サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. なかなか暮れない夏の夕暮れ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

なかなか暮れない夏の夕暮れ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 24件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/02/14
  • 出版社: 角川春樹事務所
  • サイズ:20cm/334p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7584-1300-8
  • 国内送料無料

紙の本

なかなか暮れない夏の夕暮れ

著者 江國 香織 (著)

本ばかり読んでいる稔、姉の雀、元恋人の渚、娘の波十、友だちの大竹と淳子…。切実で愛しい小さな冒険の日々と、頁をめくる官能を描く長篇小説。『ランティエ』連載に加筆・訂正して...

もっと見る

なかなか暮れない夏の夕暮れ

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

本ばかり読んでいる稔、姉の雀、元恋人の渚、娘の波十、友だちの大竹と淳子…。切実で愛しい小さな冒険の日々と、頁をめくる官能を描く長篇小説。『ランティエ』連載に加筆・訂正して単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

谷崎潤一郎賞を受賞し、各紙誌でも激賞された『ヤモリ、カエル、シジミチョウ』から2年半、“人生”と“読書すること”の幸福な時間(とき)を描き切った、熱望の長篇小説。
冒頭から、“驚き”があります。

<主な登場人物たち>
稔:資産家。気ままな一人暮らし。元恋人・渚との間に波十という娘がいる。波十とは仲良し。
折りたたみ式の寝椅子で、海外ミステリーなどを読むことが、人生の愉しみである。
雀:稔の姉。カメラマン。ドイツと日本を行ったり来たりしている自由人。稔とは仲が良い。
大竹:稔の高校時代の同級生。税理士。稔およびその親族の財産管理が主な仕事。
再婚した年の離れた妻のことを深く愛している。
茜:稔と雀が経営するアイスクリーム屋の従業員。読書好きで、稔に教えてもらった海外ミステリーを読んでいる。
淳子:稔の高校の同級生。女性誌の編集長。大学生の息子をひとりで育てている。最近、稔と再会して、つき合いが始まった。
チカとさやか:チカは小さな料理屋を経営し、さやかは高校の教師。
ふたりは稔たちの持ちものであるアパートで一緒に暮らしている。【本の内容】

著者紹介

江國 香織

略歴
〈江國香織〉東京生まれ。「号泣する準備はできていた」で直木賞、「犬とハモニカ」で川端康成文学賞、「ヤモリ、カエル、シジミチョウ」で谷崎潤一郎賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー24件

みんなの評価3.8

評価内訳

2017/03/13 10:25

投稿元:ブクログ

こういった大人の小説を読むとあぁ、大人になってよかったなとしみじみ思う。とっくにもう大人だけど。登場人物が多いけれど読み進めるにつれてちゃんと位置が定まってきているのが腑に落ちる感じ。波十ちゃんが好き。

ところどころに入る翻訳小説が効果を奏しているらしいのだけれど場合によってはかえってうるさい気がしたところも…

2017/03/19 02:52

投稿元:ブクログ

しばらくぶりに読んだ江國香織さん
文体のテクスチャみたいなものが変わっていました
以前よりも寡黙になった気がします
けれどたくさんの想像力を内包させた、ありふれた様な日常をドラマチックに描くことは江國さんにしか出来ないことです
素晴らしい作品でした

2017/04/16 17:48

投稿元:ブクログ

作中作、気になりすぎ。
いいとこで中断されて、もやもやしながらどうなるんよって突っ込み入れながら。
本編の間合いといい、人柄といい、なんだか久しぶりに江國さんらしいというか、ああ、大人ってって思いながら、いろいろ思い当たるところもあったり。
このくらいの心の隙間があったら、いいんだけどなあと。

2017/04/12 10:50

投稿元:ブクログ

読書好きの主人公・稔が読んでいる本の内容が、作中作として書かれている。本の中ではいろいろ事件が起こるけど、稔の方の世界は平穏で何も起こらない。スパイの世界に入り込んでいたのに、インターフォンが鳴ったり誰かに話しかけられたりして稔が現実に引き戻されると、私まで読書を中断させられたような気になった。その物語が途切れる感じがなぜか好きだった。わかる、わかる。最後の稔のセリフが微笑ましい。続きも気にならないし、記憶にも残らないような話だったけど、休日に旅先でのんびり本を読んでいるような気分になれた。それがいい。

2017/03/23 19:15

投稿元:ブクログ

「小説の筋はもうよく思い出せないが,それらの名前には覚えがあった.」というのにつきます.本ばかり読んでいる大金持ちの稔氏と彼を取り巻く人々の何気ない日常を淡々と綴って面白い.そして,ところどころ挿入される小説が気になった.

