サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0720)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

噓だらけの日仏近現代史(扶桑社新書)
噓だらけの日仏近現代史(扶桑社新書) 噓だらけの日仏近現代史(扶桑社新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/03/02
  • 出版社: 扶桑社
  • レーベル: 扶桑社新書
  • サイズ:18cm/277p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-594-07653-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

噓だらけの日仏近現代史 (扶桑社新書)

著者 倉山満 (著)

やたらと根性があって、孤独に強くて、いつの間にか勝ち組にいる。それがフランスの真骨頂。世の中にあふれているフランスにまつわる「通説」を否定しながら、日本人が学ぶべきフラン...

もっと見る

噓だらけの日仏近現代史 (扶桑社新書)

821(税込)

嘘だらけの日仏近現代史

702 (税込)

嘘だらけの日仏近現代史

ポイント :6pt / 紙の本より119おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

やたらと根性があって、孤独に強くて、いつの間にか勝ち組にいる。それがフランスの真骨頂。世の中にあふれているフランスにまつわる「通説」を否定しながら、日本人が学ぶべきフランスの真の魅力を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

◆シリーズ累計35万部!◆

学ぶべきはフランス革命やナポレオンではなく、
マザラン、タレイラン、ドゴールだ!

日本人が思い描くフランスとは「優雅な美しい国」だが、それはあくまでも「ベルばら」やナポレオンを美化したフィクションの話。その実態とは何度戦争に負けても懲りず、ときにはおかしな連中が暴れまわって王様を殺す「雑な国」だ。とはいえ、近代国家の嚆矢ともいわれるフランスには戦争に負けても勝ち組にまわるしたたかさがあった……。日本人が学ぶべきは、無益な殺し合いにすぎないフランス革命や美化されたナポレオンではなく、1648年にウェストファリア条約でフランスを大国に押し上げた宰相マザランであり、1815年に敗戦国なのに講和会議を仕切った名外交官タレイランであり、1945年にフランスを滅亡から救った大政治家ドゴールである。日本人がいつの間にか抱いている“フランス?大好き”が、実は幻想であったと気付かせる著者渾身の一冊。

◆主な登場人物(ヘンな人、かわいそうな人編)◆
シャルル七世(ジャンヌ・ダルクを見殺しにした王様)
フランソワ一世(異教徒と手を組んだヨーロッパの裏切り者)
ジャン・カルバン(ヨーロッパ中に宗教戦争をまき散らした元凶)
ルイ十五世(“ヤリ部屋”ならぬ“ヤリ館”を「鹿の園」と名付けたヤリチン)
ルイ十六世(アメリカ独立戦争を勝利に導いた名君なのにギロチンで死刑)
ロベスピエール(ルソーを盲信した殺人鬼)
ナポレオン(ヨーロッパの大悪党)

【商品解説】

目次

  • 第一章 フランスらしきものの胎動
  • 第二章 宗教戦争と主権国家の誕生
  • 第三章 世にも恐ろしいフランス革命
  • 第四章 五大国によるウィーン体制
  • 第五章 フランスから見た日本
  • 第六章 ドゴールに学べ

著者紹介

倉山満

略歴
〈倉山満〉1973年香川県生まれ。中央大学大学院博士前期課程修了。憲政史研究者。希望日本研究所所長。著書に「帝国憲法の真実」「噓だらけの日中近現代史」「保守の心得」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

日仏の関係は薄かった

2017/03/30 18:51

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黒酢 - この投稿者のレビュー一覧を見る

日仏近現代史ですが、日仏関係については分量が少ないです。それだけ、日仏関係が薄かったということですが。

フランスの歴史については、私は安達正勝氏のフランス革命の本を読んだぐらいだったので、フランスの国の成立から現代までの流れを把握できて、とてもよかったです。

読んだ感想ですが、フランスって、戦争で負けてからが勝負だ!って感じで、すごいです。このふてぶてしさは、日本人には無いと思いました。日本の文化は、大げさに言えば、負けると決まる一歩手前で、負けを自分から認めて、切腹するのが美しいという感じですから。

気楽に読める内容ですが、よくよく考えると結構ヘビーな奥の深い本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

意外に親仏

2017/03/18 16:27

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コアラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

学会でヨーロッパに行くたびに下手なフランス語を使って同行者を困惑させているフランス大好き人間なので,不快に思うこともあるかなと思って読んだが,「おっしゃる通り!」と何度も叫んでしまった(そして家族に気味悪がられた)。フランスは偉大である。今まで半信半疑だったが,本書を読んでそう思った。戦争に弱くても道徳的に?でも偉大になり得るのだということがよくわかった。やはり日本人はフランス人を見習うべきだ(笑)。著者がこんなに親仏家とは知らなかった。フランス人がこんなに立派な人々(もいる)とは知らなかった。嘘だらけシリーズから目が離せない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/03/13 16:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/31 19:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/09 23:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む