サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. あきない世傳金と銀 3 奔流篇

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

あきない世傳金と銀 3 奔流篇(ハルキ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 33件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/02/14
  • 出版社: 角川春樹事務所
  • レーベル: ハルキ文庫
  • サイズ:16cm/297p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7584-4068-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

あきない世傳金と銀 3 奔流篇 (ハルキ文庫 時代小説文庫)新刊

著者 高田 郁 (著)

大坂天満の呉服商「五鈴屋」の女衆だった幸は、店主・4代目徳兵衛の後添いに迎えられるものの、夫を不慮の事故で失い、17歳で寡婦となる。4代目の弟・惣次は「幸を娶ることを条件...

もっと見る

あきない世傳金と銀 3 奔流篇 (ハルキ文庫 時代小説文庫)

626(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

大坂天満の呉服商「五鈴屋」の女衆だった幸は、店主・4代目徳兵衛の後添いに迎えられるものの、夫を不慮の事故で失い、17歳で寡婦となる。4代目の弟・惣次は「幸を娶ることを条件に5代目を継ぐ」と宣言し…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー33件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

幸、ひるむな!つっぱしれ!

2017/02/16 23:33

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

結構いい幕開け、順風満帆と思っていたら、最後の最後で、、、。そうなるよね。そうだよね。幸は全然悪くなくて全うなのになあ、一筋縄ではいかない旦那さん。お家さんはあんなに心根が真っすぐで、商いとはこうあるべきと分かっているのに。どうして、そうなるの。お家さん、幸、奉公人たちの気持ちが慮れる。でもさ、きっとさ、惣次はこの大事件をきっかけにきっと変わるんだよね。やっぱワンマンの社長はダメだ。内々の意見もちゃんと聞かないと。惣次が幸を単なる「嫁」でなく善きパートナーとして見れるようになることを祈って、次作を渇望!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

商い世伝金と銀は現代世相そのものなり!!

2017/02/27 13:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さきちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

商い世伝金と銀~初刊から一気に読ませて頂きました!!この物語は江戸期の話にあらず!!現代社会そのものです!!売れない時代に物を売ることの努力や工夫!)!)特に関西は底なしの不景気と言われている昨今です!!今後主人公幸がどのように店を立て直し自身の運命の様々な波を乗り越えて行くのか~続刊が凄く楽しみです!!
そして~是非ともTVドラマ化を期待しております!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

知識と知恵

2017/02/27 13:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トモヤン - この投稿者のレビュー一覧を見る

待ちに待った続編。五代目の嫁になり自分ができることを一生懸命がんばる幸に色々な試練が待ち受ける。しかし、前の番頭に教えてもらった知識と知恵で乗り切りどんどん商売にのめりこんでいく幸を周りもささえ、左前だった店を盛り返していきおもしろいようにうまくいってた時に、最大の試練がまた襲い掛かる。どうんもりこえていくのかは次回作に持越し。読み応え抜群で次回が待ち遠しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

早く続きが読みたい!

2017/02/23 22:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:モーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

惣ぼんさんと結ばれ、やっと幸せをつかめたのに!男の嫉妬って厄介。自分の体験と照らし合わせてほんとそうよねと共感しきり。惣ぼんさんが人間的にどう成長していくのか、幸がどう乗り越えていくのか今後の展開が楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/03/03 17:53

投稿元:ブクログ

惣次と結婚、名実ともに五十鈴屋のご寮さんとなった幸。先代の夫、阿呆ぼんと添うことなく、惣次と夫婦となれたのは良かったと思ったけど…やはり最良の相手とはいえ無いよね。でも、女衆からの大出世には違いない!惣次にはもっと人として温かな心を持って欲しいし、夫婦として、今後、寄り添って欲しいなぁ。

2017/03/20 22:08

投稿元:ブクログ

サインしてもらいました♪五鈴屋がひとつになるかと思ったら、そうはさせないのが高田さん。惣次は、商いに情は必要ないと言い切る。でも、情を欠いた商いをしていると、味方がいなくなる。自分より才がある幸を妬む惣次の気持ちが辛い。好きだったはずなのに。幸がうまく立ち回ってくれることを祈ります。