2017/05/08 17:38

投稿元:ブクログ

日本と海外の二本の作品を同時に読んでいる感覚になりました。突然、プツンと途切れる感じで物語が切り替わるので、なんとも不思議な余韻の繰り返しでどこまでもアンニュイ。凡人の私には馴染めない内容でしたが、江國さんの文章力のスゴさだけは理解できる一冊でした。

2017/03/30 19:02

投稿元:ブクログ

初出2014〜16年「ランティエ」

どこか外国の不倫カップルの片方の失踪事件から始まったと思うと、主人公が読書中の本の文章だったり、人物の説明がないまま複数のストーリーが断片的に進行して混乱させられ、必死に情報をかき集めるように読み進めざるをえず、作者の仕掛けにまんまとはまる。

特に盛り上がりもなく、淡々と日常が描かれるが、それぞれの思いはよくわかる。
大金持ちらしい稔さんの、本ばかり読んで暮らし、女性に援助するライフスタイルには憧れる。笑

2017/04/01 09:43

投稿元:ブクログ

主人公が読んでいる本の内容が気になりすぎて
本編に戻るのに一瞬戸惑うという
何とも不思議な作品。
主人公が読書を楽しんでいるのが
ひしひし伝わり、そうそう、
出てくる食べ物食べたくなるよなー
ってな具合で、楽しめた。

2017/03/16 13:46

投稿元:ブクログ

始まりから終わりまで、どうしようもなく好きだと思った。江國さんの紡ぐ世界観、まんまで。愛おしくて淋しい、けれどもきちんと存在している、そんな世界だった。
出てくる登場人物も、稔が読み耽る本のストーリーも、そして著者の織り成す言葉と世界も、まるっとすべてがどうしようもなく好きだと思った。
江國香織ファンだけでなく、本の虫のひとにも読んでもらいたい。
なにをしていてもどこにいても、ついつい小説を片手にしてしまうひと。待ち合わせ前のちょっとした時間、電車や飛行機などでの移動時間、帰宅後の静けさのなかでぽつんとする読書、眠る前のベッドでの時間。人生の合間、合間に物語を読み、現実と現実ではない世界を行ったりきたりしているひとに読んでもらいたい。
こんな小説ははじめて読んだし、江國さんだから描けたようなものだともおもう。

ラストの1ページが好き。はい、お疲れ様。それがリアルで、それ以上に相応しい言葉は読者にも見つからない。それほどしっくりくるラストであった。惚れ惚れするほどに。

2017/02/26 09:30

投稿元:ブクログ

読書好きの中年資産家の日常を描いたお話。著者らしい風変わりな登場人物は相変わらず。ひたすら描れる風変わりな人達の日常は意外と普通だったりする。江國香織の作品を読んだという満足感は得られる。

2017/06/01 23:13

投稿元:ブクログ

現実と、主人公が読んでいる小説が同時進行していく構成は面白い。
ただ、作中作も言葉遣いなどが江國香織なので(北欧ミステリではない…)、二層に思えなかったのが私は残念だった…。
作中作の方が物語としては盛り上がって面白く(わざと対比したのだろうと思うが)、結末が気になる。

2017/05/12 22:24

投稿元:ブクログ

本の中の登場人物が読んでる本を、本の外にいる私が一緒に読むのはなんだか不思議な体験だった。
キリのいいところで、登場人物の読んでる本が終わるのではなく、唐突にプツッと終わり、また唐突に始まる。
ラースの本を最初から最後まで読みたかったなー。
稔の本の世界にすっぽりと入ってしまう読み方が、共感できて楽しかった。

2017/05/03 23:16

投稿元:ブクログ

江國香織さんの長編、初めて読んだ。

本を読んで暮らす稔の小説内小説と、周りの人たちの小さな痛みのある生活。

「でもだから何だというのだろう。世界のどこかで実際に起きたことと、小説のなかで起きたこと、どう違うというのだろう。」

稔の心の声。
本当に。と、思わずにはいられない。

2017/05/29 11:04

投稿元:ブクログ

結局何が言いたかったのか。
又は何も言いたくない日常を淡々と現した小説か。

江國さんの淡々とした日常の物語は好きだ、
それに浮世離れした由緒正しきお金持ちの話も。

今回もその両方が堪能できるかなと思って読んだ。
出席しなくてはいけないパーティやら葬儀やら
勝手に送られてくる数々の到来物やら、
浮世離れした50代の男、稔が主人公。
でも江國さんの得意な手法、語り手が次々と
かわるので、他にも主要な人物は多々登場。
どの人にも感情移入できない、しなくても
良いのだけれど、肩入れしたい登場人物も
あまりいない。唯一まともなのは稔の道楽の
ソフトクリームやさんの店員の茜かな。

