サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ライアー(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/03/01
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/725p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-126033-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ライアー (新潮文庫)

著者 大沢在昌 (著)

暗殺者として生きる奈々は、温和な洋祐と出会い、素顔を隠したまま結婚した。子供が生まれ、親子3人の生活で初めて、愛を、幸福を知る。だが、夫の洋祐が身元不明の女と不審死を遂げ...

もっと見る

ライアー (新潮文庫)

1,015(税込)

ポイント :9pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

暗殺者として生きる奈々は、温和な洋祐と出会い、素顔を隠したまま結婚した。子供が生まれ、親子3人の生活で初めて、愛を、幸福を知る。だが、夫の洋祐が身元不明の女と不審死を遂げる。一体、何故?【「TRC MARC」の商品解説】

美しき妻の素顔は秘密機関に属する凄腕の暗殺者。穏やかな研究者の夫。素直に育った息子。幸せな家庭に恵まれた神村奈々の真の姿は対象人物の「国外処理」を行う秘密機関の工作員だ。ある日、夫が身元不明の女と怪死を遂げた。運命の歯車は軋みを立て廻り始める。次々と立ちはだかる謎。牙を剥く襲撃者たち。硝煙と血飛沫を浴び、美しき暗殺者はひとり煉獄を歩む。愛とは何か――真実は何処に? アクション・ハードボイルドの最高傑作。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/03/14 18:12

投稿元:ブクログ

主人公の奈々自身を含め、多くの作中人物達が“嘘”を重ね、秘密を抱える状況であり、事態は二転三転し、奈々は牙をむく凶悪な敵を向こうに回す羽目になる。そして、誰が敵で、誰が味方なのかさえも不明朗になって行ってしまう…

他方…変な型で失ったことが契機で、奈々が秘密の他方に謳歌していた女性としての幸せの尊さを深く実感して行くというような一面も在る物語だ…

硝煙や血煙が立つアクションを交えながら、嘘や秘密が多い世界での複雑な謎解きと、幸せや愛を何処かで追うような感じ…重厚な物語だ!!

本作は、この文庫本で3回目の書籍化だということなのだが…なるほど“名作”である…或いは、「この物語の後の奈々?」ということを考えさせる余韻も強い…

2017/03/17 10:06

投稿元:ブクログ

神村奈々という名を持つ女の秘密の仕事。彼女から見た人間模様は読めるけれど、夫から見たそれは想像してみるしかない。洋祐さん本人はどんな風に眺めていたのだろうか

2017/03/07 20:34

投稿元:ブクログ

穏やかな研究者の夫。素直に育った息子。幸せな家庭に恵まれた神村奈々の真の姿は対象人物の「国外処理」を行う秘密機関の工作員だ。ある日、夫が身元不明の女と怪死を遂げた。運命の歯車は軋みを立て廻り始める。次々と立ちはだかる謎。牙を剥く襲撃者たち。硝煙と血飛沫を浴び、美しき暗殺者はひとり煉獄を歩む。愛とは何か―真実は何処に?アクション・ハードボイルドの最高傑作。

期待して読んだのだが、アクション少な目の会話劇。うーむ。

2017/03/07 20:06

投稿元:ブクログ

時々、理屈っぽすぎる作品もあるけど、この作品はナイスな設定だった。続きを読みたくて最後まで一気に読んでしまった。