サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 「年金問題」は噓ばかり ダマされて損をしないための必須知識

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「年金問題」は噓ばかり ダマされて損をしないための必須知識(PHP新書)
「年金問題」は噓ばかり ダマされて損をしないための必須知識(PHP新書) 「年金問題」は噓ばかり ダマされて損をしないための必須知識(PHP新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.8 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/03/16
  • 出版社: PHP研究所
  • レーベル: PHP新書
  • サイズ:18cm/222p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-569-83550-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

「年金問題」は噓ばかり ダマされて損をしないための必須知識 (PHP新書)

著者 高橋 洋一 (著)

「年金が危ない」と煽りたてて、得をしている人々がいる! 年金数理を熟知する著者が、財務省、厚労省、金融機関がひた隠す年金の「真実」を明らかにする。【「TRC MARC」の...

もっと見る

「年金問題」は噓ばかり ダマされて損をしないための必須知識 (PHP新書)

864(税込)

「年金問題」は嘘ばかり

730 (税込)

「年金問題」は嘘ばかり

ポイント :6pt / 紙の本より134おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「年金が危ない」と煽りたてて、得をしている人々がいる! 年金数理を熟知する著者が、財務省、厚労省、金融機関がひた隠す年金の「真実」を明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

「年金が危ない」というのは大嘘。利権のために危機を煽っているのだ。「年金=保険」と知ればカラクリは丸わかり! 老後安心の年金論。【商品解説】

「年金が危ない」というのは大嘘。利権のために危機を煽っているのだ。「年金=保険」と知ればカラクリは丸わかり! 老後安心の年金論。【本の内容】

「年金が危ない」というのは大嘘。利権のために危機を煽っているのだ。「年金=保険」と知ればカラクリは丸わかり! 老後安心の年金論。【本の内容】

著者紹介

高橋 洋一

略歴
〈高橋洋一〉1955年東京都生まれ。東京大学理学部数学科・経済学部経済学科卒業。博士(政策研究)。大蔵省に入省、内閣府参事官等を歴任。株式会社政策工房代表取締役会長。嘉悦大学教授。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

年金だけでなく、保険、税金の基礎知識も

2017/03/30 18:34

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黒酢 - この投稿者のレビュー一覧を見る

年金の基礎知識がなくても読みやすく、わかりやすく書いてあります。

通常、この手の本は「年金は破綻する!!」という不安を煽るものが多いですが、この本は、国民年金や厚生年金は破綻しないことを数学的に説明しています。
数学の難しい話がでるのかと思いきや、数字を丸めると、簡単な暗算でわかってしまう話です。
ただ、数学的には破綻しないだけで、年金行政や経済政策が暴走すれば破綻もありうるという但し書きはつきます。

また、厚生年金基金については、逆に、著者は、財務省の役人時代に、破綻するぞ!という論文を書いて雑誌で発表しており、見事!的中させていました。

このように、年金について財務省の現役時代から詳しい方が書いた本で、しかもわかりやすいので、制度の基本を押さえるのにはお奨めの本です。

なお、本の題名は、かなり刺激的ですが、次々と嘘を暴く!というような内容ではなく、マスコミが年金の不安を無用に煽っていることを批判する程度です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なるほど!

2017/06/11 22:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

年金問題について分かりやすく解説してくれている本です。
テレビなどでは不安をあおるような言い方をしていることが多いですが、少し安心しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/04/09 08:24

投稿元:ブクログ

年金問題とは何かをプロ(元厚労省官僚)が平易に解説。破綻をあおるのはだれか。
また歳入庁ができないのはなぜか。

2017/04/09 20:20

投稿元:ブクログ

元財務相の官僚であった、「埋蔵金」を発掘したり、日本政府のバランスシートを初めて作成した、高橋洋一氏による、年金問題を解説した本です。

この本の結論は「年金は破綻しない、しかし現時点でもらっている人のように貰うことはできない、破綻をさけるためには、年金を支える人たちの保険料(給料天引き)を増やす、年金支給時期を減らす、年金額を減らすしかない」ということです。また、年金は政府が半額、さらに企業も負担しているので、国民年金を未納している人は不利であることも強調されています。

私も50歳を超え、年金定期便に、65歳以降に貰える見込み額が記載されるようになりました。その額を見ていると、十分とは言えませんが、生活費の足しには十分になるなというものでした。

私は会社員なので未納することは不可能ですが(天引きなので)、二十歳を超えている学生である娘の国民年金の年額を一括する払いすると、ため息がでます。でも私も学生時代に親に払ってもらっていたことを思うと、これも親の義務なのかなと思います。この本を読んで、日本の年金はある程度、しっかりと書かれて設計されているけれども、消費税を上げてそれを手にしたい財務省や多くの関係者の思惑で、議論が変な方向に行くことが理解できました。

以下は気になったポイントです。

・年金については3つのポイントを知っておくこと、1)年金は保険、2)40年間払った保険料と、20年間で受け取る年金額がほぼ同じ、3)年金定期便は国からのレシート、年金保険とは、長生きした場合の保険である、早死にした人が長生きした人を支えている(p18,19、27)

・リスクとは、危険という訳よりは、「わからない」」という意味でとらえるべき(p28)

・死亡保険とは、年金保険とは異なり、無事に満期まで生きることができた人が支払った人が、亡くなった人の遺族に支払われる早死にするリスクに備える(p29)

・2017年8月から施行される、改正年金機能強化法によれば、10年支払っていれば年金がもらえるようになった(p33)

・平成26年の公的年金加入対象者は、6721万人、それに対する未納者は、約224万人、未加入者は9万人、本当に払っていない人は全体の3%(p36)

・納めている年金保険料は月給の2割くらい、しかし労使折半なので、保険料納付金額に記載されている金額は1割程度、年金額はその2倍=4割程度となる(p45、53)

・消えた年金の7割くらいは、会社が厚生年金保険料を国へ納めていなかったケース(p50)


・厚生年金のバランスシート、資産として、将来保険料(1470)、国庫負担(390)、積立金(170)、負債としては2030兆円(p92)

・保険料引き上げが本来のやり方であるのに、それができないのは反対する勢力=経済界、があるから(p120)

・所得を完全に捕捉して所得税でとることができれば、法人税をとると二重課税となる。法人税下げの趣旨は、国際競争力強化のためではなく、二重課税をなくすため、同様の理由(所得の捕捉���できれば)で相続税もゼロにできる(p123、125)

・いつもでも働けるというのは、とても大事なことである(p184)

2017年4月23日作成

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む