サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

2017年:上半期ランキング(~7/17)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 歴史・地理・民俗
  4. 「都市」の世界史 グローバル時代の必須教養

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「都市」の世界史 グローバル時代の必須教養
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料

紙の本

「都市」の世界史 グローバル時代の必須教養

著者 出口治明 (著)

文化、宗教、経済、政治、戦争…。世界を牽引してきた「都市」。世界帝国の都イスタンブルから、北京、ニューヨーク、ロンドン、パリ、永遠の都ローマまで、代表的な都市を考察し、そ...

もっと見る

「都市」の世界史 グローバル時代の必須教養

1,944(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

文化、宗教、経済、政治、戦争…。世界を牽引してきた「都市」。世界帝国の都イスタンブルから、北京、ニューヨーク、ロンドン、パリ、永遠の都ローマまで、代表的な都市を考察し、その素顔の中に息づく歴史の影響を見つめる。【「TRC MARC」の商品解説】

世界を牽引してきた「都市」の歴史を知ることは、グローバル時代を生き抜く武器になる。ビジネス界きっての知識人による待望の一冊!【商品解説】

なぜ、パリが「芸術の都パリ」になったのか。なぜ、ニューヨークが「世界都市」になったのか。10の都市から世界史を読み解く一冊。【本の内容】

著者紹介

出口治明

略歴
〈出口治明〉1948年三重県生まれ。京都大学法学部卒業。ライフネット生命保険株式会社代表取締役会長。著書に「「全世界史」講義」「仕事に効く教養としての「世界史」」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/04/22 11:36

投稿元:ブクログ

都市をキーワードにした所で、著者の他の世界史本と差別化しているものの、結局史実を語る内容になるから、都市にフォーカスしたならではの要素はそれほど感じなかった。また来歴を分かりやすく語っている箇所と、事実の羅列に終始する箇所など、ムラもあるように思う。各都市を訪問する著者だけに、思い切って旅行体験を軸にした(街道をゆくみたいかもしれないが)エッセイにしても良かったかもしれない。

2017/06/18 07:03

投稿元:ブクログ

現在も栄えている都市を世界から10個選び、その年についての歴史について、出口氏が解説しています。歴史というのは人が集まる都市を中心に営まれたものであるとすると、都市の歴史を知ることは、ある時代に覇権を得ていた文明の歴史を知ることにもつながります。

世界史を「都市の発展」の観点から見てみるのも興味深いですね。どの都市もある時代では世界の中心となっていた街です、その時から現代までどうなっているのか、それについての解説も面白かったです。同様に、日本の中の都市についても機会があれば勉強していたいと思いました。

以下は気になったポイントです。


・誰もがよく知っている世界の都市の素顔の中に、脈々と息づいている歴史の影響を見つめてみようと考えて、本書を執筆する動機となった(’p2)

・「人・本・旅」と言うように、たくさんの人に会い、たくさんの本を読み、机上で考えるだけではなくいろいろな現場に出向いて体験を重ねる旅をすることで、初めて人間は賢くなれる(p3)

・イタリア半島への諸部族の侵入が激しくなってくると、エジプトから輸送される小麦が略奪されるリスクが増えた、ローマ帝国の西側が貧しく、東側が豊かであった(p24)

・330年には、ビザンティオンをコンスタンティノープルに改名して、第二のローマにしようとした。城壁で囲み新しく宮殿を建て、ローマに残っていた元老院の貴族たちを全て呼び寄せた、官僚や軍人もすべて(p26)

・東ローマ帝国においては、宮廷や行政上の公用語がギリシア語に変わった、文化が東方文化とギリシア文化の融合となり、古代ローマ文化と異なっていったが、ローマ帝国自体は、自分たちの国は、SPQR(元老院とローマの人民)の名称で通した(p28)

・コスティニア工程は、西側の土地をもう一度取り戻そうと大軍勢を派遣して領土を奪回したが、この戦いで多数の兵力と膨大な財力を消失して国力は一気に衰微した(p29)

