サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

噓だらけの日仏近現代史(扶桑社新書)
噓だらけの日仏近現代史(扶桑社新書) 噓だらけの日仏近現代史(扶桑社新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/03/02
  • 出版社: 扶桑社
  • レーベル: 扶桑社新書
  • サイズ:18cm/277p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-594-07653-5
  • 国内送料無料
新書

紙の本

噓だらけの日仏近現代史 (扶桑社新書)新刊

著者 倉山満 (著)

やたらと根性があって、孤独に強くて、いつの間にか勝ち組にいる。それがフランスの真骨頂。世の中にあふれているフランスにまつわる「通説」を否定しながら、日本人が学ぶべきフラン...

もっと見る

噓だらけの日仏近現代史 (扶桑社新書)

821(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

やたらと根性があって、孤独に強くて、いつの間にか勝ち組にいる。それがフランスの真骨頂。世の中にあふれているフランスにまつわる「通説」を否定しながら、日本人が学ぶべきフランスの真の魅力を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

◆シリーズ累計35万部!◆

学ぶべきはフランス革命やナポレオンではなく、
マザラン、タレイラン、ドゴールだ!

日本人が思い描くフランスとは「優雅な美しい国」だが、それはあくまでも「ベルばら」やナポレオンを美化したフィクションの話。その実態とは何度戦争に負けても懲りず、ときにはおかしな連中が暴れまわって王様を殺す「雑な国」だ。とはいえ、近代国家の嚆矢ともいわれるフランスには戦争に負けても勝ち組にまわるしたたかさがあった……。日本人が学ぶべきは、無益な殺し合いにすぎないフランス革命や美化されたナポレオンではなく、1648年にウェストファリア条約でフランスを大国に押し上げた宰相マザランであり、1815年に敗戦国なのに講和会議を仕切った名外交官タレイランであり、1945年にフランスを滅亡から救った大政治家ドゴールである。日本人がいつの間にか抱いている“フランス?大好き”が、実は幻想であったと気付かせる著者渾身の一冊。

◆主な登場人物(ヘンな人、かわいそうな人編)◆
シャルル七世(ジャンヌ・ダルクを見殺しにした王様)
フランソワ一世(異教徒と手を組んだヨーロッパの裏切り者)
ジャン・カルバン(ヨーロッパ中に宗教戦争をまき散らした元凶)
ルイ十五世(“ヤリ部屋”ならぬ“ヤリ館”を「鹿の園」と名付けたヤリチン)
ルイ十六世(アメリカ独立戦争を勝利に導いた名君なのにギロチンで死刑)
ロベスピエール(ルソーを盲信した殺人鬼)
ナポレオン(ヨーロッパの大悪党)

【商品解説】

目次

  • 第一章 フランスらしきものの胎動
  • 第二章 宗教戦争と主権国家の誕生
  • 第三章 世にも恐ろしいフランス革命
  • 第四章 五大国によるウィーン体制
  • 第五章 フランスから見た日本
  • 第六章 ドゴールに学べ

著者紹介

倉山満

略歴
〈倉山満〉1973年香川県生まれ。中央大学大学院博士前期課程修了。憲政史研究者。希望日本研究所所長。著書に「帝国憲法の真実」「噓だらけの日中近現代史」「保守の心得」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

意外に親仏

2017/03/18 16:27

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コアラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

学会でヨーロッパに行くたびに下手なフランス語を使って同行者を困惑させているフランス大好き人間なので,不快に思うこともあるかなと思って読んだが,「おっしゃる通り!」と何度も叫んでしまった(そして家族に気味悪がられた)。フランスは偉大である。今まで半信半疑だったが,本書を読んでそう思った。戦争に弱くても道徳的に?でも偉大になり得るのだということがよくわかった。やはり日本人はフランス人を見習うべきだ(笑)。著者がこんなに親仏家とは知らなかった。フランス人がこんなに立派な人々(もいる)とは知らなかった。嘘だらけシリーズから目が離せない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/03/13 16:43

投稿元:ブクログ

日本の大学 哲学部、歴史学部がない
パリ大学などヨーロッパの大学では古代ギリシャのアリストテレス、あるいはその師匠筋のプラトンやソクラテスの哲学が盛んに研究される。人文科学、社会科学、自然科学といった学問の区分を始め、欧米の大学の論理体系の基本的枠組みは、すべてアリストテレス哲学に行き着く。いわば、現代の学問をつくったのがパリ大学

アリストテレスの古典とは、十字軍がイスラム世界から持ち帰ってきた逆輸入だという話は、ヨーロッパ人がいいたがらない話です

1538 地中海の覇権を奪おうとヨーロッパ連合軍が望んだプレヴェサの海戦ではオスマン帝国に大惨敗

フランスのカルバン派はユグノーと呼ばれる

絶対主義 王権神授、官僚制、常備軍、重商主義、諸侯と宗教勢力の鎮圧が必要
これを完璧に実行したのが足利義教

リシュリューの後継者 イタリア人のジュール・マザラン

ルイ14世 聞き分けのない貴族をうまく統制した ヴェルサイユ宮殿 参勤交代

ロベスピエール 狂人とは理性をなくした人間のことではない、理性しかない人間のことだ 革命に必要なのは徳と恐怖だ

イラン 選挙で選ばれた大統領はいますが、その上に宗教指導者がいる 裁判所がなんといおうが、コーランの方が上。(国家より宗教が上)

ウィーン会議 世界の大国はすべてヨーロッパ
ヴェルサイユ会議 大日本帝国が世界の秩序に責任をもつ立場 フランスやイギリスはそこらじゅうで恨みをかっている。イタリアやドイツは紛争当事者。大日本帝国だけが誰の恨みを買っておらず、誠実が仲介をできる対億。結局国際連盟は大日本帝国が支えていた

日本人に必要なのは学びです。誰かが知っている正解を当てて褒めてもらうお勉強ではありません。それは支配される勉強です
真の学問とは、世の中で何が問題なのかを自分で探し、解決策を考え、そして実行していく学びです。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む