サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

人はなぜ物語を求めるのか(ちくまプリマー新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発売日:2017/03/06
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくまプリマー新書
  • サイズ:18cm/220p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-480-68979-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

人はなぜ物語を求めるのか (ちくまプリマー新書)

著者 千野 帽子 (著)

人は人生に起こる様々なことに意味付けし物語として認識することなしには生きられない。人間が「物語る動物」であることの意味をわかりやすく解説する。『webちくま』連載「人生に...

もっと見る

人はなぜ物語を求めるのか (ちくまプリマー新書)

907(税込)

人はなぜ物語を求めるのか

810 (税込)

人はなぜ物語を求めるのか

ポイント :7pt / 紙の本より97おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人は人生に起こる様々なことに意味付けし物語として認識することなしには生きられない。人間が「物語る動物」であることの意味をわかりやすく解説する。『webちくま』連載「人生につける薬」を加筆修正。【「TRC MARC」の商品解説】

人は人生に起こる様々なことに意味付けし物語として認識することなしには生きられない。それはどうしてなのか?その仕組みとは?【本の内容】

目次

  • はじめに
    • 人間の思考を解き明かす、ふたつのなぞなぞ/ストーリーは人を救いもするし、苦しめもする
  • 第1章 あなたはだれ? そして、僕はだれ?
    • 1 あなたは「物語る動物」です
    • できごとと時間とストーリー/ストーリーと物語とナレーション/人間は物語る動物である/「私」も物語の形をしている
    • 2 どんな内容の話が物語る価値があるとみなされるのか
    • 「できごと」と「状態」/日常的なできごと/「状態」と「括復法」の機能は似ている/描写が筋に喰いこむケース/報告価値とはなにか
    • 3 話にとって「内容」は必須ではない
    • プロットに逆らう「些細な」記述/一九世紀ロシア小説の読みにくさ/小説にとってストーリーは、必ずしもメイン要素ではない/発話にとって「内容」は、必ずしもメイン要素ではない
  • 第2章 どこまでも、わけが知りたい

著者紹介

千野 帽子

略歴
〈千野帽子〉パリ第4大学博士課程修了。文筆家。公開句会「東京マッハ」司会。著書に「読まず嫌い。」「文藝ガーリッシュ」「俳句いきなり入門」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

人は筋立てをしたがる

2017/09/24 01:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヤマキヨ - この投稿者のレビュー一覧を見る

刑事ドラマで、初動捜査の段階で「筋立て」を考える場面があります。まだ犯人像が固まらない時点や動機が見えない時にも、「犯人はこんなやつだ」と実体化させようとします。これも物語を求める状況の1つだと思えました。人はもやもやと曖昧な状況は嫌いなようで、AかBかとか、○か×かとか、はっきりすると落ち着きます。そのために与えられた情報にたっぷりと主観を加えて、納得できる物語を完結させるのかもしれません。(全然関係ないけど、『銀の匙』はどうなるのでしょう)物語に整合性があるかどうかよりもとにかく完結していることが重要になると、世論が極端に動いたり、冤罪を引き起こしたりすることにもなりかねない危うさも感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/06/28 08:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/16 20:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/08 12:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/02 19:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/03 22:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/02 17:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/10 08:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/21 21:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/15 17:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/03 21:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/22 22:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/30 13:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/22 01:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む