・西暦1000年の世界の三大都市は、コルドバ(後ウマイヤ朝)、開封(北宋)、コンスタンティノープルであり、東方の世界が西欧を圧倒していた(p32)

・キリスト教の5大教会は、ローマ・コンスタンティノープル・アンティオキア・アレクサンドリア・エルサレムである。各教会のトップは、総主教だが、ローマとアレキサンドリアのトップは、教皇と呼ばれていた、16世紀末にモスクワは総主教座を手に入れ同格となった(p35、50)

・1054年に、両教会(ローマ・コンスタンティノープル)は相手を破門したので、西は「カトリック教会」、東は「正教会またはギリシア正教会」と自称した。一般呼称としては、ローマ教会と東方教会が妥当であろう(p37)

・スレイマン一世は、貧しい国に過ぎないフランスに「カピチュレーション」と呼ばれる外交上の特権(治外法権・帝国内での通商、居住の自由・関税自主権)を認めた(1536)、これに旨みのあることを知った、イングランド・ネーデルランドもこれを世界に広げていった(p43)

・スレイマン一世がウィーンを包囲したとき、彼の陣営からコーヒーが伝わり、そればウィンナーコーヒーの元祖となった、再度包囲したとき(1683)には大敗した、この代償として、オーストリアにハンガリーとルーマニア北西部分、ベネチアにクロアチア、ペロポネソス半島を割譲した、オスマン朝の初めての領土割譲(p44、46)


・二次にわたったバルカン戦争は、1913年に終結し、オスマン朝はバルカン半島の領土をほとんど喪失、翌年に第一次世界大戦に同盟国側に立って参戦、敗北(p55)

・現在のトルコ共和国では、突厥が、552年にモンゴル高原にて、柔然というモンゴル系遊牧国家を打ち破った年を、建国記念としている(p72)

・戦争の主力となる兵器は、重装歩兵からチャリオット(二輪戦車)、騎馬軍団、歩兵と銃、そしてタンク(戦車)へと変わっていくが、近代以前をリードした軍団は、トルクマンが主導した(p75)

・皇帝が反英のシンボルに担ぎ出されたムガール朝は、1858年に正式に滅亡、イギリス王国はこれを機に、東インド会社によるインド支配をやめて、国王の直接支配に切り替えて、名実ともに大英帝国となった(p103)

・大学の理想ともいうべき3つを開学当初から守っている、アル=アズハル大学は、カイロにある。それは、入学随時・出欠席随意・修学年限なし、である(p114)

・アイン・ジャールートの戦い(1260)は、不敗だったモンゴル軍がエジプトに初めて負けた戦いとして、歴史に名前を残している。

・ムルマーク朝の全盛期は、海の道を握った、ベネチア・マルムーク朝連合が、東西貿易をほぼ独占していた時代といえる。その繁栄の中心がカイロである(p131)

・1509年、インドの西海岸で戦われた、ディーウ沖海戦により、ポルトガルがムルマーク朝(グジャラート連合軍)を破り、インド洋はポルトガルの支配下となる(p133)

・スエズ運河が開通したとき(1869)、エジプトは財政難に苦しんでおり、スエズ運河の持ち株を売りに出した、これを購入したのがイギリス連合国、ロスチャイルド家に融資を依頼した(p139)

・シルクロードが日本では有名だが、東西交易の大半は往来が容易な海の道や、草原の道を通じて行われていて、シルクロードは商品ではなく、人や情報が行きかう道であった(p150)

・世界史に残る二大翻訳運動とは、1)中国における大乗仏教典の、サンスクリットから漢語、2)イスラム帝国における、ギリシア・ラテン語から、アラビア語への翻訳、紙を製造する最初の工場は、759年、サマルカンドに建てられた(p156)

・商(殷)は、BC16-11世紀まで栄え、周に滅ぼされ、BC256年まで続いた。古代の中国は「九州」と呼ばれていた、9つの文明があったということ(p179)

