サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

崇高の修辞学
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/02/11
  • 出版社: 月曜社
  • サイズ:22cm/287p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86503-041-9
  • 国内送料無料

紙の本

崇高の修辞学 (古典転生)

著者 星野 太 (著)

ロンギノス「崇高論」からボワローらによる変奏を経て、ドゥギー、ラクー=ラバルト、ド・マンらによるこんにちの議論までを渉猟。美学的崇高の背後にある修辞学的崇高の系譜を炙り出...

もっと見る

崇高の修辞学 (古典転生)

3,888(税込)

ポイント :36pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ロンギノス「崇高論」からボワローらによる変奏を経て、ドゥギー、ラクー=ラバルト、ド・マンらによるこんにちの議論までを渉猟。美学的崇高の背後にある修辞学的崇高の系譜を炙り出す。【「TRC MARC」の商品解説】

われわれが用いる言葉のうち、およそ修辞的でない言葉など存在しない。美学的崇高の背後にある修辞学的崇高の系譜を、ロンギノス『崇高論』からボワローらによる変奏を経て、ドゥギー、ラクー=ラバルト、ド・マンらによるこんにちの議論までを渉猟しつつ炙り出す。古代から現代へと通底する、言語一般に潜む根源的なパラドクスに迫る力作。シリーズ「古典転生」第13回配本、本巻第12巻。

目次:序論

第Ⅰ部 『崇高論』と古代
【第一章 真理を媒介する技術――「ピュシス」と「テクネー」
第二章 情念に媒介されるイメージ――「パンタシアー」と「パトス」
第三章 瞬間と永遠を媒介するもの――「カイロス」と「アイオーン」】

第Ⅱ部 変奏される『崇高論』――近代におけるロンギノス
【第四章 崇高論の「発明」――ボワロー『崇高論』翻訳と新旧論争
第五章 言葉と情念――バーク『崇高と美の観念の起源』と言語の使命
第六章 「美学的崇高」の裏箔――カント『判断力批判』における修辞学】

第Ⅲ部 崇高なるパラドクス――二〇世紀における「崇高」の脱構築
【第七章 放物線状の超越――ミシェル・ドゥギーと「崇高」の詩学
第八章 光のフィギュール――フィリップ・ラクー=ラバルトと誇張の哲学
第九章 読むことの破綻――ポール・ド・マンにおける「崇高」と「アイロニー」】

結論
あとがき
参考文献
索引【本の内容】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

西洋哲学 ランキング

西洋哲学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む