2017/03/02 08:33

投稿元:ブクログ

四代目の「あほぼん!」と違い、幸を大事にしてくれそうな五代目だったけれど、現代より女性の立場は低く、その分男性のプライドは高く、一筋縄ではいかないもんですねぇ。
波村の代表さんの言葉には胸がすっとすきました。

つい「みをつくし料理帖」で植えつけられてる何かのため身構えちゃって、心待ちだったはずの新刊にも関わらずなかなか開けなかったけれど、読み始めるともう止まらなくて!特に、幸が商いについて工夫を考えるところは、なんだかこちらまでワクワクしてしまう。

結婚だけがしあわせじゃない。
人として、その人らしく生きることこそがしあわせなんだと思う。
現代よりしがらみの多い江戸時代の大坂で、幸がどんなふうに幸らしく生きていく道を切り開いていくのかが楽しみです!

2017/02/25 09:00

投稿元:ブクログ

待っていました
私に借りること前提で待っている人も二人います
幸がやっと安穏に
いえいえ高田郁さん そうはさせてくれませんねえ
また四を待ちます
大阪の商家が身近でとても面白くてやめられません

≪ 商いは 儲けと信用 だいじだす ≫

2017/02/27 21:35

投稿元:ブクログ

夫の死後その弟に嫁ぐ。恋だの愛だのではなく周りの人たちに決められていく。そんな中で幸は自分なりの意味を見出していく。幸せを心一杯に感じる時が来ると良いなと思う。

2017/02/23 13:57

投稿元:ブクログ

四代目徳兵衛の不慮の事故死により、十七歳にして寡婦となった幸。
そして。主を喪った五鈴屋のお家さんは、四代目の弟である惣次を五代目にと考えるが惣次は幸と夫婦になることを条件にしてきた。
五鈴屋の将来を託された幸の決断とは?

2017年2月21日読了。
幸の行く先は相変わらず波瀾万丈。ですが、商いの世界で戦国武将になると決めている幸はへこたれません。その強さがとても眩しかったです。
対照的に。幸という光を最初は宝と思っていたはずの惣次の心に少しずつ挿してくる陰。惣次の思いが分かってしまう分、後半は読んでいて息苦しさを覚えました。
この先、五鈴屋がどんな道を歩んでいくのか?今から先が楽しみで仕方がありません。

2017/02/22 21:40

投稿元:ブクログ

高田郁の作品だから、このまま順風満帆にいくわけないと思っていたけど、惣次が残念過ぎる。
ホントいい旦那さんだったのに!
軌道修正してほしいな。
まぁこれがあるから物語に深みと奥行きが出て、読者を飽きさせないんだろうなぁ。
続きが早く読みたい!!

2017/02/19 13:32

投稿元:ブクログ

いよいよ五十鈴屋のご寮さんになった幸が商いに色々知恵を絞りだす。
ちょっとした思い付きのようでそれには従来の教えや知識が含まれている。
そんな商いの工夫が面白い。
”血の通わぬ金銀に命を吹き込む” の教えをもとに、今後の幸の商いが楽しみ。

2017/03/06 08:36

投稿元:ブクログ

五代目夫妻と奉公人たちの頑張りで、商売繁盛の良いループにグイグイ行くのかと思いきや・・・・・。

商売そんなに甘くないのだな。

2017/03/04 21:56

投稿元:ブクログ

読む前は高田先生が色ごとをどう描くのかちょっと心配だったのですが、それよりもどうしてそうなる五代目徳兵衛!
いったいこれからどうなるのか気になります。次巻が待ち遠しいです。

2017/02/20 00:28

投稿元:ブクログ

なかなかうまいこといかないもんだなあ。惣次をどうも好きになれないまま読み進めていたら、やはりこんな騒動に。最後の幸の行動は、五鈴屋を救うことにはなるかもしれないけど、惣次の性格を考えたらマズイよ幸ちゃん。
とにかくお家さんが心安らかに過ごせる日が早く来て欲しいです。あと智ぼんさんに女の影が。いやだ〜。笑

ハルキ文庫 ランキング

ハルキ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る