・五胡十六国時代(304-439)において、五胡とは、5つの遊牧民の名称で、匈奴・羯(けつ)・鮮卑・氐(てい)・姜(きょう)、この時から、中原の地から河北省を中心とする北側と、河南省から長江の南を拠点とする南側が対立する、南北朝時代となる、これは隋の統一まで続く(p182)

・隋や唐の前身は遊牧民なので、遊牧民とは友好関係を希求しているので、万里の長城は、この2国は関わっていない。関わっているのは「明」(p184)

・安史の乱によって唐は弱小国となったが、滅ばなかった。それはウイグル族の力を借りたので(p186)

・唐が滅んだ907年後には、5つの王朝が入れ替わり登場した、中央を除く周辺部分には、10カ国以上の国が、宋に統一(979)されるまで続いた。これを「五代十国」と呼んでいる(p189)

・燕雲16州を獲得したキタイは、広大な領土を5つの道にわけて、それぞれに都をおいた。北:上京臨こう府、東:遼東半島の東京遼陽府、西:西京大同府、南:南京析津府(北京)、中京大定府は北京の北にあった。一番南にある北京の地を、キタイでは、南の京、南京と呼んだ(p190)
・クビライが五代皇帝になったとき、モンゴル帝国は4つの国家に分かれていた、中国、ジョチ・ウルス、チャガタイ・ウルス、フレグ・ウルスであった(p195)
・人々の往来により病原菌の移動も容易になった、14世紀になって地球が寒冷化すると、食糧難から人々の抵抗力が弱まりペストの流行を招き、モンゴル帝国を滅ぼす大きな原因となる(p199)
・大航海時代とは、日本の学者のネーミング、船の大きさや航続距離を考えると、大航海とは言い難い。鄭和艦隊は、60隻、旗艦の大きさは2000トン、2万7000人、コロンブスの場合は、150トン・3隻・88名(p199、210)
・明を興した朱元璋が、北伐軍を大都に送ったとき(1368)、大元ウルスの軍勢が戦わずにモンゴル高原に去っていったのは、食糧ルートが尽きていたから(p200)
・朱元璋は、もしも宦官が文字が読めたら、自分の親書を読まれるかもしれないと考え、文字の読める宦官を全員誅殺した。この方法を一番勉強したのは、毛沢東と言われる(p207)
・永楽帝は、自分が正統な皇帝からその土地を簒奪したことは確かなので、南京を都にしたくなかった。1403年に、北平の地を「北京」と名付け、国都とした。遷都が完了したのは、1421年(p208)

・鄭和艦隊はインド洋に出没する海賊をほとんど撲滅した、寄港地での君侯同士の争いも、どちかに肩入れして子分にしていた。インド洋の大警察官であった。もしも鄭和艦隊が存在していたら、バスコダガマのインド到達がなかっただろう、艦隊の維持費と人件費、作戦行動にかかる経費を万里の長城の建設に使った(p211、212)

・先住民を追い払って支配権を確立した、ニューアムステルダムの入植者たちは、1652年になると独自政府をつくり行政全体を取り仕切り始める。これにより本国は公式に自治体として承認した(p228)

・第二次英蘭戦争の後、マンハッタン島は正式にイングランド所有となり、その代わりに、モルッカ諸島群の中のバンダ諸島(香辛料の産地:19世紀中頃まで、ナツメグなどの香辛料の世界で唯一の供給源)を得た、第三次英蘭戦争の後(1674)には、マンハッタン島はイングランド所有となり、その引き換えに、オランダは南米ギアナのスリナムを得た(p233)

・ニューヨークは、1783-1790まで首都、そして1800までは、フィラデルフィア、それ以降はワシントンとなり今日に至る(p239)

・南北の通りを、アベニュー、東から西へ、一番��、二番街と名付けた。東西の通りは、ストリートと呼び、南から北へ、一丁目、二丁目とした(p240)

・アメリカ・イングランド戦争(1812-14)は、ナポレオンがエルバ島へ流刑になったときに終戦となった、これは第二次独立戦争とっも言われ、アメリカ国家はこの戦争中に誕生している(p242)

