サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

バッド・フェミニスト

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/01/25
  • 出版社: 亜紀書房
  • サイズ:19cm/393p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7505-1494-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

バッド・フェミニスト

著者 ロクサーヌ・ゲイ (著),野中 モモ (訳)

ポップカルチャー、犯罪や事件、スターのDVやカミングアウト問題…。さまざまな話題を取りあげ、性差別と人種差別、経済格差が交差するアメリカの文化状況を「バッド・フェミニスト...

もっと見る

バッド・フェミニスト

税込 1,620 15pt

バッド・フェミニスト

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.1MB 無制限
Android EPUB 6.1MB 無制限
Win EPUB 6.1MB 無制限
Mac EPUB 6.1MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ポップカルチャー、犯罪や事件、スターのDVやカミングアウト問題…。さまざまな話題を取りあげ、性差別と人種差別、経済格差が交差するアメリカの文化状況を「バッド・フェミニスト」として鋭く読み解くエッセイ集。【「TRC MARC」の商品解説】

ジェーン・スー氏、松田青子氏推薦! アメリカの人気作家、初の批評=エッセイ集。
「私はピンクの服も着たいし男性も好きなダメ・フェミニスト。でも、完璧ではない自分や他人を受け入れ、差別のない世界を夢見たい。」マドンナもスピーチで言及するほど全米で反響を呼んだ。【本の内容】

著者紹介

ロクサーヌ・ゲイ

略歴
〈ロクサーヌ・ゲイ〉1974年ネブラスカ州生まれ。作家。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

丸善ジュンク堂書店のPR誌「書標」2017年3月号より

書標(ほんのしるべ)さん

アメリカの女性作家・大学教授である著者は、アメリカ文化における性差別や人種格差などについて、新聞や雑誌、ブログやツイッター等で積極的に発言して注目されている人物。本書では、彼女がこれまでに様々な媒体に載せてきた記事を纏め、数多くの話題を取り上げている。それらの根幹にあるものは、書名にも使われているバッド・フェミニスト。全ての女性が同じフェミニズムを信じる必要はないと、矛盾だらけのフェミニストが語るエッセイ集。

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.3

評価内訳

紙の本

一人一人の尊厳を守るということ。

2017/12/27 22:33

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

はじめにで、女性を傷つける傲慢さを指摘し、フェミニズムに
ついて話を展開しています。ただし聖人君主を目指す
つもりはなく、たとえフェミニストたちの期待を裏切ろうとも、
バッド・フェミニストでいいから自分の意見を述べるとのことです。
それがタイトルの趣旨です。

とても正しいと思います。
もしフェミニズムが、ある価値観だけを正しいと決めつけ、
○×で考えを振り分けてしまうのであれば、
ほかのあらゆる硬直的な主義主張と同じ末路をたどるでしょう。
物事を柔軟で多面的にとらえる必要性を感じます。

著者の言葉を借りると、全員が同じフェミニズムを信じる
必要はなく、多元的なものとして存在できるということ。
力を合わせると大きな成果をもたらすが、個人の行動から
成果が生まれることもあるということ。

つまり一人一人きちんと向き合っていこうという主張であり、
それはフェミニズムだけに留まらず、人種問題や多様性の
限界にもつながっていく考え方です。

一つの章ごとに主張が細かく展開されますので、
さらさらとは読めません。しかしそれぞれの重みがあるから
自分の考えを深めることになるのです。
結局は一人一人をきちんと扱っていくという考えに
収まるように思いました。

フェミニズムを女性解放運動と思う人は古いです。
といいつつ、わたしもこの本を読むまでは、女性重視の
主張が強い運動という認識でしたが。

第一章の題は「私を感じて。私を聞いて。私をわかって。」です。
この一文にすべて詰まっている気がしてなりません。

女はこうだという画一的な決めつけが過去から続いていて、
改善はされたがまだまだですねというニュアンスを感じました。
それは、有色人種というものはこうだという言い草と同じです。

些末なところでは、有名大学出身者はこうだとか、
会社で偉い肩書の人はこうだとか、全部同じ過ちに見えますね。

人間は弱いから決めつけに頼りたくなるのでしょうし、
それがなんと多く、綿々と続いているのかということなのでしょう。
自ら肩書を持ちだす人の哀れさがにじみます。
ちゃんと考えるとはこういうことなのだと伝わりました。

昨今のブラック企業は、分かって傍若無人をやるので悪質ですが、
ちょっと昔はある意味いまよりもパワハラ全盛で、
気持ち悪い言葉使いをする人が一部にいました。
いまだに耳に残っています。この本を読みながら思い出しました。
相手を敬わない無礼さが言葉の端々からにじみ出るというやつです。
最近の会社内ではあまり見かけなくなりましたが。

そんなことを、レイプの考察の章で連想してしまいました。
わたしたちは、気軽にレイプという言葉を使いすぎると。
わたしの見た中でも、そんな表現をする人が本当にいたんですよね。

そんな重量級の話もあるので、受け付けにくい人もいると思います。
それでもなお、一読の価値は十二分にあると思うのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/06/18 18:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/01 15:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/02/08 14:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/27 09:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/07 20:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

外国のエッセイ ランキング

外国のエッセイのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。