サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

君は月夜に光り輝く(メディアワークス文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

君は月夜に光り輝く (メディアワークス文庫)

著者 佐野 徹夜 (著)

【電撃小説大賞大賞(第23回)】大切な人の死からどこかなげやりに生きている僕は、「発光病」の少女まみずと出会う。余命わずかな彼女に死ぬまでにしたいことがあると知り、止まっ...

もっと見る

君は月夜に光り輝く (メディアワークス文庫)

680(税込)

君は月夜に光り輝く

680 (税込)

君は月夜に光り輝く

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【電撃小説大賞大賞(第23回)】大切な人の死からどこかなげやりに生きている僕は、「発光病」の少女まみずと出会う。余命わずかな彼女に死ぬまでにしたいことがあると知り、止まっていた僕の時間が再び動きはじめた…。【「TRC MARC」の商品解説】

この圧倒的感動に、山口幸三郎、綾崎隼も大絶賛!
読む人すべての心をしめつけ、4,878作品の頂点に輝いた、最高のラブストーリーがここに――。

大切な人の死から、どこかなげやりに生きてる僕。高校生になった僕のクラスには、「発光病」で入院したままの少女がいた。月の光を浴びると体が淡く光ることからそう呼ばれ、死期が近づくとその光は強くなるらしい。彼女の名前は、渡良瀬まみず。
余命わずかな彼女に、死ぬまでにしたいことがあると知り…「それ、僕に手伝わせてくれないかな?」「本当に?」この約束から、止まっていた僕の時間がふたたび動きはじめた――。

「しっとりと心に染み渡る、美しい恋物語」「参りました。泣きました。生きていく――そのための力を読者にプレゼントしてくれる」と、なみいる選考委員も涙した、第23回電撃小説大賞≪大賞≫受賞作。
刊行にたずさわったみんなの心を揺さぶった、“今を生きる”すべての人に届けたい感動のラブストーリー。【商品解説】

収録作品一覧

桜の季節と、リノリウムの温度 7−81
最初で最後の夏休み 83−155
君とロミオとジュリエット 157−284

著者紹介

佐野 徹夜

略歴
『君は月夜に光り輝く』で第23回電撃小説大賞≪大賞≫を受賞し、デビュー。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (8件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

感動的で死とは何かを考えますね。

2017/03/08 17:06

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーやん - この投稿者のレビュー一覧を見る

まみずの初めの投げやりな生き方が
人1人との出会いで変わる。
恋愛小説でもあり、少し哲学でもある
そんな小説でした。
ストーリーもわかりやすく楽しく読めました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

儚い

2017/05/26 09:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

王道のストーリーではあるけれど、まみずとの出会いで一人の男の子が変わっていくさまには考えさせられた。ここまで人は変われるのだと。発光病という病はこの世にないからこそどんどん読み進められた。泣くまではいかないけど命の尊さを教えられました。読んでよかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/05/12 13:09

投稿元:ブクログ

世の中にはこの世を生きたいと思っている人と、この世から無くなりたいと思っている人がいる。その2人が交錯したときになにが起こるのか?価値観、情、愛…様々な要素が入り乱れながらも起きる変動が美しい文章と共に描かれている。

命に触れる文献は哲学的な印象を持たれがちだが、この本に登場する高校生たちの立ち振る舞いがそのまま感じられるようになっていて好感がもてる。

2017/04/30 09:57

投稿元:ブクログ

オビにあるように、いろんな人が涙した作品に触れすぎたのかなぁと思う。
『君の膵臓を』にしてもそうで、どうしてか弱く命果てるのは健気な女の子で、どうしてそれを見捨てないのは世間擦れした男の子なんだろうね。

いつもそこで、自分の感慨みたいなものがストップしてしまう。

でも、もういいや、と思いたくなる、そんな世界に残り続けようという一歩になる真面目な小説だと、思った。

中原中也が、すごすぎる。

2017/02/27 14:23

投稿元:ブクログ

すごく、まっすぐで素直な登場人物と物語だった。
大筋はあらすじの通りなのだけれど、とにかく登場人物みんながとても素直で優しい。

主人公や姉の気持ちを共感することはできないし理解も難しい。でも、そんな彼が先を見つめるまでの姿はとても眩しくて、あぁ、よかったね、と素直に思える。

キラキラ眩しい青春ではないけれど、彼らのこの日々は私にはまさしく青春に感じられた。そっと月夜に輝く、そんな儚くも綺麗な日々。

泣けはしなかったけれど、ラストの彼女のメッセージはあまりにストレートで愛しくて切なくて、胸がきゅっと締め付けられた。

2017/02/27 10:53

投稿元:ブクログ

結末が分かっている物語は、過程で決まる。と、当たり前のことをそれっぽく言ってみたけど、第23回電撃小説大賞の大賞受賞作2作目は、高校生の愛と喪失の青春小説だった。

正直、昨今この手の展開には食傷気味だったが、本作は台詞で良さを出している。謎の不治の病は演出のためのパーツと感じてしまったが、男女が一冊のノートを通じて心を通わせていくさまは、突飛さはないが温かい。そして互いの本心をさらけ出していく箇所の台詞の勢いが良い。