・独立戦争が勃発したとき、フランスはイングランドと、欧州覇権をめぐって対立していたので、アメリカに味方した。(p248)

・イングランドは南アフリカ戦争(1899-1902)でネーデルランド系の原住民と戦った。勝利したが戦費はニューヨーク証券取引所で調達した。ロンドンでなかったことは、大英帝国の覇権が揺らぎ始めたことを意味した(p253)

・アメリカはアジアの戦略的パートナーとして中華民国の蒋介石を想定していたが、毛沢東が登場したので、パートナーを日本に変えざるを得なかった(p258)

・英国のノルマン朝は、1066年から今まで血統が途切れることなく続いている。ノルマン朝により、アングロサクソンのイングランド王国は滅亡し、ノルマン人の王朝となった(p271)

・国王が勝手に課税してはいけない、議会(貴族)の承認をとるべき、としたのが「マグナカルタ=大憲章」であり、最初の憲法となった(p282)

・ヘンリー8世は、1534年、王妃に男児が生まれないことを理由に離婚しようとしたが、ローマ教皇が承認しなかったので、国王至上法を発布、イングランド教会の首長は、国王であるとし、ローマ教会から離脱して、イングランド国教会を作った。新しい王妃から生まれたのが、エリザベス一世。6年ですべての修道院をつぶし、聖書を至上とするプロテスタントの信者がロンドンにやってきた。(p289)

・権利の章典(1628)により、国王や政府が勝手に税金を課すことを禁じた、その代わりに議会が国債を認め、そのチェック機関として中央銀行を設立するという現代の金融政策システムの祖形を成立させた(p296)

・ローマの人々は、ケルト人をガリア人(ガリー人)と呼んでいた、セクアナ河は現在のセーヌ川、ルテティアとは「パリ」、パリシィ族とはケルト人の中の一部族の名前(p309)

・どこの国にも国語、国家はなく、君主の住居や有力部族の集落が中心であった。唯一、知識階級の間で共通語となっていたのが、ローマ帝国のラテン語であった(p318)

・ミッテラン大統領は、ルービルに陳列する美術品を、1848年以前の作品に限定した、それ以降の作品は、ポンピドゥー・センターに集めた(p348)
・バロックとは、形のゆがんだ真珠の意味、自由で形にとらわれない華麗な造形美を形容した言葉(p400)

・ディオクレティアヌス帝はローマ帝国を東西に分割、次いで4分割すると、東の正帝として、ニコメディアに遷都、西の正帝の京都はミラノ、それ以降はローマは帝国の首都に戻らなかった(p401)

・戦争に勝って大国化したローマでは、ローマを支えていた平民層が落ちこぼれていき、みなが土地を手放していった。土地は大富豪の手にわたり、中間層は農奴化した(p408)

・ローマに存住していた貴族、官僚���商人はすべてコンスタンティノープルへ移ったが、ローマ教会だけは残った。日本も平城京から平安京へ遷都したとき、奈良の仏教寺院のボス的存在であった興福寺は残った。朝廷の実質的な支配者、藤原氏一族が、氏神様を春日大社に祀り、それは奈良に留まったので、奈良は古都になってしまったが、ローマはローマ教皇が頑張り、ローマを盛り上げた、しかし人口は100万と言われていたのが数万人程度となった(p418)

・1929年の合意では、ローマ教皇庁は教皇領をすべて手放す代わりに、バチカン宮殿と4つの教会がある区域をバチカン市国として独立を認め、その元首を教皇とするもの、教皇領の賠償金もかなりの額が、ムッソリーニから払われた(p442)

2017年6月18日作成

2017/06/20 08:35

投稿元:ブクログ

異国人と宗教の話しをすることはタブーといわれていますが、世界で仕事をするには文化、人種、戦争、宗教など背景を知ることは大事だと思います。相互理解の一つ。

世界史 ランキング

世界史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む