サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

修正:レビューキャンペーン(1101-30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

犯罪者 上(角川文庫)
犯罪者 上(角川文庫) 犯罪者 上(角川文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 38件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/01/25
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/525p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-101950-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

犯罪者 上 (角川文庫)

著者 太田愛 (著)

白昼の駅前広場で5人の死傷者を出した通り魔事件。犯人はまもなく逮捕され、事件は終結したかに思われた。だが、ただ1人生き残った青年・繁藤修司は、再び何者かの襲撃を受け…。ノ...

もっと見る

犯罪者 上 (角川文庫)

907(税込)

犯罪者 上

907 (税込)

犯罪者 上

ポイント :8pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 7.1MB 無制限
Android EPUB 7.1MB 無制限
Win EPUB 7.1MB 無制限
Mac EPUB 7.1MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

白昼の駅前広場で5人の死傷者を出した通り魔事件。犯人はまもなく逮捕され、事件は終結したかに思われた。だが、ただ1人生き残った青年・繁藤修司は、再び何者かの襲撃を受け…。ノンストップ・クライム・サスペンス。〔角川書店 2012年刊の加筆修正〕【「TRC MARC」の商品解説】

白昼の駅前広場で4人が殺害される通り魔事件が発生。犯人は逮捕されたが、ただひとり助かった青年・修司は再び襲撃を受ける。修司は刑事の相馬と、その友人・鑓水と暗殺者に追われながら事件の真相を追う。【商品解説】

著者紹介

太田愛

略歴
香川県生まれ。大学在学中よりはじめた演劇活動を経て、1997年テレビシリーズ「ウルトラマンティガ」で脚本家デビュー。「TRICK2」「相棒」など、刑事ドラマやサスペンスドラマで高い評価を得ている。2012年、本作『犯罪者 クリミナル』(上・下)で小説家デビュー。13年には『幻夏』を発表。日本推理作家協会賞(長編および連作短編賞部門)候補となる。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー38件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

面白い!

2018/08/17 08:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:akiko - この投稿者のレビュー一覧を見る

太田愛さん、複数の友人からいいよと勧められていて、ようやく購入して読み始めたら、面白い!もっと早く買っておけばよかった。思いもよらぬ展開がどんどん待ち受けていて、だんだん「あれ、これ誰の策略だっけか?」と混乱してきたりしたけれど、よくあんな複雑なお話を考えつくなぁ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白いんです!

2018/06/02 23:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆう - この投稿者のレビュー一覧を見る

脚本家としての太田愛さんのお仕事に触れたことがある人には納得の内容。でも、脚本と小説では表現形式が全く違う筈。正直、ここまでの完成度の小説として読ませてもらえたことに感動しました。
実は、家人に「面白い本ない?」と言われて、絶対の自信を持って貸したのに、数ヵ月読みながら寝落ちした挙句、なんかもうわからなくなったから返す、と突っ返されて、お前はこの本を読み始めて先が気にならないのか信じられない!と愕然としたのが、このレビューを書くきっかけでした。
突然巻き込まれた事件、畳み掛ける襲撃の背後に見え隠れする巨大な陰謀、それぞれに過去を抱えながら巻き込まれる仲間たち、決して勧善懲悪で割り切ることは出来ない現代に於いて、どんな結末を見せてくれるのか。
社会派でありながらキャラクターの魅力に惹き付けられ、いつでも映像化してくれていいのにと思いながら、こんなキャラ誰にも演じられないと苦悩してしまう、そんな作品です。
是非上下巻揃えて一気に読み通して欲しい。
ほんと、よくわからんなんて言ってる暇ない筈なんですよ!
そして幻夏へ。
文庫派なもので天上の葦は文庫待ちですが、当然これも面白い筈。
相棒好きな人、ミステリーとかサスペンスとか刑事バディものとか好きな人は間違いなく、読んで損はないと思います。というか、是非見付けて下さい!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

緊迫した場面の連続

2018/05/04 06:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たっきい - この投稿者のレビュー一覧を見る

5人が通り魔に襲われ、うち4人が死亡するという緊迫したところから始まり、その後の展開も予測できない緊迫した場面の連続で、すごく面白かったです。修司、相馬、鑓水という主人公はもちろん、それぞれの登場人物の感情の描写が巧みで、ついつい感情移入してしまいます。これでまだ上巻とは。下巻がますます楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

長編ですが飽きさせません

2018/02/12 21:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:papanpa - この投稿者のレビュー一覧を見る

白昼駅前で起こった通り魔殺人、犯人は麻薬中毒者として解決されようとしていたが、たった一人生き残った青年はその犯人像に違和感を感じていた・・・
彼らが死ななければならなかった本当の理由とは?

どんでん返しのハラハラドキドキで、長編ですがまったく飽きさせません。
非常に面白かったです。

以下ネタバレ注意!!
ただ事件後がダラダラで残念。
修司が傷害で逮捕された件で友達が障害をおってるとか(これは途中に入るエピソードだけど)、通り魔の被害者たちの初盆の話とかは、全く必要なくイライラしました。
ラストは主人公サイドの話と黒幕がどうなったかだけで十分なんだよ
途中がすごく面白かっただけに惜しい、もっと引き締まったエンディングにできたはず!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読まされる。

2017/04/02 09:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ライディーン - この投稿者のレビュー一覧を見る

グイグイ引き込まれる。
人物を掘り下げ、ストーリーも程良いスピード感かつ、途中に入る説明がより物語に深度を与えます。
上巻でかなり盛り上が良いので、下巻もかなり期待してしまいます。
一体、ラストはどうなるのか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/07/02 23:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/05 18:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/11 11:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/05 21:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/04 21:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/25 21:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/09 18:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/10 21:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/11 12:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/09 18:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

角川文庫 ランキング

角川文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む