構成の緩急に違和感を感じる箇所はあれど、全体はまとまっている。また読んでみたい作家。

2017/03/20 23:19

投稿元:ブクログ

う~ん面白かった。   
これもある種の王道ストーリー。   
お手本のような正道ストーリー。   
これがデビュー作だって言うんだから評価せざるを得ない。   
そりゃあ大賞もらいますわ。   

これからこの著者がどのような道を辿っていくのか楽しみでもある。 ここが出発点。     



ところでこれは本当にどうでもいいことだが、絵を見る限りDあるようには見えないが盛ったのだろうか。

2017/03/19 18:01

投稿元:ブクログ

ブクログの100冊プレゼントでいただいて読みました。
不治の病に侵された少女と死を身近に体験した人々の物語。
生きることは死ぬことよりも難しいいんだと思わされた。

2017.3.19

2017/03/31 16:28

投稿元:ブクログ

★ネタバレしてます★

サクサク読めて、泣ける本を探していて本作品に辿り着きました。
結果、大正解。

姉を3年前に亡くしている高校1年生の岡田卓也。そして、クラスメートではあるが「発光病」で余命宣告されてずっと入院生活を送っている渡良瀬まみず。この二人の切ないラブストーリー。

姉の死のせいか、卓也からは、どこか死が近くにある危うい感じを受ける。まみずの死期が近づき、卓也は自らも死を選ぼうとするが、そんな卓也に生きてもらうために、まみずは最後のお願いをする。その言葉に心打たれました。

「私のかわりに生きて、教えてください。この世界の隅々まで、たくさんのことを見て聞いて体験してください。そして、あなたの中に生き続ける私に、生きる意味を教え続けてください」

『君の膵臓をたべたい』(住野よる)や、『半分の月がのぼる空』(橋本紡)などがお好きな方は、この本もお気に入りになるのでは?、と思います。

2017/05/27 00:44

投稿元:ブクログ

十代だったらもっと楽しめたかな。作中でも触れられているけれど、いわゆるサナトリウムもの。
登場人物は若く、その苦悩の仕方もやはり若い。読後感は悪くなく、電撃の読者層には響く作品だったのかなと思う。

2017/03/17 20:41

投稿元:ブクログ

ヒロインが病気で余命宣告されている状況で、男の子が「死ぬ前にやりたいこと」に付き合う、という「キミスイ」と同じ筋書。そういう意味では、"こういう系"が好きな人にはウケるだろうな~。はい、まあまあ好きです。(^^;)

2017/05/12 20:09

投稿元:ブクログ

納得して生き、納得して死ぬ。なんて難しいんだろう。
生きている人は「死にたい」とつぶやき、死んでいく人は「「生きたい」と叫ぶ。
でも、多分生きたいんだよ。「死にたい」というその言葉すら、生きたい気持ちそのものなのだよ。
でも、必ず人は死ぬのだよ。それをどう迎えるのかは、人間のまさに一生の課題なのだと思うよ。
そして、生きている人は、それを受け止めなければならない。納得しようのないことも、納得しなければ、自分が生きていけない。
生きていくしかないのだよ。

2017/05/07 18:47

投稿元:ブクログ

電撃小説大賞受賞作、という文言に惹かれ購入。
読みやすく、人の命の重さ、残された人たちの心の描写が上手く書かれている。
主人公たちが十代という、繊細さ・危うさ・脆さが、どこか儚くて淡い光のように瞬く。まるで、『一条の光』のように・・・。

2017/03/31 18:59

投稿元:ブクログ

最近本を読んで泣かないことの方が少ないので、もちろんこれも盛大に泣いた。泣く本は電車で読むないからなかなか読み進められなくて困る。ついでに、泣くともう本の内容とかどうでもよくなって、ただただ登場人物の境遇と現実とを比べる旅が始まるので、感想も書けない。本当に困ったものだ。
そんな中1番心に残ったのは割ってしまったスノードームを修復したところ。私が小さい頃に割ってしまったあのスノードームも直せるのかなぁ…。

2017/02/21 10:52

投稿元:ブクログ

★第23回電撃小説大賞《大賞》受賞作
【選考に関わったすべての人の心をしめつけた、圧倒的感動作がここに――】

 大切な人の死から、どこかなげやりに生きてる僕。高校生になった僕のクラスには、「発光病」で入院したままの少女がいた。月の光を浴びると体が淡く光ることからそう呼ばれ、死期が近づくとその光は強くなるらしい。彼女の名前は、渡良瀬まみず。
 余命わずかな彼女に、死ぬまでにしたいことがあると知り…「それ、僕に手伝わせてくれないかな?」「本当に?」この約束から、止まっていた僕の時間がふたたび動きはじめた――。
 読む人みんなが涙――この圧倒的感動に、山口幸三郎、綾崎隼も大絶賛! “今を生きる”すべての人に届けたい、最高のラブストーリー。

メディアワークス文庫 ランキング

メディアワークス文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む