サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

夜の谷を行く
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/03/31
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/299p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-390611-9
  • 国内送料無料

紙の本

夜の谷を行く

著者 桐野夏生 (著)

連合赤軍がひき起こした「あさま山荘」事件から40年余。メンバー同士でのリンチ殺人「総括」から脱走した西田啓子は、服役を経て静かに暮らしていたが…。女たちの連合赤軍の真実を...

もっと見る

夜の谷を行く

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

連合赤軍がひき起こした「あさま山荘」事件から40年余。メンバー同士でのリンチ殺人「総括」から脱走した西田啓子は、服役を経て静かに暮らしていたが…。女たちの連合赤軍の真実を描く。『月刊文藝春秋』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

連合赤軍がひき起こした「あさま山荘」事件から四十年余。
その直前、山岳地帯で行なわれた「総括」と称する内部メンバー同士での批判により、12名がリンチで死亡した。
西田啓子は「総括」から逃げ出してきた一人だった。
親戚からはつまはじきにされ、両親は早くに亡くなり、いまはスポーツジムに通いながら、一人で細々と暮している。かろうじて妹の和子と、その娘・佳絵と交流はあるが、佳絵には過去を告げていない。
そんな中、元連合赤軍のメンバー・熊谷千代治から突然連絡がくる。時を同じくして、元連合赤軍最高幹部の永田洋子死刑囚が死亡したとニュースが流れる。
過去と決別したはずだった啓子だが、佳絵の結婚を機に逮捕されたことを告げ、関係がぎくしゃくし始める。さらには、結婚式をする予定のサイパンに、過去に起こした罪で逮捕される可能性があり、行けないことが発覚する。過去の恋人・久間伸郎や、連合赤軍について調べているライター・古市洋造から連絡があり、敬子は過去と直面せずにはいられなくなる。
いま明かされる「山岳ベース」で起こった出来事。「総括」とは何だったのか。集った女たちが夢見たものとは――。啓子は何を思い、何と戦っていたのか。
桐野夏生が挑む、「連合赤軍」の真実。【商品解説】

著者紹介

桐野夏生

略歴
〈桐野夏生〉1951年金沢市生まれ。「OUT」で日本推理作家協会賞、「柔らかな頰」で直木賞、「ナニカアル」で島清恋愛文学賞と読売文学賞を受賞。2015年紫綬褒章を受章。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (12件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

衝撃のラスト!

2017/05/20 20:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:リン - この投稿者のレビュー一覧を見る

正面からあさま山荘事件を描いていないように読み取れる。しかし、読み進むにつれて、
実際はあさま山荘事件の本質を描いているのではないかと考えをめぐらせることが
できる。いや、あさま山荘事件に限らず、残虐で不可解と思われる現代社会の事件に
通底する「理解のしがたさ」が一体何なのか、そして反対に、「理解しがたいこと」をそのままに「理解している」と思い込んでしまうことの危険・・・。
 啓子の「日常」を通して見えてくる家族や社会との断絶に心苦しくもなりながら、
そこに現実味があり、衝撃のラストへと一気に読み進んでしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

直接は関係なくても「団塊の世代」には、なかなか重たいテーマの本

2017/04/28 13:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オカメ八目 - この投稿者のレビュー一覧を見る

