サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 平和ボケ、お花畑を論破するリアリストの思考法

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

平和ボケ、お花畑を論破するリアリストの思考法
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/04/08
  • 出版社: 飯塚書店
  • サイズ:19cm/191p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7522-6028-8
  • 国内送料無料

紙の本

平和ボケ、お花畑を論破するリアリストの思考法

著者 渡邉 哲也 (著)

テロ準備罪、集団的自衛権、憲法改正…。反対ばかりでいいの? メディアに騙されている「お花畑」な人たちの存在と問題点を具体例を挙げて追及し、そこに生じる矛盾と論理的破綻、正...

もっと見る

平和ボケ、お花畑を論破するリアリストの思考法

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

テロ準備罪、集団的自衛権、憲法改正…。反対ばかりでいいの? メディアに騙されている「お花畑」な人たちの存在と問題点を具体例を挙げて追及し、そこに生じる矛盾と論理的破綻、正しい判断のための論理的思考を伝える。【「TRC MARC」の商品解説】

日本に迫りくる脅威を全く報道しない既存のマスメディアに騙されている、いわゆる「平和ボケ、お花畑」な人たちはまだまだたくさんいます。そんな可哀想な人達を覚醒させたい、本当のことに気づいてほしい、と思っているけどうまく説得できない、と忸怩たる思いの人も多くいます。そんな人達に向け経済評論家であり若手保守論客として『トランプ! 世界が変わる日本が動く』(ビジネス社)『山口組分裂と国際金融』『パナマ文書』(徳間書店)や『貧者の一票』(扶桑社)等々のベストセラーを次々と出版し大活躍の渡邉哲也が、一瞬で論破し納得させる正論の解き方を指南します。【商品解説】

目次

  • PART 1
  • 第1章 「平和ボケ」「お花畑」の実体
  •   激変する世界であぶり出される人たち
  •   残念すぎる「お花畑」「ドリーマー」の失策
  •   日本の「リベラル」は何を間違っているか
  •   「自称リベラル」の勘違い
  •   お花畑の本性とは
  •   人格破綻者だった「マルクス主義」の生みの親

著者紹介

渡邉 哲也

略歴
〈渡邉哲也〉1969年生まれ。日本大学法学部経営法学科卒業。作家・経済評論家。著書に「本当にヤバイ!欧州経済」「山口組分裂と国際金融」「パナマ文書」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/05/01 02:41

投稿元:ブクログ

 リアリストの思考法というよりは、サヨクあるいはパヨクの思考法の分析と言ったほうが内容に即したタイトルになるか。”お花畑”がなぜそのような思考をするのか、その理由についての考察。そして原因となったマスコミ批判へと展開している。なお、”お花畑”の原因の一つにGHQも挙げられているが、GHQが守るべきはアメリカであり、そのために日本人を洗脳したのはある意味正しいといえるだろう(洗脳された側は堪ったものではないが)。そして朝鮮戦争を機に方針を転換し、(アメリカを守るためにではあるが)日本の再軍備を進める方向に動くなど現実に即した対応をGHQはしており、リアリストの思考をしていると見ることもできる。一方でマスコミや当時の一部学生などがその現実を見ることができず反対を叫び、それが現在まで続いてしまっているのが現状である。洗脳が上手くいったといえばそれまでだが、GHQもまさかここまでとは思わなかっただろう。後半で紹介されている論破テクニックでのリアリストの回答は、正直、これで論破できるのか?というほど適当、言い方は悪いが幼稚な回答となっている。しかしながら実際にこれで論破できてしまっている現実がある。

時事評論 ランキング

時事評論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む