サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫
  4. 一般
  5. ポプラ社
  6. ポプラ文庫
  7. 活版印刷三日月堂 2 海からの手紙

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

活版印刷三日月堂 2 海からの手紙(ポプラ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 46件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/02/03
  • 出版社: ポプラ社
  • レーベル: ポプラ文庫
  • サイズ:16cm/329p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-591-15329-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

活版印刷三日月堂 2 海からの手紙 (ポプラ文庫)

著者 ほしおさなえ (著)

小さな活版印刷所「三日月堂」には、今日も悩みを抱えた客がやってくる。店主の弓子が活字を拾い、刷り上げるのは、誰かの忘れていた記憶や、言えなかった想い…。活字と言葉の温かみ...

もっと見る

活版印刷三日月堂 2 海からの手紙 (ポプラ文庫)

734(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

小さな活版印刷所「三日月堂」には、今日も悩みを抱えた客がやってくる。店主の弓子が活字を拾い、刷り上げるのは、誰かの忘れていた記憶や、言えなかった想い…。活字と言葉の温かみに、優しい涙が流れるシリーズ第2弾。【「TRC MARC」の商品解説】

<内容>
小さな活版印刷所「三日月堂」には、今日も悩みを抱えたお客がやってくる。物静かな店主・弓子が活字を拾い、丁寧に刷り上げるのは、誰かの忘れていた記憶や、言えなかった想い……。活字と言葉の温かみに、優しい涙が流れる感動作。
静岡書店大賞を受賞・ブクログ1位・読書メーター1位など、話題沸騰の人気シリーズ、待望の第二弾!

<もくじ>
ちょうちょうの朗読会
あわゆきのあと
海からの手紙
我らの西部劇

<プロフィール>
ほしおさなえ
1964年東京都生まれ。作家・詩人。1995年『影をめくるとき』が第38回群像新人文学賞優秀作受賞。2002年『ヘビイチゴ・サナトリウム』にて、第12回鮎川哲也賞最終候補。『空き家課まぼろし譚』『活版印刷三日月堂』「ものだま探偵団」シリーズなど著作多数。【商品解説】

古びた印刷所・三日月堂には様々な悩みを抱えたお客が訪れる――5万部突破の人気作『活版印刷三日月堂』の続編がいよいよ発売!【本の内容】

古びた印刷所・三日月堂には様々な悩みを抱えたお客が訪れる——5万部突破の人気作『活版印刷三日月堂』の続編がいよいよ発売!【本の内容】

収録作品一覧

ちょうちょうの朗読会 5−82
あわゆきのあと 83−158
海からの手紙 159−236

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー46件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

決して電車の中では読まないでください

2017/02/07 03:03

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろこしゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

前巻がとても良かったので迷わず購入。
まさか続きが読めるとは思っていなかったので嬉しい。

今回は前巻の最終章で作られた招待状を手にした人の話からリレーのように話が展開して世界が広がっていく。

前回と大きく違っているのは「生と死」について問いかける話が大半を占めていること。
重いテーマだけど、それぞれの心に寄り添うように描かれる世界が、とても優しくて温かい。
特に「あわゆきのあと」が心に残る。

今回は、どの話も読んでいるうちに自然に涙が…
軽く柔らかい優しいタッチの文章だからと油断して電車の中や職場の休憩時間には読まないようにしてください。

この続きはあるのかな。
あるとしたら片山さんの本の完成報告がありますように。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

シリーズ第2弾!

2018/05/22 23:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しんごろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

活版印刷三日月堂の第2弾!疲れた心と体に癒やしを与えてくれるステキな話ばかりでした。『あわゆきのあと』は涙が流れてきました。『海からの手紙』では涙こそ出ませんでしたが、ラストシーンは静かに徐々にジーン と感動しました。『我らの西部劇』には自分に気づきを与えてくれたシーンもあり、もちろん『ちょうちょうの朗読会』も良かったです。要するに全部が良かったわけですが、三日月堂の店主・弓子さんから、みんなに何かをあげているのかも…。あるいは活版印刷の文字の温かみがみんなに何かをいただいているのかもしれないですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

活字の温かさが伝わる物語

2017/09/10 21:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねこすき旅人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

祖父から受け継いだ、活版印刷の印刷所に暮らす弓子さんが、依頼者の相談に応じて、一緒に活字を合わせ言葉を紡ぎます。依頼者の気持ちにあわせ、活字を集めた棚から一文字一文字を抜き出し、できた言葉を紙に押印します。この物語を読んで、文字を組み合わせによりできる言葉の温かさを知ることができました。言葉を作りだすことがこれほど新鮮に感じられたのは初めてでした。相談者の依頼を受けるにつれて、活版印刷の表現や技術をより学ぼうとする弓子さんの姿もとても印象的でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

しっかりほんわか

2017/05/03 18:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:もちっこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ほんわかの中にしっかりとした軸があり、揺るぎ無い温かさにまたノックアウトされてしまいました。どの章にも、前に一歩踏み出す勇気を持てた人々に、読み手側も顔を緩めてしまいます。
【ウエスタン】は、個人的に深く感情移入してしまいましたが、その後の展開は読者任せだが確実に家族が大きな一歩を歩き出した姿に私にも前に一歩!っと思えてきました。
心の湯治場の一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

癒されます!

2017/03/05 14:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mao.k - この投稿者のレビュー一覧を見る

子どもも大人も自分探しをしている。
それでいいんだよと寄り添ってくれる一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/02/27 14:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/29 11:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/05 23:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/10 08:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/20 16:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/26 20:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/17 15:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/06 14:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/15 21:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/29 08:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る