私は「団塊の世代」だ。 そして、この「連合赤軍・あさま山荘」事件は「団塊の世代」と、ちょっと後位の者が起こしたものだった。もちろん、私は、この事件には直接にも、間接にも、関わっては居ない。 しかし、この「連合赤軍」事件はメディアを通してリアルタイムで知っている。 その当時メディアは「連合赤軍」の仲間割れによるリンチ殺人を「これでもか!」とやってた。 しかし、本書を読めば、当初は、みんなで、山に入り、家族を持ち、子を生み育てて、その子を、次の「戦士」に仕立てて行こうと、言う一種の「理想」が有ったようだった。 しかし、それが、一見、些細な事から仲間割れして、リンチに成り、「苛め殺し」に至ったようだ。(私の見方では、余りにも一握りのメンバーの理想が高過ぎて、現実と物凄いズレを造ってしまったためでは?と思う) そして、そのような「災難」から何とか逃げ果せた、本書のヒロインは、一応「普通」の社会に「復帰」して、今度は、一種の様々なサバイバーズギルトを、『その災難を、生き延びた』と言う、その事で、一気に背負う事になる。(その意味でなら、3.11を生き延びた人達にも通じる) しかし、詳しくはネタバレに成るので言えないが、有る人(その人が、また、いい味を出してる)から、結果的に、そのサバイバーズギルトから救われる事になる。ーーーーーーーーただ、「普通」に、暮らしてたら、出て来ないような、人間の「絆」の、より基本的な、親子とは? 家族とは? 兄弟、姉妹とは? 血の繋がりとは? 女にとって男とは? 男にとって女とは? 親戚とは? 「仲間」とは? 他人とは? 理想とは? 理想に、期待し過ぎるとは? と言った「問」が、読んだ後に、木霊のように、重たい頭の中に、リフレインする作品。ーーーーー文章の切れ味が良いので、その切れ味に、背中を押されて、私は一気に読めた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/05/09 05:21

投稿元:ブクログ

連合赤軍事件で生き残った女性が主人公。もちろん架空の人物だが、綿密な取材に基づくリアリティはある。永田洋子の死、東日本大震災をきかっけに過去の記憶が主人公の封印されていた過去が甦っていく。そして、驚きのラストへ。

2017/05/19 13:14

投稿元:ブクログ

学生運動の闘士たちも今や60代。
過去を隠して平凡なジイサンバアサンの仮面をかぶり暮らしている人たちって、確かにいるんだろうなあ。非常にリアル。
ラストがちょっと蛇足だったようにも思ったけど、主人公の「あの時の」行動の理由として必要だったのか。

2017/06/05 12:56

投稿元:ブクログ

連合赤軍の生き残りとなった女性。
幹部の死の知らせをきっかけとしたように
一人静かに暮らしていた彼女の下に
当時の知人から連絡が入り始める。
逃れられない過去。

急に幕を下ろされたような結末。

【図書館・初読・6月5日読了】

2017/06/09 13:12

投稿元:ブクログ

桐野夏生さんの連合赤軍事件、毒のある小説が多かった桐野さんだが、連合赤軍事件を兵士の立場から、40数年のを経た現在どう生きるか、いろいろなことを考えさせられる。
昭和46年の警官殺害事件で、中核派の活動家が逮捕されたニュースを聞きながら、

2017/05/11 22:31

投稿元:ブクログ

連合赤軍がひき起こした「あさま山荘」事件から40年余。メンバー同士でのリンチ殺人「総括」から脱走した西田啓子は、服役を経て静かに暮らしていたが…。女たちの連合赤軍の真実を描く。

全共闘世代の桐野夏生がその時代を描いたのは「抱く女」以来か?連合赤軍事件については私は年代的にも概略的なことしか知らないけれど、「抱く女」に比べれば史実をもとに実在の人物も登場させて書いているせいか、はるかに訴求力のある作品だった。ラスト2ページの展開もなかなか刺激的だった。
(B)

2017/04/26 15:04

投稿元:ブクログ

ちょっと暗くて?ちょっと重い?感じ?、
このての話は桐野さん、天下一品だなぁ~。
連合赤軍事件をちょっとでも知ってるのと全く知らないのでは、面白さが全然違うかもしれない。
私も大昔読んだ高木彬光「神曲地獄篇」、読み直してみよう。

2017/04/23 02:52

投稿元:ブクログ

連合赤軍事件、浅間山荘事件を現場で生きた女性が3.11を経るところから40年の沈黙を破っていく連合赤軍を書いたものとしては新しい切り口で斬新。実在の坂口弘や永田洋子も登場し臨場感がある。連合赤軍自体の人物の気持ちはわからないし共感できないが浅間山荘事件の歳に産まれた身としてはそんな時代の日本が(沖縄返還、日中国交正常化も同年1972)そう遠くなく今の日本を形成するひとつの大事な起点であったことを忘れてはならないと思う。作中の主人公の姪は、まさに今の20代の反応だろうと。またこの作品で素晴らしいのは連合赤軍や浅間山荘事件などについての余計な説明がなく読書に媚びていない。こういう潔さが個人的に好きなのと小説としての読書へのご褒美としての、ラストの感動は嬉しかった。