稔の娘の波十ちゃんが一人称の部分が好きだった。
でも思春期の娘、波十がいるのに再婚してしまう
稔の元妻の渚や
本当の父親には子供を認知されず、お金持ちの稔に
書類上の父親になってもらっている茜の友達とか
苛々する女性も多く登場する。
かっこよく表現しているけど、自分の人生に全然
責任持ててないと思う。

稔の友人の大竹が一番気味悪かった。
ものすごい奥さんへの束縛(本人は全く気づいてない)と、
歯科矯正のために話しにくく赤ちゃんことば
みたくなってしまっているしゃべり方が
あいまって気味悪かった。

途中稔が読んでいる小説が文章まるごと
入ってくるけど、この書き方で
何かしたかったのか
いまいちよくわからない。
稔の離婚理由が本の中に入り込んで
一緒の空間を共有できないという渚の
申し立てによる離婚だから、それだけ
本が重要な役割なんだと言いたかったのか。
でもKGBとかが絡んだミステリーとカリブの
マフィア絡みの恋愛ものとか、面白かった。
もっとそっちの話を読みたいと思った。

結局心にのこることもなく、
もう読み返さないだろう本だった。

2017/02/23 12:47

投稿元:ブクログ

最初の数ページを読んだところで、突然文章がぶちっと切れて白い行が1行。うわっ、乱丁?落丁?なんか校正のミス??いやいやわざと?と思いつつさらに数ページ読むと、今度は同じ文章が二度続いてまた白い行が。絶対に乱丁かなにかミスでしょ??と思い、そしたら新しい本に変えてもらってから読もう、と思って本をとじたわけで。ツイッターでも騒いで本当にバカなわたし。で、なぜかその夜ふと夜中に目を覚まして考えごとしていて、あ、あれはミスなんかじゃない、あれで正しいのだ、とふっと理解した。
ぶちっと切れていたのは、登場人物が読んでいる本の文章なんだけど、つまり、登場人物が意識を本から離したところでぶちっと切れ、眠かったりして何度も同じ行を読んだとき、同じ文章がくり返されているという。
最初からすっとわからなかったわたしは本当に馬韓なんだろう。だれも、ミス?とか思ってないみたいだ。
でも、え?と一瞬思わせるっていうしかけなんだろう。。。

しかけにまんまとひっかかったから言うわけじゃないけど、うーん、わたしはこの登場人物が読んでいる本(劇中劇じゃなくて、なに? 本中本?)をそれほどおもしろいと思えなかったような。北欧だかロシアだかのミステリみたいなのと、南米だか暑いところのミステリみたいな話だけど。それが全体の何分の一かわからないけど(適当にいうと五分の一くらいに感じたけど)それを読まされるより、本編をもっと読みたかったかも。

ストーリーは、なにかできごとがあるわけでもなく、中年のいろんな立場の人たちが、淡々と、連綿と、いろんな自分の人生を生きていっている、というような感じで、いかにも江國さんといったふう。なにも解決とかしないし。どうして?と思うことの理由もわからないまま。とらえどころがないというか。嫌いじゃないけど。やっぱり、江國さんの文章自体をわたしは好きなんだなと思う。

本を読んでばかりいる稔は50歳で、膨大な遺産があるので働かなくてよくて、いつも本の世界に入っていて、他人に興味がなくて冷たいように見えるのに、わりにまわりに人がいて、かまってもらえて、世捨て人のようになっていないのが不思議というか。うらやましいというか。どうしてなんだろうとか思ったり。あと、なんというか、反省とか後悔がなさそう、こんなふうに本読んでばっかりでどうなんだろう?っていうのがないのもうらやましいというか。

(うーん、江國さんは、なんですかね、好きなように生きる、っていうのがいつもテーマなんですかね。。。)

(どうでもいいけど、同世代なんだけど、どうもやっぱりバブル期っぽいというか、浅野温子とかゆう子とか出てきそうな気がして…)

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る