サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【修正依頼】7/1 【店舗】honto会員400万人突破記念!全額ポイントバックキャンペーン(~7/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

青い服の女
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.9 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/03/17
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/244p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-390619-5
  • 国内送料無料

紙の本

青い服の女 (新・御宿かわせみ)

著者 平岩弓枝 (著)

花世が誘拐された? 麻太郎と源太郎が、悪党相手に大立ち回り。大嵐の後、新装開店の「かわせみ」は、相も変わらず千客万来、奇妙な事件が起きる…。表題作ほか全6編を収録。『オー...

もっと見る

青い服の女 (新・御宿かわせみ)

1,512(税込)

新・御宿かわせみ7 青い服の女

1,200 (税込)

新・御宿かわせみ7 青い服の女

ポイント :11pt / 紙の本より312おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

花世が誘拐された? 麻太郎と源太郎が、悪党相手に大立ち回り。大嵐の後、新装開店の「かわせみ」は、相も変わらず千客万来、奇妙な事件が起きる…。表題作ほか全6編を収録。『オール讀物』掲載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

累計1700万部をこえる国民的ベストセラー。「御宿かわせみ」が全34巻、明治の初めに時代を移した「新・御宿かわせみ」シリーズが全6巻。第41巻目となる本書の「二人女房」で、記念すべき第300話目を迎えた。

東京が江戸と呼ばれていた時分から続いている大川端の旅宿「かわせみ」は、今年の春早々の大嵐で甚大な被害を受け、しばらくの休養を余儀なくされてお伊勢参りに出かけた。帰ってきて新規開店した「かわせみ」には、さっそくあやしげな男女4人が宿を求めてやってくる…。【商品解説】

収録作品一覧

霧笛 5−28
玄猪祭さわぎ 29−70
去年今年 71−105

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価2.9

評価内訳

紙の本

青い服の女

2017/05/26 14:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あめり - この投稿者のレビュー一覧を見る

御宿かわせみの日常は江戸時間のまま、ゆったりと流れていて、本を開くたびに、私もかわせみの物語の世界に引き込まれます。現代の時間の早さに疲弊した心身が瞬く間に癒されていきます。大好きな小説です。願わくば、御宿かわせみがいついつまでも続きますようと願わずにはいられません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

とにかく、さみしい・・・

2017/05/07 11:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Bijou - この投稿者のレビュー一覧を見る

初作から御宿かわせみを読んで来て、80年代はドラマも見ていたかわせみファンとしては、目も当てられない余りにひどい作品の数々で、よっぽど読むのを止めようかと思った。

話しは飛びまくるし、起承転結が乏しい。
辻褄が合っているのか怪しく、一回読んだだけでは意味がわからない。尻切れとんぼな話ばかり。

特に、最終話は、前作と話しが合わない上、あまりの結末。

編集者は何も言えないのか?
かわせみを見続けて行きたいと共に、ここまで登場人物の人格を変えるのであれば、もう読みたくない。惰性で書いているのであれば、もう辞めてほしい・・・と、悲しくも思ってしまった。

これに4つ星をつけている人は、サクラなのでは?アマゾンのレビューでも見て参照して欲しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/05/21 00:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/13 03:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/11 12:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/27 10:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/12 09:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/14 20:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/30 12:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/17 15:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/22 02:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る