2017/04/03 13:04

投稿元:ブクログ

著者は全共闘世代から少し下のはずだが、やはりあの時代をくぐったものとしての総括は必要だったのだろう。あの世代が老年と自らを称するところに、どうしようもない時間の流れを感じる。

2017/04/30 23:04

投稿元:ブクログ

39年前、西田啓子はリンチ殺人の舞台となった連合赤軍の山岳ベースから脱走した。5年余の服役を経て、いまは一人で静かに過ごしている。だが、2011年、元連合赤軍最高幹部・永田洋子の死の知らせと共に、忘れてしまいたい過去が啓子に迫ってくる。元の仲間、昔の夫から連絡があり、姪に過去を告げねばならず、さらには連合赤軍を取材しているというジャーナリストが現れ―女たちの、連合赤軍の、真実が明かされる。(amazonより)

群馬県に住む者として、もっとこの事件について知っていなければならないと、思う。のだけども、やはり映画やテレビで取り上げられるのは「総括」という名のリンチ。しかもなかなか小説や暴力映画でも出てこないほどの残虐な。
私が生まれる前の事件で、学生運動とか彼らの思想・哲学はまったくもって理解できない。だから西田啓子が「その事件」に関わっていたことを知って縁を切ったり、態度を大きく変えてしまう人達のことも悪くは思えない。仕方ないことだと、思ってしまうんだなぁ。
この本を読んで、彼らのもう一つの目的を知って、もっと怖くなった。

2017/06/10 07:33

投稿元:ブクログ

桐野夏生は色んな意味でドギツイ印象があったが、この著作は淡々と語られていて素直に面白いと感じた。時々の心情がよくわかる文章力は流石。自分自身が学生運動世代の次世代でドストライクではないので理解できない面もあるが、60~70年代の時代の空気感を感じられる良作。
私の想像力が足りないのだが、古市氏が啓子の実の子供だったという最後の告白には推理小説的な要素も多分にあって楽しめました。

2017/06/06 13:03

投稿元:ブクログ

39年前、主人公の西田啓子はリンチ殺人の現場となった連合赤軍の山岳ベースから脱走した。5年余りの服役を経て、今は一人静かに暮らしている。
だが、2011年、元連合赤軍最高幹部・永田洋子の死の知らせとともに、忘れてしまいたい過去が啓子に迫ってくる。
元の仲間、昔の夫から連絡があり、また姪の結婚をきっかけに、過去を告げねばならなくなり、さらに連合赤軍事件を取材しているというジャーナリストが現れて・・・(本書、帯解説より)
グリコ・森永事件に引き続きまたまた実際の事件をもとに書かれた連合赤軍事件、リンチ殺人や浅間山荘立てこもりなど生々しい事件でした。
主人公の西田啓子という人物はおそらく作者の作った架空の人物だと思われますが、その他の人物や行われたことなどは事実に基づいて描かれているものと思われます。
暗い題材の割には、その時の思想や信念、忘れたい過去におびえながらの毎日、世間の風当たり、などどれも深く掘り下げられることなく、ただ当たり障りなくという感じで描かれていて、特に心を動かされるというものがありませんでした。
だからどうなのだ、という。
ちょっと消化不良な読後感でありました。

2017/06/02 22:57

投稿元:ブクログ

連合赤軍の冷酷なリンチ事件。20代の若者が狂気に満ちた事件に関わってしまった経緯が少しわかった気がする。熱すぎる集団の心理はこわい…犯してしまった罪は重いけれど結末には救われました。読んでみて良かったです。

2017/06/02 11:36

投稿元:ブクログ

連合赤軍事件の生き残りメンバーの今の話。

啓子、ちょっと勝手だよ。妹の気持ちもわかれよ。 という思いの前半でしたが、最後は何だか良かったじゃん でした。

今までの桐野さんの中では一番受け容れられました。