サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 天久鷹央の推理カルテ 5 神秘のセラピスト

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

天久鷹央の推理カルテ 5 神秘のセラピスト(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/03/01
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/310p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-180090-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

天久鷹央の推理カルテ 5 神秘のセラピスト (新潮文庫nex)新刊

著者 知念実希人 (著)

白血病の少女を救えるのは医療か、奇蹟か。神秘的な現象を引き起こす“病気”の正体とは。不可解な事件を天才女医・天久鷹央が解き明かす、新感覚メディカル・ミステリー第5弾。『小...

もっと見る

天久鷹央の推理カルテ 5 神秘のセラピスト (新潮文庫nex)

637(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

白血病の少女を救えるのは医療か、奇蹟か。神秘的な現象を引き起こす“病気”の正体とは。不可解な事件を天才女医・天久鷹央が解き明かす、新感覚メディカル・ミステリー第5弾。『小説新潮』掲載に書き下ろしを加えて文庫化。【「TRC MARC」の商品解説】

白血病の少女を救うのは、医療か、奇蹟か。白血病が再発し、骨髄移植でしか助かる見込みがない少女・羽村里奈。だが、複数回に及ぶ化学療法を経ても病気が完治しなかったことで医療不信に陥った彼女の母親は、移植を拒否し、左手に聖痕を持つ預言者の言葉に縋るようになってしまう……。少女を救えるのは、医療か、奇蹟か。神秘的な現象を引き起こす“病気”の正体とは。天医会総合病院の天才女医・天久鷹央が奇蹟の解明に挑む。【商品解説】

収録作品一覧

雑踏の腐敗 11−64
永遠に美しく 65−159
聖者の刻印 161−305

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/03/02 17:36

投稿元:ブクログ

「奇跡を起こす預言者」のお告げによって少女の命が奪われようとしている…そんな謎に立ち向かうASの天才医師・鷹央先生と助手(下僕?)・小鳥先生コンビの第5作。短編2編、続いてメインの中編。

トリックや謎の正体は医学の知識がないと解けないものが多いのだが、疾患が隠れている(もしくは隠されている)ことを感じさせずに謎を提示するテクニックは健在。

個人的には短編集の方がこの名コンビの魅力をより際立たせるような気がする。次回作も楽しみに待ちたいところ。

2017/03/04 18:02

投稿元:ブクログ

鷹央ちゃんの好奇心旺盛な行動は健在でハラハラですが、登場人物たちがおなじみの方々になってきたことで相関図がわかりやすくなったことが大きくあります。誰かに仕事を頼むことが鷹央ちゃんの変化を如実にしてますし、相棒の小鳥先生との呼吸が阿吽になってきたイメージで謎解きの面白さも相まって一気読みでした。
相変わらず一話分のトリックが魅力的で、よくネタ切れしないものだなぁとワクワク。
発売日が楽しみな文庫です。

2017/03/10 17:26

投稿元:ブクログ

 絶好調のシリーズ第7作。宗教を相手にするのは、長編『スフィアの死天使』以来か。鷹央自身の苦い経験も絡み、事態は困難を極めるが…。

 Karte.01「雑踏の腐敗」。姉を頼って上京してきた若者。想像を絶する人並に高揚感は薄れ、さらに彼の肉体が…。そりゃ焦るだろうなあ。このシリーズで初めて知った疾患は多いが、今回もまた然り。医学以外の知識に、ヒントが隠されていたとは、鷹央の守備範囲の広さに驚いた。やっかいだが、付き合っていくしかない。

 Karte.02「永遠に美しく」。女性は男性よりも老いを気にする。目に見えて若返らせる、鍼灸師がいたとしたら…。そんな方法で効果があるのか、ピンとこない面もあるが、これを読んで、自分でやってみたい人もいたりして? 意外とあっさり解決かと思ったら、二重仕掛けになっているのは、さすがだ。予後が良好であることを祈る。

 メインイベント、Karte.03「聖者の刻印」。二度にわたり白血病が再発した少女。骨髄移植以外に治療法は残されていないが、医療不信に陥っている母親は、骨髄移植を拒否。彼女は「聖者」を信奉していたのだ。理詰めで説得しても、母親は聞く耳を持たない。そこで、「聖者」のインチキを暴こうというのだが…。

 今回も猪突猛進の鷹央だが、単に暴けばいいのではない。下手すると、母親の態度をさらに硬化させる。彼女だって、娘を助けたい。異例のタッグを組んで、鷹央が打った手段とは。プロローグでその4文字を見たときは、疑問符だらけだったが、手が込んだことを…。ある意味、この病名は意外だったかも。

 医学に絶対はないし、個人の信仰は尊重されなければならない。Karte.03は、現実にあり得るケースとして考えさせられる。それでも医師は、目の前の患者を全力で助けようとする。そのために、鷹央も小鳥遊も他の医師たちも、日々成長を続けている。

2017/03/15 19:24

投稿元:ブクログ

いつもの如く楽しく読みました。シリーズとして安定してますね。連作短編ですが、冒頭の一編では少し文章が上手くない感じを受けました。(気のせいかも知れません) ともあれ、刊行のペースも早いので、忘れないうちに次が読めるのは嬉しいです(笑)

2017/03/22 16:57

投稿元:ブクログ

安定の面白さ。知らない病気も知ってる病気も、それが引き起こす症状までは殆ど知らないので、こういう詐欺に巻き込まれる人達を単純に非難はできないな…と思います。若返りも病気と引き換えじゃ何のこっちゃか分かったもんじゃない。年齢なりの美しさを知れる人でありたい。最後は娘ときちんと向き合えて良かった。宗教に頼るのは悪いことじゃないけど、大切な事は自分の決断を下してほしい。天久先生危機一髪な所もあり相手が少しずつ危険度を増すあたり、シリーズが重なるにつれて天久&小鳥ペアの命もいずれ危うくなるんじゃないかと不安に…。

2017/03/16 23:10

投稿元:ブクログ

面白かった!!
文句なし!(ひいき目というのもあるが)

しかしあの国まで持ってくるとは・・・
いやはや。

新潮文庫 ランキング

新潮文庫のランキングをご紹介します一覧を見る