サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

壁と孔雀(ハヤカワ文庫 JA)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/02/22
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 JA
  • サイズ:16cm/408p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-031265-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

壁と孔雀 (ハヤカワ文庫 JA)

著者 小路 幸也 (著)

警視庁SPの土壁は、2年前に事故死した母の実家を訪れる。初めて会った小5の異父弟・未来は自分が母を殺したと告げ、自ら座敷牢に籠もっていた。町では謎の事故が相次ぎ、土壁は忍...

もっと見る

壁と孔雀 (ハヤカワ文庫 JA)

864(税込)

壁と孔雀

778 (税込)

壁と孔雀

ポイント :7pt / 紙の本より86おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

警視庁SPの土壁は、2年前に事故死した母の実家を訪れる。初めて会った小5の異父弟・未来は自分が母を殺したと告げ、自ら座敷牢に籠もっていた。町では謎の事故が相次ぎ、土壁は忍びよる危険から弟達を護ろうとするが…。【「TRC MARC」の商品解説】

座敷牢に籠った幼い異父弟は、離れて暮らしていた警官の兄に母殺しを告白した……『東京バンドワゴン』の著者が描く旧家の悲劇!【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/03/28 10:53

投稿元:ブクログ

小路さんの作品はやっぱりすらすら読める。主人公SPというか警察関係者にしては優しすぎて、そのまま信じてもいいのだろうか、とこちらが心配になった。都合がよすぎるというか、裏を読もうとしてしまうこちらがいけないんだろうな。

2017/04/09 13:42

投稿元:ブクログ

現役大臣襲撃の際に足を負傷して休職中のSP土壁英朗。別れて育った母親の死と義理の弟の存在を知り、リハビリ兼ねて母の墓参りへ。そこで待っていたのは、数々の謎と事件だった。出会った人を初見で動物に見立てる不思議な癖というか力が。母の死の謎を解き明かせるか。

2017/03/26 19:53

投稿元:ブクログ

久しぶりの小路幸也さん
東京バンドワゴンシリーズでちょっとお腹一杯の気分だったけど
読み始めると、読みやすく、とんとん拍子に読み進められる
ああ、面白いなぁと やっぱり面白かったなぁと。。。。
未来くんが、元気で幸せに暮らしていけるように
優しい大人がそれだけを考えて行動する姿に
ミステリーで、ハラハラもあるけれど、安心して読めた

2017/04/03 08:19

投稿元:ブクログ

SPの土壁英朗が幼い頃別れた母親の実家は、とある北海道の名家だった。労災休暇を兼ねて死んだ母親の墓参りに初めて行ったその名家には、座敷牢の中に佇む歳の離れた少年、父違いの弟がいた…。開拓時代の北海道の片隅で秘かに隠された秘密、それに纏わる謎と事件を、SPがお門違いの捜査を始めます。途中まで面白く読みましたが、最後の英朗の穿ち過ぎた謎解きは不要だった気がします。後味が悪くなりました。英朗は良識のある主人公だっただけに、人の親切や友情を素直に受け止めて欲しかったです。

ハヤカワ文庫 JA ランキング

ハヤカワ文庫 JAのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む