サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

新渡戸稲造日本初の国際連盟職員
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/12/26
  • 出版社: 彩流社
  • サイズ:19cm/214p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7791-2307-8
  • 国内送料無料

紙の本

新渡戸稲造日本初の国際連盟職員

著者 玉城 英彦 (著)

“日本人らしさ”を強烈な個性として打ち出した国際連盟の星・新渡戸稲造。国際社会で活躍した新渡戸の人生から読み取れる、現代へのメッセージとは。日本が戦争へ突き進む時代、どの...

もっと見る

新渡戸稲造日本初の国際連盟職員

2,376(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

“日本人らしさ”を強烈な個性として打ち出した国際連盟の星・新渡戸稲造。国際社会で活躍した新渡戸の人生から読み取れる、現代へのメッセージとは。日本が戦争へ突き進む時代、どのような苦悩があったのかも丁寧に読み解く。【「TRC MARC」の商品解説】

新渡戸稲造は、世界平和を構築するために
1920年に組織された世界最初の国際機関である
国際連盟において日本人第一号の国際公務員として、
激動の時代に輝かしい功績を残した。
その新渡戸は、むしろ「日本人らしさ」を
強烈な個性として前面に出して国際社会で活躍し、
評価を得た。
38歳で『BUSHIDO: The Soul of Japan(武士道)』を
出版したが、ここで描かれる「日本の魂」も、
世界のコンテクストの中で語られた。

「ふつう」「通常」が通用しない国際社会で、
新渡戸の生き方はテキストになる。
本書は、これから活躍する若者たちに向け、
国連・世界保健機関(WHO)で15年活躍した著者が語る、
ひとあじ違う新渡戸の評伝である。

「to beというのはto doというよりも
はるかに重んずべきものぞ。
汝、善なるべし、しかして汝のなすところ皆善なるべし」
→これを著者の言葉で言うと
《何を成すかではなく、どういう人間であるべきか》が
人生ではまず問われるべきである……

新渡戸は人生後半で順風満帆とは行かなくなり、
日本は国際連盟を脱退、戦争への道を突き進むことに
なった。新渡戸のその陰の一面も正面から取り上げ、
彼が経験した一連の出来事の背景と歴史的意味を考える
こととなる。政治家も知識人も国民も、
大きな時代の流れを止めることができなかった、
という、いまに通じる当時の情勢を検証し、
今後のよりよい転換に本書が役立つのであれば……
と考えます。【商品解説】

目次

  • 内容
  • プロローグ 日本人らしい振る舞い
  • 第1章 国際連盟誕生のあかつき
  • 第2章 国際社会への助走
  • 第3章 新渡戸稲造と国際連盟

著者紹介

玉城 英彦

略歴
〈玉城英彦〉1948年沖縄県生まれ。旧国立公衆衛生院(現在国立保健医療科学院)卒。北海道大学名誉教授・客員教授。専門は疫学、グローバルヘルス。著書に「手洗いの疫学とゼンメルワイスの闘い」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

日本 ランキング

日本のランキングをご紹介します一覧を見る