使えるロボットが求められている分野において最重要の技術となることを説く。【商品解説】

目次

  •  はじめに
  • 第一章 柔らかく掴む
  •  ハプティクス義手の衝撃
  •  足で操る手
  •  工学的実現とは何だろうか
  •  学生のアイデアが活きる時代
  •  柔らかいロボット
  •  連動する指
  •  事前学習無用のロボット
  • 第二章 遠くから掴む

著者紹介

大西 公平

略歴
〈大西公平〉東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。工学博士。慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科教授。ハプティクス研究センター所長。専門はハプティクスを含む電気電子工学。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

情報工学・自動制御・ロボット ランキング

情報工学・自動制御・ロボットのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む