サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 魔界都市ブルース 超伝奇小説 14 霧幻の章

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

魔界都市ブルース 超伝奇小説 14 霧幻の章(ノン・ノベル)
魔界都市ブルース 超伝奇小説 14 霧幻の章(ノン・ノベル) 魔界都市ブルース 超伝奇小説 14 霧幻の章(ノン・ノベル)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/02/14
  • 出版社: 祥伝社
  • レーベル: ノン・ノベル
  • サイズ:18cm/240p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-396-21032-8
  • 国内送料無料
新書

紙の本

魔界都市ブルース 超伝奇小説 14 霧幻の章 (ノン・ノベル マン・サーチャー・シリーズ)

著者 菊地秀行 (著)

霧が好きだというAI開発者の神台省吾が失踪。妖物ら異形の溢れる〈魔界都市“新宿”〉は今、〈霧の時〉を迎えていた。前代未聞の霧の侵略に、せつらはドクター・メフィストを訪ねる...

もっと見る

魔界都市ブルース 超伝奇小説 14 霧幻の章 (ノン・ノベル マン・サーチャー・シリーズ)

929(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

霧が好きだというAI開発者の神台省吾が失踪。妖物ら異形の溢れる〈魔界都市“新宿”〉は今、〈霧の時〉を迎えていた。前代未聞の霧の侵略に、せつらはドクター・メフィストを訪ねるが…。『小説NON』連載をノベルス化。【「TRC MARC」の商品解説】

〈魔界都市〉を霧が覆う時、悪夢が始まった!
未曾有の危機を人捜し屋秋せつらが迎え討つ!
祝・著作400冊! 累計700万部突破の大人気シリーズ最新作!

「霧のせいだと思います」依頼人の加奈江は、美貌の人捜し屋秋せつらに告げた。恋人で、将来を嘱望される人工知能開発者の神台省吾が失踪。霧が好きだったという。妖物ら異形の溢れる〈魔界都市“新宿”〉は今、〈霧の時〉を迎えていた。霧に魅せられてその奥へ消える者、帰還する人々。やがて、神台を執拗に追う〈区外〉の男たちを、霧の向こうに巣食うものたちが呑み込んだ! 前代未聞の霧の侵略から〈新宿〉を救うべく、せつらはドクター・メフィストを訪ねるが――。(「霧ふかき街」より)【商品解説】

目次

  • 霧ふかき街
  • おいで、地の底へ
  • 在りや無しやと
  • 不安定な逃亡
  • 路地裏の歌い手

収録作品一覧

霧ふかき街 9−54
おいで、地の底へ 55−100
在りや無しやと 101−146

著者紹介

菊地秀行

略歴
〈菊地秀行〉1949年千葉県生まれ。青山学院大学卒業。「魔界都市〈新宿〉」でデビュー後、「ドクター・メフィスト」「ナイト・キッド」など数多くのシリーズを執筆。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/02/17 09:33

投稿元:ブクログ

シリーズ初の短編集?
もうマンネリかもなーと思いつつ重いものや難しいものに疲れた時にかるく楽しめる菊地秀行のエンターテイメント。
著者がよく観るらしいB級映画を楽しむのと同じ感覚かも。