サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

お買い物金額分全額還元キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ゼロ・アワー
ゼロ・アワー ゼロ・アワー
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/02/07
  • 出版社: 朝日新聞出版
  • サイズ:20cm/322p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-02-251454-7

紙の本

ゼロ・アワー

著者 中山 可穂 (著)

殺し屋に家族全員を殺され、ただひとり生き残った少女は復讐を誓う。その男にたどり着く手がかりはタンゴとシェイクスピア…。圧倒的な切なさが胸を撃つノワール長篇。『小説トリッパ...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

殺し屋に家族全員を殺され、ただひとり生き残った少女は復讐を誓う。その男にたどり着く手がかりはタンゴとシェイクスピア…。圧倒的な切なさが胸を撃つノワール長篇。『小説トリッパー』掲載に大幅加筆し書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

タンゴにしか興味がない孤独な殺し屋<ハムレット>。
その男に両親と弟を殺され、一人生き残った少女、ヒロミ。
ブエノスアイレスに住む唯一の肉親である日系二世の祖父に引き取られた少女は、家族の復讐を果たすため、人の殺し方とタンゴの踊り方を覚えてゆく。
「あの男を殺して、人生の一部を取り戻す」。それだけが彼女の生きる目的となった。
やがて彼女は<ロミオ>と名乗る凄腕の美しい殺し屋に成長する。
アルゼンチン軍事政権時代の暗黒の歴史を絡めた血塗られた復讐劇はどこへ向かうのか?

全編にちりばめられたタンゴという音楽とシェイクスピア作品への深いオマージュ、破滅へとひた走る狂気のような疾走感、切なく痛ましい殺し屋としての宿命。
ピアソラの「タンゴ・ゼロ・アワー」を暗殺者のための音楽として崇める殺し屋ハムレット。
タンゴのステップを踏むように踊りながら殺す、いかれた女殺し屋ロミオ。
東京とブエノスアイレスを舞台に、ロミオとハムレットの壮絶な闘いが幕を開ける――。
読みはじめたら止まらない、圧巻のノンストップ・ジェットコースター小説!
美しく、激しく、そして息苦しいほどの切なさが胸を打つ、傑作ノワール長篇、誕生!
【本の内容】

著者紹介

中山 可穂

略歴
〈中山可穂〉1960年生まれ。早稲田大学教育学部英語英文科卒。93年「猫背の王子」でデビュー。95年「天使の骨」で朝日新人文学賞、2001年「白い薔薇の淵まで」で山本周五郎賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

丸善ジュンク堂書店のPR誌「書標」2017年2月号より

書標(ほんのしるべ)さん

「ノワールを書きたいんです。少し狂った美しい女の殺し屋が主人公の」
著者がインタビューで、そう話しているのを読んだのは約2年前のことだ。楽しみに待っているうちにかなり期待値が上昇してしまったが、それを超えた読み応えある傑作が誕生した。
家族も友人もなく、タンゴだけを愛する冷徹な殺し屋。家族の命を残酷に奪われ、ただ一人生き残ってしまった美しい少女。殺し屋は1匹の猫のせいで運命を狂わせ、家族を失った理由を知った少女は、復讐のためだけに生きることを誓う。殺人者と被害者遺族として東京ですれ違った二人は、10年の時を経て、ブエノスアイレスで出会う。共に殺し屋という宿命を背負って…。
二人の主人公の孤独な魂が、究極の緊張感の中で、どうしようもなく響き合ってしまう。その繊細な心理描写が虚構を超えて胸に迫ってきた。情熱的な恋愛小説の書き手として知られる著者が、恋愛要素を封印して挑んだ作品であるが、読者を惹きつける美しさと激しさは、さらに研ぎ澄まされ迫力を増しているように思う。アルゼンチンの過酷な歴史、世代を超えた因縁、容赦ない殺人描写…。スピード感のある展開と緊迫感に助けられ一気に読み進んでしまうが、重厚で壮大な物語である。
新境地に立った著者が、次に生み出すのはどんな物語なのだろう?次回作(続編切望!)への期待で胸が苦しい。まずは、ピアソラの名曲「タンゴ・ゼロ・アワー」を聞きながら再読しなければ…。

みんなのレビュー15件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (7件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/12/12 12:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/15 12:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/26 10:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/19 08:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/25 16:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/09 22:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/10 04:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/10 21:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/30 17:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/07 10:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/27 14:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/10 14:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/17 18:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/15 12:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/11/17 16:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。